スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winged Wheel(ウィングド・ウィール)で、夏の便箋に名入れをしてもらいました。

DSC_9665.jpg表参道に店舗があるWinged Wheel
上質なコットンペーパーやオリジナルの便箋や封筒などの手紙専門店です。
(*心斎橋にも店舗があるそうです)

オンラインショップも見ているだけで楽しい♪
特に、「bespoke stationery」という、カスタマイズステーショナリーのコーナーは1ヵ月毎の企画モノが♪

6月は「手漉き紙で作る名入れカード」。
デザインも素敵だし、前から一度オーダーしてみたかった「名入れ」。
この機会に!とお願いしてみました。

爽やかなグリーンのくちなしのプリント。
同色で、カードの中央部、下に名前が入っています。

越前和紙で、しっかりした厚みのある紙。表面は割と滑らかで引き締まった感じがします。
「デックルエッジ」と言われる、紙の耳の素朴な風合いが素敵。(お店の写真の方がわかりやすいです→こちら
素朴な洋風に仕上がっています。

DSC_9666.jpg封筒は白い洋封筒。
グリーンで縁取られています。
20枚セットで4,200円。箱入りです。

意外と筆不精な私。なかなか減らなそうですが、ちょっといいものをゲットしてしまったなぁ♪と思っています。

7月はコットンペーパーの封緘シールですって。
イニシャルが入れられたり、かわいいマーク+名前だったりと、自由度が高くて、魅力的です。


DSC_9667.jpg同時に注文したものたち。
「野の花」というカードと封筒のセットシリーズから。

上からヤマボウシとオオキツネノカミソリ。
日本の四季をあらわすような草花モチーフが和の色合いでプリントされたもの。
ちょっと渋めです。

DSC_9668.jpgプリントは濃淡が繊細に表現されていてキレイです。
和の色を夏のグリーティングに」というコーナーもあり、参考にしました。
万年筆も大丈夫そうです♪

それにしても、身近な美しいものって癒されますね~!
手にした時点で大満足です♪

スポンサーサイト

銀座 パピエリウムに行って来ました!

DSC_5778.jpg 銀座伊東屋の裏に、パピエリウム、というお店があります。
美しい用紙やクラフト用品が好きな女性には堪えられないお店♪
横浜にも1店舗あったのですが、閉店してしまいました。

少し前の日経新聞に載っていたことから友人に誘われお買い物に☆
なんだか分かりますか?


封筒1ジャーン!手作り封筒テンプレートです。
洋封筒用と和封筒用の2種類があって、各800円。

使いたい紙にこのテンプレートを載せ、ガイドに沿って線を引き、切り抜くだけ。
1テンプレートには4種類のサイズがあって、お徳感もたっぷり。

包装紙などで封筒が作れるということで「エコ」なんですよね♪


封筒2とはいえ、パピエリムにはたくさんの魅力的な用紙が。
つい色々買ってしまいました。
←この日はグリーンな気分だったようです♪

さて、完成品をお見せしたいところですが、まだ作っていません。。
何かと慌しくって…☆
うまく出来たらお見せしますね!

ペントレでゲットしたもの☆とお遊び。

DSC_0063.jpg こんばんは!
 今日はペントレでゲットしたものを♪
 
 といっても、筆記具はゼロなのです~。
 期待された方ごめんなさいね。

 慌しくて、あまり見る時間がなくて、それでもここだけはじっくり見たいと思ったのが、ぱいたんさんのブース。
 毎年、珍しいインクや雑誌、ポストカード、バースデーカードなど楽しいものを沢山出されています。



 今回、購入した雑誌たち。
 読みたいなぁと思いながらも、あまり購入することのない文具系の雑誌。
 破格のお値段で譲って頂きました☆

DSC_0008.jpg それから、レトロな雰囲気のポストカード。
 きれいな貴婦人達シリーズがあったので、思わずまとめ買い。
 これもものすごく安いお値段で申し訳ないほどでした。

DSC_0017.jpg どこか懐かしいような雰囲気。

DSC_0010.jpg 特にこのカードは祖母に似ているような気がしました。ちょっとエキゾチック系の顔立ちだったので。
 勿体無くてなかなか使えないかも知れませんが、嬉しいです♪
 
 そして、私が大喜びしたのがコチラ↓

イタリアKartosの紙製品。

DSC_0136.jpg 昔から縁のある文房具店に久しぶりに立ち寄った際に、あ~っ!と声を上げてしまいました。
 イタリアのKartosの紙製品がたーくさん!!
 懐かしいことを思い出しました。
 
 私の大学の時の卒業旅行先はイタリアで、ローマ、ベネチア、フィレンツェ、アッシジ、ミラノと巡りましたが、特に印象的だったのはフィレンツェ。
 紙製品のお店数軒に立ち寄りました。

 老舗の小さなお店。愛想のないお年を召したお店の方。少し気後れしながらも、一歩ずつお店の中に進むと、綺麗な紙製品が好きな私にとってそこは夢の世界♪
 手づくりのマーブルのカードや、金を贅沢に使ったゴージャスな便箋・封筒セットがたくさんあり、あまりにたくさんの好みのものに囲まれて、友人も待たせていることもあり、どこまで買おうかしら?焦りながら悩んだものです。
 
