スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茗荷谷で出会った、みかん色のゴージャス万年筆


DSC_8642.jpg5月の連休中の茗荷谷の展示会は文具カフェ状態
そんな中、友人から見せてもらったみかん色の万年筆。
重厚だけど爽やかで、ものすごく書き心地も良かった!!
ささっと写真を撮らせてもらったのでアップします。

DELTAの創立25周年記念の限定品。
シルバーオーバーレイの部分はもちろん、Silver925。
うーん、ゴージャス。でも、色合いが上品なので、嫌味な感じがありません。
このシルバーの部分は全て外すことも出来るんですよね。
持ち主のDさんのブログに詳しく書かれていますので、ご参照下さい。

書かせてもらってまたびっくりです。
軸は重みがあるのですが、その重みで自然とペン先がたわみ、柔らかさを感じながら書くことができます。滑らかで最高です!
うぁ~、とうなってしまいました。
イタリア万年筆というと、ちょっと書きづらかったりするイメージがありますよね?
でも、「調整してあるからかな?」と聞いてみると、いやいや、未調整の状態だそうです。スゴイ!


DSC_8641.jpg帰宅してから、検索してみると、またびっくり!
なんとお高い万年筆でしょう☆

 SPECIAL LIMITED EDITION FOUNTAIN PEN $3,200.00
 25 PIECES WORLDWIDE

実は、おおよそ15万円くらいかな?と目処をつけていたのですが、その倍でした☆
やはり、そこまで高価だと未調整でも素晴らしい書き味なのでしょうか。参りました~。

この書きやすさ、バランス、すっごく良い感じですので、万年筆愛好家の会などでDさんを見かけたらお声をかけてみてはいかがでしょうか。
今お気に入りの万年筆だそうなので、きっと携帯されていて快く書かせてくれると思います~。

*色について。
この▲私の写真、DeltaのHPDさんのサイトの写真、色味が違いますよね~。
私のディスプレイで見て、記憶の中の実物と近い色に調整したのですが…ディスプレーのキャリブレーションをとっていないのでなんとも言えません…。ごめんなさい。色って難しいですね~。

スポンサーサイト

銀座 伊東屋 「蒔絵の万年筆-美しい日本の伝統-」

20100512makie_ページ_1伊東屋さんから美しいダイレクトメールが届いていました。
蒔絵の万年筆展 @銀座伊東屋9Fギャラリー。5月12日(水)~24日(月)まで。
出品するブランドは、NAMIKI、パイロット、中屋、プラチナ、セーラー、ペリカン、パーカー、ウォーターマン、アウロラ、カランダッシュ、コンウェイスチュアート、ダニトリオ。

万年筆に限らず、蒔絵には小さなスペースの中に広がる世界を感じます。じっと見ていると職人さんの息遣いまで聞こえるようで、鑑賞するの大好きです。

20100512makie_ページ_2こちらには実演のご案内もあります。
今からですと、18日(火)~20日(木)国光会作家さんたちによる蒔絵体験教室なんて行ってみたいですね~。
色彩雫のボトルキャップとペン置きに金粉で絵付けをするそうです。
11時半、13時半、15時半と三回で、各回定員5名!(参加費は2,000円)
これは競争率高そうですね…。

いつもどおり、案内状をスキャンしたものをPDFにして置いておきますので、ご利用下さい。

蒔絵の万年筆 -美しい日本の伝統- ダイレクトメール

最近使い始めた万年筆、セネター プレジデント。

DSC_7883.jpgご無沙汰しています。ちょっと体調を崩して、省エネ生活を送っていました。
今日はひさびさに万年筆をアップしちゃいます!
とてもペン先の柔らかい、Senatorというドイツブランドの「President」という名前のペンです。
<18C-B>というニブのついた特注品!万年筆研究会の会員のよしみで破格で手に入れることが出来ました!
モンブランの149サイズですが、持つと「あれ?」ってくらい軽い。それでいて、ちゃんと吸入式、という潜在能力の高い万年筆です。

すごい男前な外見なのですが、私にとってはすごくいじめたくなるペンです。

まず、頑丈!吸入式ですが、多少手荒に放置しても全然OKそうなおおらかな雰囲気。
ほかの吸入式の万年筆には入れたくないようなインクを入れたくなります。
プライベートリザーブのブラックチェリーを入れちゃいました。
フローもいいし、使いやすい色なんですが、どこか毒々しい雰囲気。でも、このペンなら大丈夫、たぶん。
根拠はないけど。

