スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペントレで出会ったウォーターマンの古い万年筆

 こんばんは!今日はペントレ2日目に購入したもののことを。
 1日目でお財布の底が尽きたので、2日目はほんのお手伝いと友人に会うために出かけてきました。
 もう、買わないと決めたのに、とっても素敵なペンに出会ってしまったんです~。

 Wさんのブースで、です。
 Wさんはいつも見たことも無いような万年筆をたくさん見せて下さるので、楽しませて頂いておりました。
 ヴィンテージのものばかりですが、どれもぴかぴかに磨き上げられています。
 メーカーごとに分類された木製のトレイはとても見やすくて、一段ずつじっくり触らせて頂きました。

 値段はついていないのですが、まずは見てもらってもし欲しいという方がいればお声かけ下さい、というスタンスで、さらりとしているので、机の前に座らせてもらっても、とても居心地がいいのです。

 私が時間をかけて見せていただいていたのはスワンのトレイ。
 今までに1,2本しか見たことがなく、とても抑えた控えめのデザインでもどこか主張するところがあって美しい。
 そういう古くて美しい万年筆が10本以上普通に並んでいて、気軽につけペン状態で試し書きまでさせて頂けるなんて、私には素晴らしい経験でした。
 そのトレイには他のメーカーのものもあったと思いますが、主に90年~100年前の万年筆です。
 黒いエボナイトで筒状のシンプルなデザイン。Wさんのスペシャルな腕前で出来たばかりのようにぴかぴかしています。
 
 どうして、こういう軸は真っ黒、クリップも超シンプルというものに魅かれてしまうのか考えてみました。
 分かったのは皆さんがお持ちのこういう類のものに憧れていたからかも知れません。
 私が万年筆にはまり始めたばかりの頃、aurora_88さんが常にお持ちだったのが、こういうタイプのものでした。
 オノトの大きくて真っ黒、クリップも付いてない万年筆。超地味、でも存在感たっぷり!
 書き味もふわふわするような絶妙な柔らかさで、インクも潤沢。
 そっと紙にペン先を置けば、流れるようにインクが出てきます。
 手に持つとエボナイトのしっとりとした質感で、手から離したくなるような不思議な執着が心に芽生えます。
 もうちょっと使っていたいなぁ…というような。

 結局、私が手にとって離すことができなかったのがこちらでした。
 私の好みを察してくださって、Wさんが「これは…」と差出し、説明して下さったのです。

DSCF3828.jpg ウォーターマンの90年前位の万年筆。
 エボナイトの変色を、ぎりぎりまで磨き、ほんの少し「飴色」が出ているという絶妙な状態で止めた、という美しい色合いのペンです。
 私があこがれたaurora_88さんのものよりずっと小ぶり、細身です。
 
 この2本の金の帯、素敵なデザインだと思いませんか?
 吸入はレバーフィラー式で、その金のレバーもおしゃれなんです。
 

DSCF3831.jpg ニブはやわらかく、ややお辞儀したペン先は滑らかで書き味も申し分ありません。
 軸にはWaterman'sの表記もしっかり残っています。

 「こんな歴史ある、素敵な万年筆、さぞ高価なのだろう…私にはムリ」と諦める方向に心を諌めていましたが、ものすごくお手ごろ価格で譲っていただけるということ。
 一気に心は入手したい!という方向に傾いてしまいました。
 さらに背中をおしてもらったのがこんな出来事…。
スポンサーサイト

ウォーターマンの万年筆 

 こんばんは!
 関東も暑くなってきましたね。
 夏を感じて、ちょっと引き締めよう!と、ひさびさにビリーズ・ブートキャンプ☆やっちゃいました♪

 1ヶ月ぶりでしたが、愛猫がおかしな反応を。。 
 私のくり出すコンバットキックに反応して、ダイニングチェアを踏み台にして飛び掛ってくるんです(*_*)!
 うにゃにゃぁ~!とか言いながら。。。何度も何度も。

 以前は、へぼへぼ腕立て伏せ中の私の、胸の下で仰向けになる、というのが彼女のマイブームだったのですが、攻撃性が増してます!

 さてさて、それは置いておいて・・・
  
2007_0724dairiseki0022.jpg こちらは、ウォーターマンです。モデル名、お分かりですか?(分かれば教えて下さい( ̄人 ̄)!)
 やはり遺品なのですが、そう古いものではなさそうです。

 ストレートなラインに、よく見る独特のクリップ。
 ウォーターマン自体、クルトゥールのボールペンしか使ったことがないので、万年筆は初めてです。
 高級感はそうないものの、持ったときひんやりするようなメタリックな雰囲気があり、夏っぽさを感じます。
 

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。