スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねこ草♪はむはむ~!

 こんにちは!
 今日は実家のにゃんこたちです。
 右が日本猫の さくら。
  小柄でいつまでも赤ちゃん猫のような甘えんぼの女の子。
 左がアメリカンショートヘアの アシュラ。
  重量級ですが人懐こい男の子。
  初めて来た電気屋のおじさんの足にすりすりしちゃうような無防備さです。

 さて、お出かけした帰りにお土産に買ってきた、ねこ草。

20061030210737.jpg 包みを開くと、すぐに寄ってきます。
 あ~、ねこ草だ~!と察知。
 この子達は (=^. .^=)は植物大好き。

 特に、アシュラの大好物は…バラの葉っぱです。
 バラを買ってくるとすぐにむしゃむしゃかぶりつく困った子です。写真が撮れれば、またアップします☆ 


 がぶがぶ・・
 引っこ抜きながら、すごい勢いです。

 さて、どんな顔で食べているかというと…
 
 じゃじゃーん♪

スポンサーサイト

モンブラン シーズングリーティングインク2006

 こんばんは!
 遅ればせながら、無事手にすることが出来ました。
 シーズングリーティングインク2006。

 のんびりしていたのですが、Edwardさんから頂いた情報で、「え?急いだ方がいいのかしら?」と伊東屋神奈川店に電話して、入荷次第取り置きしてもらうように依頼しました。
 教えてくださり、ありがとうございました!

cinamon2.jpg 私の万年筆好きは今年に始まったので、ようやく時代の波に追いついた感じです。
 いっつも、えっ!そんないいものがあったんですか~、と後から教えてもらう形でしたから…。

 インクと、それに合いそうなカードを購入。
 実は、取置きは3本でお願いしていましたが、「本当に使いきれるの?」と自問して、2本にしました。
 エライ!→私。
 モンブランの今後の計画は知りませんが、来年また限定インクが出るなら、それを買えばいいや~と。どんなインクでもまだ一瓶も使い切ったことがないですから。。。

パーカーのペンマンインク サファイア!素敵♪

 アクセス解析機能はついているものの、あまり見ていない私。
 ですが、つい先日、検索キーワード※を見て笑ってしまいました。
 
 「高級万年筆同好会」!!

 「高級」!?

 確かに、私は万年筆愛好家の会【WAGNER】の末席に入れて頂いていますが、「高級」という限定付きとは恐れ入りました。
 皆さんが持ってくるのは高価なものが圧倒的多数ですが、実際にはラミーのサファリやペリカノなども使われているようですよね…。
 【高級万年筆同好会】と言ったらちょっといやみな会ですよね~。
 どういう思いで、そう検索されたのか想像をめぐらせつつ、私もグーグル検索♪
 
 わ!本当に私のブログが表示されました!
 なるほど~…

 さて、表題の件ですが…
 以前、ブルーのインクについて記事を書いた時に、コメントのやり取りでパーカーのペンマンインク サファイアが話題に上りました。

 現行品ではないということで、どういうものか見る術もなかったのですが・・・
 なんと!それをご覧頂いていた方から、頂いてしまいました。
 ゑでぃさんからです!

DSC00011.jpg これは、不思議なインクですね~!
 以前、I.Sさんのペリカングリーンの4倍濃縮モノの不思議なグラデーションに魅せられたのですが、それに似た不思議さがあります。
 薄い色の部分は鮮やかな青なのですが、濃い部分は黒に近い紺。
 濃淡がとてもはっきりしているのです。私の持っている11種類の他のブルーインクに似ているものはひとつもありません。

 さて、どの万年筆に入れましょう?
 困りました、適当なものがないんです。。
 なるべくならパーカーのものに入れたほうがいいとも聞きますし、私の持ってるパーカー2本には合わない気がします。
 どうせなら、太字でたっぷりインクが出る万年筆で濃淡を楽しみたいのですが…
 ということで、未だペンには入れていませんが、最近パーカーの万年筆が気になってしまっています。

