スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川近代文学館「作家と万年筆展」へ。

201202262sakkaten.jpg充実した展示だった。なんとか乳児連れで参じた「作家と万年筆展」。この企画原案が足澤公彦さんと聞き、また作家の出久根先生が講演をされると聞きほんの少しでも見に行きたかったのだ。
神奈川近代文学館は港の見える丘公園の中にある。港の見える丘公園駐車場に車を停め、坂を下ると「近代文学館入り口」の交差点。小道を進むとレンガ造りの橋が見えてくる。「霧笛橋」といって、大佛次郎記念館と神奈川近代文学館の間に架かっている。木々の緑も多くいきなりの異空間!どこに来たか忘れてしまいそうになる。階段を上がると視界が開け横浜港を眼下に望め、「そうそう、横浜と言えばこの景色!」吹き抜ける風が気持ちいい。写真はエントランス側から見た館。円形の建物は花崗岩造りで豪華。右手はカフェ芸亭(うんてい)。


20120226sakka.jpg常設展示の「神奈川と作家たち」も見ごたえがあった。佐藤春夫の「田園の憂鬱」が書かれた場所などは今の私の住まいのすぐ近くらしい。一度読んでみたいような。読みたくないような。(何でって…つまらなそう。田園ときて、憂鬱、ですよ。。)

お目当ての展示会場はかなり混雑していた。熱心な閲覧者が多くなんとメモを取っているひとの多いこと!作家の手書き原稿のタイトルや、愛用の万年筆の種類やスペック。自分の感想を書き取っている様子だ。特にメモが目立ったのは作家が愛用の万年筆について著作物で言及している部分の抜粋。後で読んでみようと私もメモ。

宮本輝「生きものたちの部屋」 -インクと万年筆
村上春樹「象工場のハッピーエンド」 -万年筆



使われている万年筆で印象的だったのは、必ずしも太字ばかり好まれていたわけではなない、という点。小回りの利きそうな細軸に細字も多かった。シェーファー好きの私としては、中里恒子氏のスノーケルや、吉屋伸子氏のレディシェーファーに目が留まった。
出久根達郎氏ののびやかな文字は圧巻で、毛筆で書かれた原稿には只者ではない異様な雰囲気が漂っていた。井上ひさし氏の「吉里吉里人」の構想ノートはちいさな文字で埋め尽くされ、読みやすくも気迫を感じた。
といってもほとんどの作家の原稿は読みにくい。とても読めない。書くのも大変難儀だろうし編集者の苦労もいかばかりか……。「今は手書きで書いている作家はほとんどいない」と出久根氏もおっしゃっていたしその通りなのだろう。
「手書き時代は自分の文章が活字になると感動が湧き起こった。今は逆転現象が生じていて肉筆原稿こそが価値が高くなっている」、とも。
原稿を目の前にしていると生身の人間に近づいたような、作家の息遣いを感じるような、そんな気がした。
もっとこの世界を味わいたい、と思ったところで時間切れ。息子のおおきな声が聞こえてきた。2時間もよく我慢してくれました。お利口、お利口。

この展示会は26日(日)まで。もう一度ゆっくり行きたい……。

201202262sakka.jpg 足澤さんのツイッターアカウント http://twitter.com/kugel_149
霧笛橋からの夜景 http://www.8toch.net/yakei/?spot=mutekibashi
スポンサーサイト

幸せの絵本。

DSC_1848.jpg友達にプレゼントしてもらった絵本の本。
幸せの絵本」。
著者の絵本ナビというWEBサイトから生まれた本だそうです。

私は言葉を覚える前から小学校の低学年くらいまで、母が毎日絵本の読み聞かせをしてくれたので本が大好きになりました。
あたたかい薄闇の中、この上なく優しく、歌うようにきれいな声で読んでくれたのはなんとなく覚えていますが、本の中身については記憶から消えてしまいました。
大事にしていた絵本も、母の一番のお気に入りの数冊を残して、あとは従姉妹にもらってもらったりしたので跡形もありません。

この幸せの絵本の中には懐かしい本がたくさんあって、また出会えたね!というような幸せな気持ちになり、また、あまりにも心の純真な部分に響くのでちょっと切ない気持ちにもなります。

DSC_1849.jpg←こんな感じで、絵本の一番しあわせなシーンが大きく載って、下部にはほんの少しのあらすじと、その絵本のファンの方の推薦文が添えられています。
絵の美しさと、素朴な紹介文で、読んだことのない本でもジーンと感動してしまいます。
100冊分も紹介されていて、こんなにたくさんの絵本に出会えるなんて贅沢な本だなぁと思います♪
この本を読んで、少しずつまた絵本を買い集めるつもりです。


