スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷ボロ市のこと。骨董市で出合ったお気に入り。

世田谷ボロ市は年に2回(4日間)開催されています。毎年12月の15・16日と、1月15・16日。
子供を保育園に預けてほんの少しだけ時間が取れたので、行ってきました。
制限時間はたったの1時間!
これで満喫するにはここは頼もしい同行者の助けが必要!母の出番です。
私の母は和骨董、西洋骨董と長く関連する仕事をしてきたのでこういうのは強いんです!

世田谷線世田谷駅を降りるとすぐもう喧騒の中。道の左右をぎっしりと食べ物やさんが埋め尽くし、鼻先をくすぐります。あ!焼き鳥!良い匂い~~!だめだめ、先を急がなくては。

お客様にお茶をお出しする際の湯呑み、茶托、このふたつを見つけるのが目的です。
DSCF4116.jpg平日の13時頃でしたが写真のように人出はすごく、流れができています。連れの人とはぐれる人も多いようで時々放送がかかっています。
「○○様のご家族の方、○○様はご自宅に帰って待つとおっしゃっています。」ああご近所の方なのね~。妙にほのぼの。
これだけの混雑だとスリなどの犯罪もこわいな~と思ったのですが、何度も警察官のパトロールを見かけました。治安の維持に力を入れているようでさすが世田谷!?と感心してしまいました。

出店しているお店は普通の骨董市とはちょっと違いますね。大学生くらいから普通の骨董市は母に連れられちょこちょこ行っていますが、ちょっと違う。ガラクタ的要素が強い店が多いような気がします。だからこそ掘り出し物がありそう!と期待が膨らみます。神棚のお店とか、大工道具の店、陶工さんとか、金属を加工したアーティストさんとかも出店していました。

残り20分を切って今日はもう良いものには出会えないかと思った時、おおっと気を引くものがありました。



085.jpg漆の茶托、5客組み。明るい朱色で、それほど塗り重ねた感じはしませんが形も綺麗で欲しくなりました。これいいかなぁと母に話しかけると、「これいくら?」とお店の人に。言い値で買おうと思ったら、「ん?高いわ、○○円でどう?」「いや、そこまでは。じゃ○○円で」「そう、じゃ、それでいい?」と私に。30秒位で3分の2の値段となりました。破格です。

そして、その3軒先位の陶器を扱う骨董屋さんでも出会いがありました!
見つけたのは明治時代位の湯呑み。淡い青の湯呑みは、薄いピンクで梅の花、下草がグリーンで丁寧に描きこまれています。さわやかな色合いで清楚な雰囲気があります。
選びかねていたのですが、先ほど別の店で買った茶托をごそごそ袋から取り出し載せてみるとばっちり。
枝は湯呑みの内側にまで伸びています。一客一客手がきなのですこしずつ柄が違います。
そして同じ柄のなます皿も5客セットでありましたので合わせて購入することにしました。覚えたての値下げ交渉を少しさせてもらって満足の買い物です。
1時間の世田谷ボロ市、満喫しました~~!!母の案内があったからこそ。感謝です。
次は今年の12月15日、16日。だいぶ先ですがきっと行きます☆今度こそは名物の代官餅にもチャレンジしてみたい。

091.jpg買ったものを並べて撮ろうと思ったらなぁに?と猫さんのお出ましです。
子供が生まれてからほんの少し甘えんぼさんぶりが増しました。いつもあまりかまってあげられないので、子供が保育園に行っている時や、寝付いた後などはものすごい甘えっぷり。読んでる本の上には寝ちゃうし、パソコンのキーボードには座っちゃうし、使ってるマウスと私の右腕ごと枕に寝てしまいます。「私だけを見て~」と言っているようです。
いつも「ミィのことは大事だよ~、ダイスキよ~」ってスリスリしてますがちゃんと伝わってるかな。時々寂しそうです。

097.jpg左奥が取り皿に使おうと思ったなます皿。ぼかしててごめんなさいね。
長い間大事にされてきた骨董。味わいがあって好きです。作りも丁寧でひとつのものに人の手がかかっていて今は作れないものも多いと思います。
今は骨董の相場が下がっていると出店者は口を揃えていました。私が欲しくなるものは現代ものよりもかえって安かったりしてとてもお買い得感があります。またどっかの骨董市に掘り出し物探しに行きたいな~!!