DSC_7885.jpgそして、とても柔らかいペン先を持っているのに、書き出すととても直線的なライン。ちょっと気に入らない…
書き出しは20~30%の確率でちょっとかすれます。大体2割を越すと私のイライラポイントが刺激されるようで、ちょっと「柔らかいくせに掠れるのか~い、おらおら~」みたいな感じで、ペン先をいじめたくなります。
調整をしてもらったらきっとすごく良くなりそう!そんな予感はするのですが。

DSC_7885up.jpg好きなのはペン先のデザイン。
私は金・銀のバイカラーのニブが好きなので、このすっきりした形、良いです♪

なんだか変なレビューになっちゃいましたが、この作りで軽くて安価。私にとってはとてもバランスの良いペンです。
この潜在能力を出すには、調整してもらう必要がありそうです。

今年も1年ありがとうございました!

DSC_7218.jpg年末になると中華街に行きたくなります。
せわしないけど喧騒がどっか心地よくて、あちこちで肉まんにかぶりついている人がいる光景が居心地が良いのかも知れません。
私はお正月にも行くんですけどね♪


DSC_7223.jpgもう年末になってしまいました~!
信じられないスピードで日々が過ぎてゆきます…
今日は年末のご挨拶を。

*左の写真は私のお気に入り、中華街にある「公生和」さんの肉まん*

DSC_7228.jpg本年もお世話になりありがとうございました。
2009年は私にとって、親しい人の輪がぐっと広がり、新しいことも実り始めた充実の一年でした。

思えば、父の万年筆を形見でもらってから、万年筆の魅力に引き込まれ、このブログを始めました。
たくさんの万年筆愛好家の輪に加えて頂く事もできて、日常のほかに楽しい世界がもう一つ、自分の中に生まれた感覚があります。
今年は出会いが新しい人の輪を生み、文房具、万年筆、写真、表現すること、さまざまなことに関して、多くの方の感性に触れながら刺激を受けて、少しずつ自分を成長させることができたのでは…という気がします。
一緒に楽しんでくださり、アドバイスを下さった皆様、ありがとうございました!
たくさんの出会いをくれ、まるで魔法のように新しい道を切り開いてくれた父の万年筆にも感謝したいと思います。

このあたりのことは「ペン!ペン!ペン!ファウンテンペン―私が選んだ一本の万年筆に書かせて頂きました(P65)


DSC_7229.jpg今日は大掃除が終わったら、実家に顔を出そうと思います。
かどしげ農園の吉田さんが心優しくも「お父様の仏前に…」と今年最後のりんごを下さったので、お供えしてきます♪

皆様、良いお年を…☆

*写真は同じく横浜中華街の杏仁ソフトクリームの美味しいお店です。*

万年筆を楽しむ会へ行こう!WAGNER定例会!

01.jpg 今週末はWAGNER定例会ですね~。皆様のご都合はいかがですか?
 私はちょっと予定が立て込んでいるのですが、是非顔を出させて頂きたいと思っています♪

 写真は日興エボナイトさんの、加熱前のエボナイトと完成品のエボナイト万年筆。 
 あまりに綺麗だったので、見学に伺った際に撮らせていただきました!
 くんくん…とっても、香りがしますが、私は好きですね。天然素材だけにいやではないのかも知れません。


03.jpg うちの卓上刃物セット。
 手前はもちろん、StyloArt軽井沢の数野さんの作品。
 去年の秋に青山で開かれた展示会へ行った際に、母が気に入って購入したものです。

 替刃は小ネジを外して取り替える必要がありますが、手に馴染みとってもいい感じ☆
 母の愛用品です。 


02.jpg これは多分、ケヤキとサティーネの組み合わせのもの
 ケヤキは木目がとっても綺麗で、多種多様。
 このカッターにはさざなみのような綺麗な模様が出ています♪

 大ぶりで持ちやすく、作り手の愛情が伝わるカッターです。

 トレイの上には、他にシルバーのペーパーナイフ、古いハサミ、鶴型のミニハサミなどが入ってます。良い品物に囲まれていると落ち着きます…☆


ペン・トレーディング、お疲れ様でした!