 ここまで色の独特さを語っていて、インクの画像がなくて済みません。またおいおい♪
 

改めまして、ご紹介。

 今日のにゃんこたちです。

2nyan.jpg いつも邪魔になるのでしまっているキャットタワーを出してくると競うように飛び乗りました。。
 ちょうど、インクとペンの写真を撮影するために、ライトと三脚を出していたので、はいちーず♪

 改めまして、この子達の紹介を。 

 二人とも「メインクーン」というアメリカの北の方の猫です。
 メイクィーンじゃないですよ、それじゃお芋さんになっちゃいます。
 メイン州のクーン=あらいぐま、という意味だそうで、北米のきびしい雪山の中に自生していたという毛の長い猫で、猫の中では最大と言われています。

 このライオンのようなたてがみのワイルドさ魅かれて、そしてその巨大さに魅かれて、一緒に暮らす事になりました。
 最近計っていませんが、大きい方は10kg程度、小さいほうでも6kg前後。
 最初に見たときは、その風貌に「こわっ」と思いましたが、性格は犬のように人懐こく、穏やかです。
 
 写真左が女の子。Mignonです。
 はい、私のハンドルネームはこの子の名前から取りました!
 よくおしゃべりする女の子で、勉強していると使っている参考書の上に乗ってくる甘えん坊さんです。

 右は男の子。Cougerです。
 膝の上に、お腹を見せる形でだっこしてもずっとそのままの姿勢でいられるお利口さんです。
 おもちゃを「運ぶ」のが大好きで、よく1階と2階をおもちゃをくわえて往復している、犬のようなにゃんこです。
 

バラの香りでいい気分♪

rose01.jpg こんばんは!
 やっとやっと出会えた、モンブランのラブレターインク。
 知らず知らずおねだりしてしまったようで…頂いてしまいました\(^o^)/

 皆さんが使っているのを見て、香りを味わって、とっても欲しくなってしまって…でも、限定モノで手に入らなくって・・・3月頃から思いが募って、7ヶ月。。。
 そこで救いの手をさしのべて頂いたcさん!ありがとうございました~♪♪感激です!!

 入れた万年筆は、息を吹き返したばかりの、シェーファーのスノーケル。
 ボルドー軸にぴったりです。
 
 インクはするすると気持ちよく伸び、立ち上るバラの香りに気分が華やぎます。
 
 そうだ!ローズ系のものを出そう!と、出してきました。
 化粧品です。

rose4.jpg 写真右はオーストラリア土産のJulique(ジュリーク)というメーカーの化粧品。当初知りませんでしたが、バラの化粧水で有名で、スプレー式のフレッシュナーです。男性がこういうもの知ってるんだ…と驚いたものです。
 シュッとすると、濃厚な香りが立ちこめて、肌にすっとしみこみます。
 残業中などに肌が乾燥した頃、オフィスで使うと、「お、お~い、か、かおに香水かけちゃだめだろ~~」とすごい反応を示される程強い香り。人によっては強すぎる香りは迷惑かな…と控える事にしました。

 そして、写真左は昨日買ってきたマギーティスランドというアロマテラピー商品を出しているブランドのローズウォーター。
 バラの花びらを水蒸気蒸留して抽出したものを「フローラルウォーター」と呼ぶのですが、エッセンシャルオイルなどと比べて安価に手に入ります。(100mlで1,300円ほど)
 実はちょっとアロマテラピーもかじっているのですが、フローラルウォーターは手製化粧品の原料にも出来たりしてGoodです。

 ラブレターインクとこのふたつの化粧水ですっかりバラ気分!
 ぱしゃぱしゃ顔につけて、シュッシュとスプレーして、しっとりラブレターインクで書いて…部屋中、バラの香り♪

 私は大満足ですが、にゃんこたちにはいい迷惑のようです。
 スプレーが目にしみるようで(結構離れていても・・・)、目がしょぼしょぼに。
 みんな別の部屋に行ってしまいましたε=ε=ε=ヽ(T T)ノ 

 さて、手持ちの赤系のインクと比べてみました。

今週は…

 こんばんは!
 今週は、親しい後輩に新しい命の誕生があったり、親しい先輩の奥様が亡くなられたり、友人の新築祝いにかけつけたり…と嬉しいんだか悲しいんだか、涙と笑いが織り交ぜになった一週間でした。
 ちょこまか出かけていたので、若干お疲れ中。
 また、明日からはリフレッシュして頑張りまっすo(*⌒O⌒)b!!