ちなみに、私がたまに行くのは、横浜骨董ワールド、有明の骨董ジャンボリー、浦和ふるさと市、有楽町国際フォーラムの大江戸骨董市など。万年筆はたまに目にしますが使えそうなものは意外と高い。ジャンク品は私には自分で整備できないので無理。それならユーロボックスさんで整備されたものの方が断然安心!と触手が伸びませんので、ちらっと横目で見て通り過ぎています。それより誰か万年筆仲間に会わないかな、と万年筆を見ている人がいると思いっきり顔を覗き込んで見てしまいますが、まだ知人に会ったことはないです。

スポンサーサイト

ショック!六角橋商店街の火事。

大型台風の被害が全国に広がっていますね。みなさまご無事でしょうか。お元気でしょうか。
ここ横浜北部でもかなりの暴風雨が吹き荒れ、私も排水溝の掃除や庭木の固定などしている時に何度か風で飛ばされ階段から数段落ちました。怪我はありませんが、驚きました。
皆様の被害が最小限でありますように。

さて先日、お彼岸も近いので家族でお墓参りに行ってきました。久しぶりに帰りに六角橋商店街に立ち寄ろう☆ということになりました。
「鯛焼き 新世界」のたい焼きを食べ、「まんとうキッチンベル」の中華まんをお土産に買って、アンティークウォッチのファイヤー・キッズをのぞいて帰ろう、という私のゴールデンコース。
 
 過去記事▼こんなに六角橋はお気に入りの場所なんです。
 ・南京虫を昭和の町へ持って行きました。
 ・今日も六角橋の話題です☆時計のお店と中華まんのお店。
 ・ステキなお店にお邪魔してきました!六角橋のプチ・ノエルさん。

P1010673.jpgまずは商店街の駐車場に車を停めて…と思ったら、駐車場のあった場所は建設工事中。
そして昔懐かしい昭和の通り、ふれあい仲見世通りをのぞくと入り口にビニールシートが張られています。
えっ!?
なんだかとても嫌な予感。恐る恐る車道から回ってみました。


P1010675.jpgなんと!!
火事でかなり大きなスペースが燃えてしまったことがわかりました。

生々しい火事現場ですが、火災が起きたのは2011年8月8日。もう1ヶ月も経っているそうです。
大通り(横浜上麻生道路)側の店舗がごっそり焼けてしまっているので、鯛焼きの新世界が焼けてしまったのは明らかでした。悲しい…。

ほかの店舗は大丈夫かしら…と足早にアーケードに足を進めるとまんとうキッチンベル、ファイヤー・キッズは無事でした。
ファイヤー・キッズの社長さんに話を聞くと、8月8日の昼頃出火したという通報があり、すぐに消防車は駆けつけたもののあっという間に燃え広がり17店舗が焼失したということです。ユーチューブに画像がアップされていることも教えてもらいました。→六角橋商店街の火災 2011.08.08 14:00

火事現場の作業員の方に聞くところによると火元は「鯛焼き新世界」だそうですが、漏電なのか火の不始末かそのあたりはグレーということでした。
中には開店して1ヶ月ほどの喫茶店もあり、商店街のみなさんもやりきれない思いを抱えているようでした。火事は本当に恐ろしい。特にこの商店街のように軒先を寄せ合っているようなところはなおさらですね。

この闇市の風情を残す昭和の町。新しい店もところどころ入り、新しいものと旧いものが調和してなんとも良い雰囲気を出していただけに、大通り沿いの店舗がごっそり焼けてしまったのはとても残念です。復旧を応援したいと思います。

鎌倉散策と美味しいイタリアンのお店。

まだ少し暑い頃。鎌倉の長谷寺へ。
長谷駅で降りて、徒歩5,6分の長谷寺。
こちらは鎌倉の大仏で有名な長谷観音とは違い、アジサイで有名な長谷寺です。
駅は同じなんですけどね。