断捨離って。

DSC_1035.jpg断捨離って…と手に取った雑誌。クロワッサン 10月号。
片付け、ものすごく苦手です…。特に捨てることが…。

「今の自分と関係を紡いでいないものを捨てる」、こういうことらしいですね。
今回の引越しにあたって紙モノはかなり電子化したのですが、途中で時間切れ。とりあえず段ボールに詰めてきたモノ達が私を苦しめます~~。
むむ~。いつになっても片付きません。

右上のマグカップは、スターバックスの横浜限定のマグ。
爽やかな水色の基調に、赤レンガ倉庫やガス灯が描かれています。
たっぷりお茶を飲みたい時のお気に入り♪

最近の雑誌「なごみ」8月号 中国・朝鮮半島・日本 文房具の魅力

DSC_4505.jpg 最近気になる出版社があって、アマゾンで検索していたら、このような本を見つけました。

 「なごみ」8月号 出版社:淡交社
 特集が「中国・朝鮮半島・日本 文房具の魅力」というもの。
 
 最近、伝統工芸や職人技について関心の高い私。
 母が持っている淡交社の雑誌がとても品質が高くて、じっくり読み込んでいるところでした。
 家にある書物はほとんど古い本だったので、最近の淡交社を知りたくて、ウェブ検索。

 するとこんな素敵な雑誌に出会えました。

 このなごみという雑誌は、茶道の本なのですが、じっくり読むに値する雑誌だと思いました。
 

「うるしの話」

 日本人が縄文時代から「漆」を使っていたということ、ご存知ですか?

 「究極のエコ塗料で、近年の化学塗料にも劣らない非常に優れた素材ですよ」ということを数野さんから聞いて、参考書として示されて求めたのがこの本です。

 うるしの話 (岩波文庫)松田権六 

 きっと、博識な方はご存知なのでしょうが、私は初めて知りました!
 この著者の松田権六さんは文化勲章受章者も受賞している日本の伝統文化の功労者ですが、並木製作所に入社して、漆塗りの高級万年筆の基礎を作った方ということ。

 エボナイト製の万年筆に黒漆を塗り、蒔絵を施し、海外へ輸出。ダンヒル・コティなどの一流メーカーと特約を結ぶ…この辺りは、文具好きの一般常識として知っていましたが、この方が尽力されていたとは…☆
 そのような方の著作にめぐり合うことが出来て、喜びを感じました!

 また、この万年筆事業に取り組む気概が素晴らしい!
 「漆芸の現代的利用のため」、「外貨の獲得という国策のため」に努力したという視野の広さに感動しました。

 この辺りは、第二部三章「蒔絵万年筆の創始とその影響」を是非お読み下さい。面白いですよ♪

 他にも、大型汽船の内装に漆を!という行も、大層楽しく読みました。
 使命感に燃えて、単身で造船会社に乗り込み、全く相手にされないところから、人を動かし、組織を動かし、国をも動かす、というストーリは痛快です!
 うーん、男ですね~。

2009年のステキな日めくりカレンダー!毎日、ボタニカルアートで。

DSC_0748.jpg 明けましておめでとうございます!
 本年もよろしくお願いいたします!

 早速、2009年のカレンダーを。
 母からのプレゼントですよ~♪
 
 外箱も美しく、植物の絵で飾られています。

DSC_0710.jpg こちら、日めくりカレンダーなんです。
 しかも、ボタニカルアートの♪

 毎日、美しい植物の絵を眺めながら過ごすことができるんです。

 では、めくってみましょう。

楽しかった~♪フェンテの集い。

 こんばんは。今日はフェンテのレポートを。
 私は、2日目の午後から参加でした。
 若干、出遅れ気味でしたが、閉会までの間、はじめましての方もあり、お久しぶり!という方もありで、いろいろな方とご挨拶を交わさせて頂きました。
 去年は名刺が足りなかったという反省を踏まえて、今回は、しっかり名刺を作って持参しましたが、今回はやや余り気味。既に知り合いになれた方も多いということでしょうか。

 来られたことのない方の為に、どんな雰囲気かといいますと・・・、

 まず、会場は、北欧の本物の品物しか置かない、というこだわりのお店「北欧の匠」さんの3階と4階を、オーナーの好意でなんと無償提供(!)してもらっています。
 お店は1階と2階で、手作りの、手に取るとあたたかみを感じるような素敵な商品が、所狭しと、でも見やすく並べられていて、とても居心地のよいお店。北欧のコットンや、シルバー、あたたかい木の作品、ソープなどの雑貨、そして、ゴージャスな革製品など、生活に身近なものを幅広く置いてあります。
 そこから、上に上がっていくわけです。

 簡単に言いますと、

 3階では、オークション品や即売品が並び、周りにはたくさんの人。再開を喜び合う活気にあふれています。→熱気で暑い・・・!
 4階では、奥で師匠やらすとるむさんが調整をしています。手前にはたくさんの人!ソファーがあって、座りきれず、少しずつつめながら、膝を合わせるように話が弾みます。立ち話している人も大勢。→こちらも熱くて、暑い・・・!