 こんばんは!
 ペントレーディング、お疲れ様でした。

 今年は出店数が多かったせいか、会場とお店スペースと人のバランスがちょうどよく、居心地が良かったです!
 調整士のみなさま、出店者のみなさま、ご来場者のみなさま、楽しい集いをありがとうございました♪

 私は今年はStyloArtのお店番として徹しよう!ということで、お店めぐりはあまりしなかったのですが、盛り上がっていましたね~☆
 万年筆ユーザーの出店スペースも多数で、お買い得なものがたーくさん!
 私もちょっと出してみようかな~、と毎年思うのですが、ペン・トレは市場価格より激安なだけに、私のものは価値がつかなそう…ということで、止めてしまいました。(なかなか手放せないんですよね~☆)

 多くの品物は拝見できなかった分、たくさんの方と接することができました♪
 ネットでしか知らなかった方と実際にお会いできて、感激でした
 実際に会っていなくても、週1回はブログをお互い見るような交流があると、実際に会っても違和感がなくて、初めて会った気がしない…という不思議な感じでした。
 お声かけ頂き、ありがとうございました!
 本当はもっともっと話したかったのですが、またの機会を楽しみに…ということにしておきます。

 こちらの写真はいきなり始まった、ラストのじゃんけん大会。
 師匠VS大勢、でじゃんけんし、勝ち残った人が商品をゲット!という形です。
 楽しかったですよ~♪♪

 私はじゃんけんは苦手。
 どうしても、なにか決まった流れがあるようで、チョキ、パー、グー、チョキ、パー…のように、順番に出す癖があるようで激弱!
 しかし、お立ち台の師匠にチャレンジすること2回。
 なにかパターンがはまるような感じが…。師匠もじゃんけんの手を出す癖がありそう…。
 これは、勝てるな…と思ったら、気付いたら勝ち残っていたのは私だけでした。
 やったー☆
 
 私がゲットしたのはこちら↓。
 これは、StyloArtブースの隣でお店をされていた方から、協賛品として出して下さったもの。
 ちょっと見せてもらって、素敵だったので欲しかったんです♪


 

日興エボナイトさんのマーブルエボナイト万年筆。少しだけ公開します。

arakawa tenjikai 3 こんばんは!
 先日の荒川産業展で行われた、日興エボナイトさんの展示及び即売の場にお邪魔してきましたので、レビューしたいと思います。

 荒川産業展は大盛況!
 初日は激しい暴風雨という天候にも関わらず、会場となった荒川区スポーツセンターは大賑わい。
 日興エボナイトさんのブースを探すのにも一苦労、というほどの人出でした。

 そして、日興エボナイトさんの万年筆は、地元の方、ブログでの告知を見て来てくださった万年筆ファンの方にも好評で、反応も良く、手ごたえは十分ということだったようです。
 素晴らしいことだと思います♪

 まず、最初にお断りしないといけないのは、
  ①私は会場にはほんの10分足らず(!)しか居られなかったこと。
  少しでも見てみたい、という気持ちで馳せ参じたものの、用事と用事の合間だったので…。
 そして、
  ②慌てて撮った写真はあまりうまく撮れていないということ。
  まだまだ写真の腕が足りません、残念。
 というわけで、表面的なことしかお伝えできずに申し訳ないのですが、ご覧下さい。

 上記の写真は、会場にかかった素敵なポスター!フリッツさん撮影。

 こんな感じで、以下撮った写真はフリッツさんのデジカメのもの、私のニコンのD90で撮ったものが混じっています。
 皆様には、いずれ実物を見ていただく機会があると信じて、今は日興エボナイトさんの万年筆の雰囲気だけ感じて頂ければと思います。
 実物の方が数倍、数十倍素敵です。

 では、見ていきましょう。
DSC_0003.jpg ネーミングも素敵な、「江月(こうげつ)」と「日暮(にちぼ)」。
 軸の径、長さの異なる種類があって、手に馴染むものが選べます。
 ペン先はもちろん金ペン。
 14金のペン先が、久保工業所さんの調整で付いています。

 インクをつけて書かせてもらいましたが、滑らか!
 ずっと書いていたいと思わせる書き心地でした。

 持った時のバランスもとても自然に感じました。
 私が試筆したのは、写真の奥のペン先が見えているもの。
 軸のまろやかな丸みも、持ち心地良く、素晴らしい万年筆と感じました。 

 触感は、プラスチック程無機質でなく、少しあたたかく、木よりも少しひんやり。
 木目細かさは一番、というような印象を持ちました。
 とても主観的ですが、そんな感想です。


DSC_00021_20090319102410.jpg ちょっとアップでも見てみましょう。
 絶妙な色合いが織り交ぜられているのが分かりますか?
 