ここで印象的だったのは素晴らしい庭と、ちょっと神秘的な弁天窟。
真っ暗な洞窟の中を進むと、弁財天と十六童子が彫りこまれています。随分、古くからあるようでちょうど補修中だったのですが、どこか異次元に迷い込んだみたいな不思議さがあります。

この「弁天窟」。知らないと、見過ごして帰ってしまいそうな場所にありますが、入り口を入って、右側にありますので機会があったら是非。


DSC_9984.jpg正門前、楠の大木と人力車。
StyloArtのクスのボールペン・万年筆がとても良い匂いと知ったので、つい嗅いでしまうも、さすがに樹皮からは匂わず。

DSC_9985.jpg鮮やかなサルスベリ。


DSC_9995.jpg愛嬌がありますね!

長谷寺周辺には、おしゃれな雑貨屋さんもいくつかあるのですが、立ち寄ったイタリアンレストランが最高でした!
駅まで戻り、そこから海に向かって歩くこと5,6分。

行ったのは予め探しておいたこちらのお店。
イル ビッライオ (Cucina Italiana Il Birraio)

遅い夏休み。

DSC_4977.jpg こんにちは!
 遅い夏休みで出かけてきました。

 今回は西の方へ出かけたのですが、その一つの目的地がこちらの写真。
 念願の上陸を果たしてきました♪

 元は炭鉱の島で、高度経済成長期にはこの狭い場所に東京の9倍の人口密度の人が暮らしたそうですが、私の生まれ年に閉鎖が決まり、それ以来廃墟に…。
 九州・山口の近代化産業遺産群」の一部として世界遺産暫定リストに追加記載を目指したり、保護の動きが進んだりと色々状況が変わり、今年の4月に、上陸できるようになった島です。

 2年前に周遊ツアーで廻りを巡った時に、いつか上陸できたらなぁ、と思っていました。
 どうして、こんなに惹かれるのかしら?
 私の生まれる前から時が止まっている島、廃墟とはいえ、炭鉱で働く人達のが家族で暮らした町。どこか温かみが残っているのでは、という気がして、もう少し近くで見てみたかったのです。

  どこでしょう~?

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたか?

DSC_0241_01.jpg おひさしぶりです。
 お元気ですか?

 今年のGWは、人出がすごかったですね~!
 いつも突然決まる、うちの旅行。
 今回は、宿泊先を決めてゆくのが大変でした。

 タンポポの綺麗な季節。
 普段、家の周りでは、なかなか目を留めませんが、空気の綺麗なところでは格別輝いているように見えました。


DSC_0292.jpg 泊まったペンションのオーナーさんから聞いた、「お気に入りの場所」。

 ひっそりと奥まった場所で、素朴で綺麗な景色でした。


DSC_0293.jpg 長かった連休。
 なんにも考えずに見た青空は、最高でした☆

 しばらくお休みしてしまったこのブログですが、また始動しまーす。
 今後とも宜しくお願いします。

横浜三溪園へ行って来ました。



 こんにちは!
 三溪園へ行って来ました。
 素晴らしい庭園ですね!ここは横浜の本牧。
 初めて行って来ましたが、その素晴らしさに感動しました。

 庭園の素晴らしいこと!
 歴史的建造物の粋なこと!(重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟)
 
 園内を散策しているだけで癒されます。遠いどこかに遊びに来たような異空間でした。
 一度訪れただけで、大好きな場所になりました。
 これから何度でも行く場所ですね♪

DSC_0365_01.jpg

 今はちょうど桜が咲いていますが、四季折々楽しめそうです。
 内苑の聴秋閣の傍の小さな森。
 空を見上げて撮りました。

 また時間のある時に写真をアップしますね。


高原の小さなゴルフ場

 もう9月も終わりです。早いですね!
 すっかり肌寒くて、毎朝何を着ようか悩みます。
 さて、今日は先日の旅行先をひとつ。
 よく行く北軽井沢について、書いてみたいと思います。

 最近、気に入っているホテルがあります。軽井沢ホテル1130(イレブンサーティと読み、標高を表します)。
 ここ1,2年で4,5回は宿泊している程です。
 「北」軽井沢は、実は群馬県なので、長野県の「軽井沢」へは車でも少しかかります(30~40分程度でしょうか)。
 ただ、北軽沢⇔草津温泉も近いので、草津好き、温泉好きな私としてはちょうど良い場所です。
 