 というわけで、振り返ってみれば、ひそかにチャレンジしてみた連続更新記録はたったの3日で終了でした!あっけない…

ありがとうございます♪50,000アクセス

 2006年1月28日に初投稿してから、早8ヶ月ちょっと。
 50,000アクセスを超えました。
 毎日ご訪問くださる皆様!時々ご訪問くださる皆様!検索サイトからご訪問くださる皆様!
 本当にありがとうございます。
 
 ご覧頂いているということ、楽しいコメント、ご教授コメントに、私はいつも元気をもらっています。
 ブログ上で困っていると、お声かけいただき助けてもらう事もしばしばで、文房具を愛する人は皆あたたかいなぁ、といつも思います。
 
 このように更新は不定期だし、さしたる知識もないし、何のお役にも立てそうもない、思いつくままの気まぐれブログ。
 にもかかわらず、数多のブログやHPの中から、こちらに目を留めてくださる方があるというのはとても有難いことです。
 感謝!感謝!です。

 これからも私の息抜きとして、そして皆様のほっとひと息にお役に立ちたく、マイペースに綴っていきますので、今後とも宜しくお願い致します。
 

センサのボールペン

sensa1.jpg 今日はボールペンを。
 「センサ」ってブランドご存知でしょうか。
 日本への輸入は停止になってしまっているようですが、アメリカのメーカー。
 グリップが「プラズミウム・グリップ」という、特殊な液体で満たされた柔らかく自在に変化するグリップが特徴でした。
 こちらは、確か伊東屋で一度見かけて以来気になって、4,5年前に購入したものです。

 持ってみると、ぐにゅぐにゅして、面白いんです♪
 こちらは、Zephyr(ゼファー)というモデル。
 シンプルで、適度な重み。そして、なんと言っても手が疲れにくい!
 柔らかく、手の形に合わせて変化するので、良い感じです。
 低反発な感じです。
 デザインも上部が直線的、下部が曲線的で、魅力的に感じます。

 これでセンサを気に入ってしまい、いくつか購入。
 父や人にプレゼントしたりしていました。
 消耗品はまだ買えるようですが、ペン本体は日本では買えないのが残念です。
 人気がなかったのかしら…。良いと思うのですが・・・
 以前は万年筆には見向きもしませんでしたが、万年筆もありました
 本国では、多彩な柄があってとても興味があります。
  

私がどうしても、飛びついてしまうもの。シェーファー スノーケル

 もう何本目でしょうか。
 シェーファーのクレスト スノーケルモデルです。

 この細字の書き心地の良さにとりこ☆
 スノーケルの便利さにとりこ☆
 
 というわけで、目にするとついつい購入してしまいます。
 
 このペンを手にして書き出すと、不思議と心が落ち着きます。
 なんというか、しっくりくるのです。

crest0.jpg まず、見た目が好きです。
 細身に金キャップ。金キャップには細かいラインが入っています。
 すっきりして、完成されたデザインです。

 

crest1.jpg キャップを外したところ。
 なんと言っても、書きやすさが大好き。

 円筒形のペン先は、固くてびくともしない反ったペン先。
 なめらかに紙面をすべり、最高に書きやすいです♪
 超細字でも、まるでひっかかりがありません。

 金銀2色のニブも美しく、見た目に安定感を感じます。

crest2.jpg インク吸入の為に尻軸を廻すとニブの先端からストローのような管が出てくるのが特徴。(写真下)
 ペン先も汚れず、テッシュ不要で便利なんですよね~。