 ちょっと暗く映ってしまいました。
 
 手にすると、肌にぴったり吸い付くような質感です。
 これで、インキ止めなのですが、軸挽き職人さんの熟練の腕で、ちょっと見ただけでは境目が分かりません。


 また、このような斬新なデザインのものもあります!

古くて新しいエボナイトの万年筆。リリースです。

DSC_0735.jpg 国内唯一のエボナイト製作所、ご存知ですか?

 万年筆好きにとって「エボナイト」というと、どこかノスタルジーを感じる素材かと思いますが、日本でひとつだけエボナイトの素材を作っている会社があります。
 (株)日興エボナイト製造所さんです。(以下、日興エボナイトさんと略称で記載します。)

 この会社は、東京都の荒川区にあり、昭和27年設立の創業71年の会社です。
 私は家具職人の数野さんとの用事で、たまたまではありましたが、立派な社長さんと若専務のお二人にお会いする機会がありました。
 日興エボナイトさんの勢いと、エボナイトの素材としての一般には知られていない魅力に驚きました。

 エボナイトの素材としての特性はそのままに、美しい色合いが出せるんですって!
 そして、日興エボナイトさんは万年筆に深い関心をお持ちで、今度久保工業所とのコラボで、万年筆をリリースするんですって!
 インク止め式で、14金のペン先がついて、桐箱付きの本格派ですって!


 その新しい万年筆をいち早く見ることができるのが、荒川区産業展です。
 お得感のある特別価格で出されるそうですよ。

開催日時:
平成21年3月14日(土) 10:00~17:00
      3月15日(日) 10:00~16:00
荒川区産業展の公式ホームページ:
 http://sangyo.city.arakawa.tokyo.jp/30sangyoten/

開催場所:
荒川総合スポーツセンター(荒川区南千住6-45-5)
 (株)日興エボナイト製造所ブースにて



フェンテの集いへ出すバザー品 と 懐かしの「チラシ活用法」♪

DSC_0605.jpg こんにちは!今日からフェンテの集いですね。
 今頃になって、ですが、バザー品として出すものを引っ張りだしてきました。

 フェンテは、会費制ではなく、すべて会長である中谷でべそさんのポケットマネーから必要経費が捻出されていますが、この「集い」では、それを少しでも補うべく、バザー品やオークション品の売り上げは経費に充てられるのです。
 ささやかながら、私からお出しすることにしたのが、こちらのものです。
 
 ペーパーナイフです。
 イギリスで買ってきたもので、ステンレス製。
 持ち手の部分が、すっと反っていて、机の上からさっと取りやすい。
 また、滑り止め加工が手になじんで、ちょっと気持ちが良いんです。
 鋭い切れ味で、冷たい質感と造形美が心を和ませてくれます。

 もし気になる方がいらっしゃれば、ぜひ会場で見てみてください。
 持参するのは明日ですが・・・。
 

DSC_0296.jpg さて、こちらが、懐かしのチラシ活用法。

 たぶん、私が中学生のころ、流行っていたと思うのですが、作り方を忘れてしまってWeb検索をかけて、調べて作りました。

萬年筆くらぶ「フェンテ」交流会、もう直ですね!

 私がフェンテに参加させて頂いてからちょうど1年になります。
 萬年筆愛好家の会で、「どなたでも参加できます」、という言葉を見つけて、勇んで入会させてもらったのでした。

 以下、去年の過去記事ですが、改めて読み返すと、年に1度の愛好家の集まりがとても楽しくて、弾むような気持ちになったことが思い出されます。
 なんといっても、なかなかお会いする機会のない愛好家の方と、初めてとは思えない程、楽しい会話ができたことがうれしかったです。

 ・嬉しい冊子小包が届きました、フェンテ会報。
 ・フェンテのオリジナルノート
 ・フェンテ交流会に行ってきました
 ・アンティークのインク

 今年の日程は、ちょうど来週の週末♪
 ↓↓こちらでささやかに告知させて頂きます。↓↓
 まだ、フェンテ会員でない方も、会場で入会出来るので、ぜひご検討ください。
NEXT≫
プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。