スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万年筆、使っています。

DSC_3939_20111121154510.jpg
天気の良い午後、万年筆のお手入れをしました。

きれいにキッチンを片付けたあと、約1ヶ月間お手入れなしで使い続けたアウロラ85を洗います。
どくどくあふれ出すアウロラブルー。陽の光にきらめいてきれいだな~。
ぼーっと無心になりながら洗浄を繰り返します。



DSC_3943_20111121154333.jpg
水が澄んできました。
またすぐ同じインク、アウロラブルーを入れるのでこのくらいで。
心のよどみもすーっと消えてゆくような作業でした。

スポンサーサイト

お久しぶりです、その後のアウロラ85

 こんばんは!
 だいぶご無沙汰してしまいました…。
 なんだ忙しさにかまけて、部屋がとんでもなく散らかって、写真撮影はもちろんPCさえ開けないごちゃごちゃさ。ほこりっぽくて時々死にそうでした。(片付ければいいのですが、お疲れモードで…。)
 少し落ち着いて、やっと元の日常に戻ってきました。
 元気にやっておりますので、もし「どうしたの?」と心配をおかけしていたら申し訳ありません。

aurorabluehenkou.jpg 『ペンを紙の上に滑らせた時に、重たい感じがする・・・!』と言っていたアウロラ85、インクをペリカンのブルーに変えました。
 これでだいぶ使いやすくなりました。
 インクってやっぱり重要ですね。
 好みの問題でしょうが、アウロラは色は好きでもちょっと粘着系なのか走り書きには向かないのでしょうか。
 重厚なこのペンにもだいぶ慣れ、長時間使ってもそれほど疲れなくなりました♪
 ますます愛着がわいてきています☆
 もし、他にもこのペンといい相性のインクがあったら、お教えくださいね! 

furuipelikanblue.jpg ちまたで、ペリカンのブルーは色褪せしやすいと言われていますが、やっぱりそう♪
 約1年前のメモがこちら。
 うすーく、うすく、はかなげな感じがします。
 私はその薄ささえも結構好きなんですよね~♪
 色褪せてきたその文字を見ると、ああ、こんなことやってたんだ~、そうだったかなぁ…と、なつかしさが倍増される感じ。
 たった半年、一年前の文面で懐かしさを覚えてしまうのは、このペリカンブルーのせいです、きっと。 

 というわけで、近況報告も兼ねた軽めのアップでした~☆

より使いやすくなりました♪アウロラ85周年記念万年筆!

 こんにちは!
 昨日は【WAGNER】の定例会に参加してきました。
 そこで、少し不満があったこのペンを調整頂きました!

 私がこれをシャキーンと取り出すと、「ああ!清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したペンだ~!」と声があがり、少し恥ずかしい(*v.v)。。。
 そうです、私にとってはとても高価ですもの。もう、当分買わない、買えない~!

aurorablue2.jpg なぜ、調整して欲しかったかというと・・・
 急いで書くとインクが途切れることに(=「スキップ」と呼ぶそうですね!ぱいたんさんに教えていただきました。)、ややストレスを感じたもので・・・。


 早速、師匠にご覧頂くと、特別悪い点はなさそう、ということでしたが、「インクの出が悪いんです~」とお願いして、ペン先を外して調整頂くことに。
 外すにはちょっと固そうでしたが、ずばっと外してスリットを広げて頂き、試し書き。
 わぁ♡これだけで随分するするとインクが降りてくるようになりました。
 さらに「少し表面をなめらかにするならやるけど…」と言って頂けたので、すかさず♪お願いしました。
 字幅が太くなってしまわないように、留意いただいたみたいですね!

 これで、ノンストレスなペンになりましたヾ(〃^∇^)ノ♪
 本当に、ありがとうございました~。
 華美で、書きやすい、大事な一本として完成です!
 手にするたびに、嬉しくなります♪
 

初めて尽くし!アウロラ85周年記念万年筆!

DSC03386.jpg とうとう!入手しました~♪
 アウロラ85周年 レッドです。私にとって、
 初!アウロラ。初!限定品。初!高額商品!
 ということで、初めて尽くし。
 本当は、もっと早く、入手するはずでしたが、紆余曲折あって・・・
 6月頃、一度は、発注したものの、太字の在庫がないということで、2ヶ月待ちと言われ、入金までしたのに、一度断念。
 その後、中字にしようと好みが変わったものの、なぜか、お金が…。
 使い込んでしまって(^▽^;)
 私には身に余るということで、購入を止めようと忘れてしまったこともありました。

 でも、やっぱり欲しくて、やっと購入です。 
DSC03387.jpg 思ったとおり、美しい軸です。
 真紅の薔薇の花びらをまいたよう。光にあてると輝きます。
 ん~、綺麗。見とれてしまいます。
 随所に使われたソリッドシルバーは柔らかい光をたたえ、ゴージャス。
 欲しかったイメージそのものです。
 そうそう、ゴージャスな宝石のような万年筆が欲しかったのです。
 さて、使ってみました。
 
 なめらかで書きやすく、ひっかりもないです。
 ニブはMながら、やや細め。というのは、噂どおりですね。
 柔らかく重ねた紙の上でも、机に一枚載せた紙の上でもOK。
 なかなか万能です。

 でも、ゆったり書く方が向いているかも知れません。
 大きな文字で、悠然と書くにはとても気持ちよく書けます。

 走り書き、殴り書きのように急いで書くと、ややペンがついてこないような気がします。
 それに、少し書きにくい角度があるような気もします。インクが掠れる時があります。
 こんなこと、万年筆を使い始めた頃には絶対気付かなかったと思うのですが、少し舌が肥えて(?)しまったようで。

 それに、この重量感に慣れないからでしょうか。
 大量の文章を書く際には、どんどん手に力が入ってしまうのですが、おかしなことに、手がちょっと筋肉痛に。。
 親指と人差し指の付け根のあたりが痛くなります。
 取り回しに苦労するような感じです。
プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。