 アクセスは良いとは言えませんが、それを補って余りある魅力があります。
 お手ごろ価格で、普通のツインの部屋で56㎡と広々しており、ミニカウンターが付いていたり、そのすごしやすいこと!
 また、鬼押し温泉という源泉も持っていて、土色の力強いお湯をホテルの中で楽しめます。
 浅間山のふもと、こんな感じ(リンク先写真)で森の中に立っていて、空気がとても澄んでおり、他に大きな建物もないので、夜には満点の星。
 本当に気持ちの良いところです。
 
 
 こちらは、今回初めて行ったところです。
 ホテルから車で5分程度の近所にある、ショートコース&パターゴルフ場です。
 通りかかって、覗いてみると平日なのに家族連れがたくさん。
 植物が素敵に飾られていて、なんだか居心地が良い♪
 家族経営っぽいあたたかさがあります。
 そして、値段はショートコース2500円、パターゴルフ1000円とリーズナブル!

 本当は、この近くのフルコースのゴルフ場に予約なしでそのまま行って、スループレイで回らせてもらえないか交渉するつもりだったのですが、予定変更!
 ここで遊ぶことに決定です。
golf10.jpg 勢いづいて、パターゴルフもショートコースも、両方申しこんでしまいました!
 グリーンの手入れもしっかりされていて、距離は短いものの存分に楽しめました☆

 スコアは、

夏休み→帰宅しました

 こんばんは、おひさしぶりです。
 先週から遅い夏休み。ぐるーっと国内を旅行してきました♪

 宣言しないで出かけてしまい、コメントを下さった方や、メールを下さった方には音沙汰なしですっかり失礼してしまいました。
 申し訳ありません≦(._.)≧

 追って、お返事させていただきますので、宜しくお願いいたします。
 取り急ぎご挨拶まで。

鎌倉成就院の紫陽花たち。

 この八重咲きのあじさい、大好きです。
 おそらく・・・「墨田の花火」だと思います。
 
 園芸店や花屋さんで見るたびに、これいいなぁと思う品種です。
 いつか自分で育ててみたいです。
 清楚で、夜空にひらく花火にそっくり。
 
kamakura2008_0613_155248.jpg 紫陽花はその根付く土壌によって、同じ品種でも花の色が変わるということを最近知りました。
 酸性・アルカリ性で左右されるそうです。 
 リトマス試験紙みたい!

 また、咲き始めは白っぽい色合いで、だんだん濃く色づいていくそうですね。
 ちょっと神秘的です。
kamakura2008_0613_153504.jpg
 少し南国風!?
 青空に映えて、元気色です。

kamakura2008_0613_160113.jpg 最もオーソドックスな花。
 これこそ紫陽花ですよね。
 
 落ち着いた色合いですが、見る場所や時間帯によっては、淡く発光しているように見え、目を奪われます。


 今日は成就院で撮らせてもらった紫陽花を4種アップしてみました♪

鎌倉詣り。紫陽花を愛でに行って来ました。

kamakura2008_0613_155038.jpg 自宅から1時間ちょっとの鎌倉。近いけど、なかなか行かない場所です。
 訪れるのは数年ぶりです。

 紫陽花が美しいと聞くけれど、やっぱり静かな美しさでしょう?
 文京区のあじさい祭り(確か白山神社)には何度か行ったことはあり、綺麗なのは認めるけれど、わざわざ鎌倉まで行く?
 …そんな風に思っていました。

 いやいや~、実際、行ってみたら鎌倉の紫陽花は素晴らしかったです。
 行ったところは、成就院極楽寺
 紫陽花で最も有名な明月院は、同行者は「何度も行ったことある」という理由で外しましたが、成就院は素晴らしかったです!

 境内はこじんまりとしていますが、参道には様々な種類の紫陽花が咲き乱れ、目を楽しませてくれます。
 海を臨みながら、一面の紫陽花を見渡す気分の良さは他ではちょっと味わえません。

 上の写真は、人波が見えないようにカメラを上げて、頭越しに撮りましたが、実際には↓こんな感じ。
 非常に混み合っております。
 
NEXT≫
プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。