 随分たくさん買ってきたのですが、今はほとんど使ってしまいました。
 この写真の背景もその時買ってきた紙製品の一つです。

 そんな時、出会ったのが、こちらのカードセット。

 東横線日吉駅から数分のやや大きな文房具やさんの2階。
 イタリアフィレンツェのメーカー、Kartosの便箋、カード、メモ、たくさんの商品に出会うことが出来ました。
 日吉には縁があり、このお店には子供の頃時々連れてきてもらった覚えもあるのですが、今になってこんなに私好みのものに出会えるとは、嬉しい発見でした。
 定期的にお店には入荷しているそうですし、どんどん使って、また買いに行こうと思います。



DSC_0137_20090317004116.jpg 封筒の裏が綺麗なんですよね。
 
 いかにもイタリアっぽいカードセットです。
 
 二つ折式ではなく、そのままの形なので、堅苦しくなく、とても使いやすい!!
 あまり考えすぎずに気軽に使うことができます。

 そして、ケースはこんな形。


古い切手入れ、戦時中のものでしょうか?

 祖母の持ち物で、使っていない切手が入っていたものです。
 黒い台紙に、エンボス加工で「切手 印紙 葉書入れ」と刻まれています。
 真ん中よりまっぷたつに裂けており、セロテープで留められています。
 これを見た瞬間、思い出しました!

 私が小学生の頃、「これ、千切れちゃったの。みーにゃちゃん、直してくれる?」と祖母に頼まれ、張り合わせたものでした。
 当時、「かくれんぼくん」として売り出していた、やや高価なセロテープ。祖父に借りて、張ったのでした。


2008_0609_215804.jpg あ~あ、こんな適当にくっつけちゃって…と、昔の私自身にため息が出ましたが、まぁ、今の私がやるとしてもそんなに変わらないでしょう。
 どうすればベストな修復だったのでしょうね…☆

 開いたところは、こうです↓。
 工夫されていて、かなり使いやすいように出来ています。

きれいな手紙が万年筆で書ける便箋

DSCF4112.jpg 「きれいな手紙が万年筆で書ける便箋」というものを購入してきました。
 過日、蒲田のActCreatorsBoxさんで。

 万年筆用の便箋セットが多数置いてあったので迷いましたが、枚数豊富で、使いやすさの工夫が見られるこちらを選んでみました。
 ミドリさんのものです。

あの時、万年筆ユーザーだったらなぁ。。

 今でこそ、万年筆に毎日触れ、手紙を書く事も好きになりましたが…あの時に使っていれば・・と思います。

 今は浪人中の私ですが、前職ではシステムの営業をしていました。
 数千万円以上の高額商品を扱っていましたが、新規市場開拓を担当していたこともあり、入社したての頃は結構苦労しました。
 女子校育ちの私、お嬢さん育ちの私が飛び込み営業なんて!?と、我ながら信じられないような思いを感じつつ日々過ごしていました。
 その時有効なツールとして使っていたのが、手紙。

 トップから攻めよ、ということで、システム部の課長さん以上の方々にまずお会いしたいわけですが、電話でアポイントOKの場合もあれば、NGの場合も。
 そんな時は飛び込みをしたり、まわりから辿ったりと色々考えるわけですが、意外と効果的だったのが、手紙。
(※私が考えたわけではなく、営業の鉄則として教えられました。)

 どうしても会ってもらえず、名前だけ何とか聞いて、書いて⇒投函。
 飛び込みをして追い払われた直後に書いて⇒投函。
 無理矢理押しかけ、とりあえず名刺交換が出来た直後に書いて⇒投函。

 と、手紙を活用する色んなタイミングがありますが、こういうなかなかお会いできない時こそ、届いた頃にお電話すると対応が変わり、感じよく「しょうがないな~、時間少しだけですよ」とアポイント頂ける事が多かったです。
 会いたいという気持ち(=会わなきゃ仕事にならないんです~という叫び)、何とか役に立ちたいという気持ち(=おこがましくも、私の提案を聞いて損はしないはずです~、それが私の仕事なんです~という必死の叫び)が伝わったからでしょうか。

 机の中にいつも便箋と「手紙の書き方」という本を忍ばせ、丁寧に☆
 でも、書いてる道具は100円ボールペン…。普段筆圧の弱い私ですが、その時だけは力が入ってしまい、手が痛くなりました。
 もし、あの時万年筆を使っていれば、もう少しさらさらと。
 もう少し気持ちのこもったいい手紙が書けたかしら…と思うのです。
 それに話のきっかけにもなったかもしれない…、と。

 中堅社員になるに従い、仕事に慣れ、強気になり、ツールなくして難なく仕事ができるようになって、すっかり手紙をしたためることも忘れてしまいました。

 今になって手紙を良く書くようになり、なんだか勿体無いことをしたような…気持ちになっています。

 さて、本題。
 便箋封筒を探す際にはつい「万年筆対応」を探してしまいます。
DSC03273.jpg こちらは、「万年筆用」とは書いていないものの、表紙には素敵な万年筆の影絵が。
 クリーム色の土佐和紙に黄緑の罫線が映えます。
 薄い紙質も気に入って、今のところのお気に入りです。
 もちろん、ペン書箋だけあってインクが良く伸び、にじみません。
 シンプルで地味ですが、そっと心を伝えるにはこういうのも良いような気がします。

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。