スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆっくり、大事に使っているピンク色の万年筆。SOENNECKEN。

DSC_0422_001.jpg 今日は、ひさしぶりに登場の万年筆。
 以前、「SOENNECKEN(ゾネケン) 222 ♪」というタイトルで、書いて以来、2年振りです。

 しっかりしたつくりながら、ヴィンテージならではの繊細さを感じるので、他のものとは別格扱いで大切に使っています。

 吸入機構も調子よく、インク漏れもなければ、書きにくさもなく、何の問題もありません。
 持ち歩いても大丈夫ですが、万一を考えて机専用としています。

 万年筆を使うようになって、3年目になってようやく見えて来たことがあります。
 それは、柔らかいペン先の扱い方、です。

DSC_0438.jpg 私は元来筆圧がとても弱いのですが、ヴィンテージならではの薄くて柔らかいペン先を持つ万年筆をうまく扱えていなかったようなのです。

 筆圧が弱いなら、柔らかいペンはそのまま力を抜いて書けばいい!
 …のですが、ちょっといじめるかのように力を入れて書いていたんですよね。(いじめっ子?!)


 たわみを感じながら書く、というのでしょうか。
 そうすると、筆で書いているような柔らかさを味わえるのですが、楽しい反面、取り回しがしづらい。
 
 そんなこんなで、柔らかいものを無意識で苛めていた私。
 使いこなせていなかったわけです。
 
 そのことに気付き、いじめないようにしたことで、
 このSOENNECKEN222、最近とても使いやすくなってきました。
 

スポンサーサイト

SOENNECKEN(ゾネケン) 222 ♪

 こんばんは!ちょっとばたばたしており、更新の間が空いてしまいました。その間、ご覧下さった方、申し訳ありません。
 お元気ですか?私は元気にしております♪

DSC03378.jpg 今日は、新しく仲間入りした特別な万年筆を☆
 Soennecken222 赤のリザードと呼ばれるモデルです。("superior"とも書いてあります。)
 以前ご紹介した青竹のようなPonyに続き、2本目のゾネケンです。
 これがまたとても美しいんです☆
 ヴィンテージとは思えないほど、軸の表面は輝き、ぴかぴか。
 リザードの柄は濃い大人のピンクで落ち着いています。
 セルロイドならではの、しっとりした感触に、程よい重み。
 とても使いやすく感じます。

 書き心地は未調整ですが…
 これが、いいんです~♪
 細字ながら、インクフローは良好。なめらかで、引っかかりはありません。
 柔らかすぎないかが気になっていたのですが(Ponyが柔らかすぎたので)、心配無用でした。
 力を加えれば適度にたわみ、気持ちよくかけます。
 力をまったく加えなくても、静かなしなやかさで、頼もしく書けます。

 最近、細字の魅力にはまっている私ですが、このSoennecken222もまた魅力的な細字です! 

 外観に関しては、全体的に、「まるみ」が気に入ってしまいました。
 軸もただの円筒型ではなく、真ん中よりややお尻側が太くなっているよう。
 それに、尻軸の吸入のつまみ部分のまるみ。綺麗に丸められていて、セルロイドをどう処理すればこのように綺麗に…とついつい眺めてしまいます。 
 
 さらに、このペンには逆回転防止機能までついていて、吸入する時は引きながらまわすという高機能さ!
 私はこの機能は初めてでした。

 精巧な印象かつ、つくりがしっかりしているので頑丈にも見え、なかなか頼もしいです。
DSC03380.jpg Ponyと比較してみました。
 やや、222の方が太く、全長は変わりません。

美しいうつくしい万年筆、ゾネケン

 こんばんは!
 今日は私が「こんな美しいペンなら、飾っておいたっていい!」と初めて思ったペンを。

DSC03278.jpg SoenneckenのPonyです。
 緑縞の静かな煌きに魅せられて、とびつくように購入♪
 ペンの胴が細くなるにつれて、縞が細かくなっていたり、ペン尻と軸の境目がなんとも綺麗で綺麗で☆
 セルロイドのペンはこれで2本目ですが、カトウセイサクショのものとはまた違い、もっと神経が細やかなつくりと感じます。

 「Soenneckenは柔らかい」とは聞いていましたが、確かに柔らかい。
 でも、ペン芯とペン先がしっかり接着していないようなガタつきを感じるんです。
 どことなく頼りないような。。。
 力を入れて書くと、ペン先がぶわっと開いて、これがちょっとまた気持ち悪い。。
 ん~・・・困ったということで、
しばらく気にしないようにして、鑑賞して楽しんでいましたヽ(^◇^*)/

 それを師匠に調整いただいたわけですが…【記事にして頂きましたので、ご参照下さい☆

 それで…頼りない書き味は激変しました。
 しなやかさは残したまま、力を入れてもすっと反動がしっかり返ってくる、気持ちのよいペンになりました。
 インクの陰影も出しやすく、とても使いやすいです。
 美しいだけでなく、実用にも適してくれて、本当に嬉しい~!
 師匠、本当にありがとうございました♪

 写真ではうまく写っていないのですが、この万年筆かなり薄いみどりです。合いそうなインクが見当たらず、インクのブレンドに挑戦してみました。
 ブレンドしてもOKな、プライベートリザーブですよ。
 「バターカップ」という明るい黄色に、数滴ずつ「アボカド」を落として、調整しました。
 さわやかな緑で、お気に入りです。
 
プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。