 水洗いしたところを撮ったので、先端に水滴がついてますね。。

スケジュール帳 第二弾 クォデバイス

 今日、発注していたクォデバイスが届きました。
 先日行ったロフトで、手にとって見て、使い勝手は今年使っていたアクションプランナーに近かったので、試しに使ってみたくなりました。

※何故気に入っているアクションプランナーから変える必要があるか、というと…「いつかかっこいい手帳用革カバーを誂えたい」という野望を持っているものの、アクションプランナーは去年より色のバリエーションが減ったりしているので、ずっと使ってゆくものとしてはリスクがあるのでは…と思ったため。
 カバーをあつらえたはいいが、リフィルが突然輸入停止になったりしたら、困りますもの。
 その点、クォデバイスは歴史も、日本での実績もあるし、安心かな…と。
 色々試してみて、長年使えるものを探して彷徨っているのです。

 実は海外製品特有の、表面がざらつき、白色度が高いものはあまり好みではないのですが、
クォデバイスの「プレステージ」というシリーズは、クリーム色の光沢のある用紙を使っています。
 「アイボリーのペーパーに、グレーとレッドの2色印刷」
 とあり、なかなか好みの紙面です。

 そして、今の私のお気に入りの時間軸を縦にとったものもあります。
 ただ、ロフトにはカバーの全種類は揃っていなかったので、自宅にてオンラインサイトから発注しました。
quodevice1.jpg 16cm×16cmのエグゼクティブというモデルです。
 ソーホーという合皮タイプで、パープルです。
 シックなパープルで、実は紫はキライなくせに…何故か魅かれてしまいました。
 

quodevice2.jpg 中はこのような感じ。
 表面が光沢ある紙は使いやすそうです。
 ただ、インク滲み、裏抜けの点では、アクションプランナーの勝利。
 このクォデバイス、プレステージの用紙は見た目に反して、結構裏映りします。
 もともとその点で優れたLAMYのブルーなどは問題なさそうですが…


 ところで、自分に似合う色って知っていますか?
 来年の手帳を選ぶに当たり、知りたくなりAll Aboutの診断ページで診断してみました。
 ちょっと面白かったので、載せてみます↓。

20秒で診断!あなたに似合うカラーは? パーソナルカラー診断 レディース編
20秒で診断!あなたに似合うカラーは? パーソナルカラー診断 メンズ編

 結果、私のタイプは、スプリングタイプ

コレクションケース♪

 こんばんは!
 普段はさすがにこんなに持ち歩きませんが・・・
pencase.jpg コレクションケースとして、コンウェイ・スチュワートの20本用のレザーケースを使っています。
 先日、持ち歩いたばかりだったので、収まったところを写真にパチリ。

 これが、徐々に机上のペン皿&ペントレイに移って行き、結局ほとんどが机に広がることになってしまうのですけど。

 これにはあまりお金をかけたくなかったので、オークションで安く入手。12,000円くらいだったかな。
 
 少しお金をかけたいな、と思うのは、普段持ち歩くペンケース。
 4本挿しのペンケースをTAKUYAさんに頼む事にしました。(イカ太郎モデルです)
 ^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ☆ヾ(゜ー゜ヾ)^
 入れたいペン、2本がまずは決まったので。
 (アウロラ85周年と、カランダッシュのボールペンです。)
 
 革の色やステッチの色、あまりまだイメージしていないのですが、いずれにせよ、注文殺到で○ヶ月待ち。
 追って、細かくお伝えすることにしました。
 こんな感じ、というのはあるのです♪
 今度写真を撮ったら※、またアップしますね。

まずは、ほぼ日手帳、購入ご報告

 美味しいもの、楽しいこと、お酒が大好きな私がWAGNERの二次会にも参加せず向かったのは、渋谷のロフト。
 (その後、用事もあったから二次会不参加だったのですが…)
 渋谷は嫌いですが、賑わっているであろう手帳フェアを見に行きたかったので。