 という感じ。 

 背中が人とぶつかるような距離でしたが、それだからこそどんどんお話できて、ある意味効率的な交流が図れたのかも知れません♪
 
 今回の私は物欲はナシ!ということにしていました。
 が、4階に上がり、師匠の方へ近づいたところで、耳を疑うような一言が・・・。
 「これを使ってごらん~。世界が変わるよ~・・・ふっふっふ~」という悪魔のようなお言葉。
 声の持ち主は、もちろん師匠ですよ。。
 
 さっと見せてもらおうと思ったら「まぁまぁ、座ってごゆっくり・・・」と。
 書いてみて、すぐ、「あ~~、どうしよう・・・私好み~!!」と唸ってしまいました。
 このペンの魅力から逃れられそうにありません。
 こんなにすばらしいペンが、2日目にまだ残っているなんて・・・。超お買い得価格なのに・・・。
 15分以上、試し書きをしていたでしょうか。。
 さぁ、そこで私はこの欲しくて欲しくてしょうがない状況を脱するために、どうしたでしょうか?
 ・・・続きはまた後日もしくは内緒ということで。とにかく、脱しました~♪

DSC_0790.jpg さて、私は、オークションでは、合いの手を入れるかのように、ぽんぽん声は上げたのですが、結果としては、盛り上げ役のまま終わってしまいました。
 落札品はナシです。参加できた喜びはありましたけどね。
  
 そして、今回のもっとも楽しい収穫品がこちら。古山浩一画伯の「楽しい万年筆画入門 」。
 ご本人が持ち込まれたものだったので、直筆サインとかわいいイラスト入り!

 前から欲しいと思っていたのですが、ついに入手!
 早速、活用していますが、いい本ですね~!

ペン!ペン!ペン! ファウンテンペン!?-私が選んだ一本の万年筆-

 こんばんは!
 私事ですが…我が家のADSL回線を光回線にして、プロバイダーも変えました。
 時を同じくして実家も!です。
 
 なぜ変えたかというと…
 欲しい家電があり、電気屋さんに行ったところ、大々的な「ひかり」キャンペーン!
 申し込めば、当日の買い物から3万円引き!というんです。
 
 今までのプロバイダーにそれほど満足していたわけでもなく、月額費用もそう変わらずに、光に変えられて、3万円引き!

 ということで、変えちゃいまして、高価な冷蔵庫が3万円引きで買えちゃいました♪
 
 これを使わない手はないということで、実家の方も光に変更!
 最新ファックスをタダ同然で買えちゃいました。

 必要な家電がある方は是非チェックしてみては!?
 しっかり値切った上、3万円引きなので、相当お得でした~。
 (念のため…「何でも3万円引き、光キャンペーン」はコジマ@横浜でやってました。
 2万円引きキャンペーンは、ヤマダ@横浜でもやっていました。)

 ということで話は変わって、本題です。

 ↓ここから、本題↓

 
 さて、もう、読まれた方もいらっしゃるかも知れませんが…万年筆の本が出ました!
 「ペン!ペン!ペン! ファウンテンペン!-私が選んだ一本の万年筆-」です。
 せっかくの万年筆の本なので今一度ピーアールさせて下さい♪

とうとう明日が発売日!「ペン!ペン!ペン!ファウンテンペン!」

2007_0926aki0078.jpg とうとう、明日ですね!
 書籍『ペン!ペン!ペン!ファウンテンペン! 私が選んだ一本の万年筆』の発売日。
 
 私も万年筆初心者ながら、【萬年筆研究会WAGNER】の一員として寄稿させていただきました。
  
 感想などはまた明日以降に…として、ささやかながら、告知させていただきました☆
 是非、皆様もお手にとってみてくださいね!

「頑張る日本の文房具」

 今日は、ひさびさの快晴!
 暑いけど、眩しいほどの青空、気持ちがいいですね~♪

 百貨店の前で、本のアウトレットセールをしていたので買ってみました。「頑張る日本の文房具」。
 副題に「ジャパニーズ定番ステーショナリーの実力」とあるこの本、なかなか面白いです。

 だいたい会社ごとにまとめてあって、企業のルーツから、その核となるような商品の紹介がされています。
 私が普段、何気なく使っているものがどんな工夫から生まれたのか…
 気にとめなかった文房具メーカーにクローズアップしてたり…
自分の視線がちょっぴり変わる一冊でした。

 例えば…
NEXT≫
プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。