 大盛況の中人だかりをかき分けつつ、最初に手にしたほぼ日手帳の革のブルーブラック
 ウェブで見ると黒に近いように見えましたが、あれは紺色ですね。
 でも、持った感じも良く、使いやすそう。
 そして、私が知りたかった事は、普段使いのインクが滲むか滲まないか

 結果、
 ウォーターマン フロリダブルーは滲みなし、裏抜けなし
 どうやって分かったか…って、書いてみたからです。
 店員に了承もらおうかと思いましたが、見本品だし、OKに決まってますよね、ここは要領よく、さっとシェーファーのクレストを出し、書かせてもらいました。 

 万年筆のインクがにじまないのであれば、検討スタート♪
 一日一ページもいいし、時間軸が縦にあるのもGood。
 ポップな紙面は、何だか私が大学生の時に使っていたスケジュール帳を思わせますが、私は主に遊び用として使うので、問題なし。
 万年筆を使うようになってから、メモのような日記をどこかしらに書くことが多いのですが、日記帳として使おうかな、と思いました。
 購入決定です。

 話が離れますが、
 仕事をしている際には、手帳に私的なことはほとんど書きませんでした。なぜって、覗き込んだり、勝手に見ようとする人がいるから。
 「アポイントの取得状況は?一日何件入ってんの?」みたいな感じで。(→その後、Web上のサイボウズで完全管理されるようになりましたが…)
 それに客先でも開くので、仕事のことでもなるべく小さい字で、他人が読めないようにしていました。
 今は人前で開くこともまずないので、何を書いてもOKかしら?と。 
 というより、そこらへんにあるノートに手当たり次第、適当に日記のようなものを書き込んでいるので、後から誰かに見られたら恥ずかしい、書くなら一箇所にしなきゃ、という意識もあります。
 これが買う理由付けですね。


hobonichi1.jpg 購入したのは、こちら。ダークブラウン(革)です。
 本当は革なら黒にしたかったのですが、なかったので、ブルーブラックダークブラウンで比較して、より暗い色合いのこちらにしました。
 表面がつるつるしているので、傷はつきやすいと思いますが、割りと柔らかく使いやすそうです。 

より使いやすくなりました♪アウロラ85周年記念万年筆!

 こんにちは!
 昨日は【WAGNER】の定例会に参加してきました。
 そこで、少し不満があったこのペンを調整頂きました!

 私がこれをシャキーンと取り出すと、「ああ!清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したペンだ~!」と声があがり、少し恥ずかしい(*v.v)。。。
 そうです、私にとってはとても高価ですもの。もう、当分買わない、買えない~!

aurorablue2.jpg なぜ、調整して欲しかったかというと・・・
 急いで書くとインクが途切れることに(=「スキップ」と呼ぶそうですね!ぱいたんさんに教えていただきました。)、ややストレスを感じたもので・・・。


 早速、師匠にご覧頂くと、特別悪い点はなさそう、ということでしたが、「インクの出が悪いんです~」とお願いして、ペン先を外して調整頂くことに。
 外すにはちょっと固そうでしたが、ずばっと外してスリットを広げて頂き、試し書き。
 わぁ♡これだけで随分するするとインクが降りてくるようになりました。
 さらに「少し表面をなめらかにするならやるけど…」と言って頂けたので、すかさず♪お願いしました。
 字幅が太くなってしまわないように、留意いただいたみたいですね!

 これで、ノンストレスなペンになりましたヾ(〃^∇^)ノ♪
 本当に、ありがとうございました~。
 華美で、書きやすい、大事な一本として完成です!
 手にするたびに、嬉しくなります♪
 

手帳を考える

 少し出遅れました、手帳の検討。

 2006年は、佐々木かをり監修のタイムデザイナー(A5)とデルフォニクスのマンスリー手帳を併用しています。
 デルフォニクスは小さなバッグに入るので遊び用。
 このタイムデザイナー(写真の大きい方)は紙質がとても良く、開くのにも安定しているので、遊び以外用。
 タイムデザイナーは上質紙なようで、万年筆のインクでも全く滲まず、裏抜けもせず、大層使いやすく、気に入りました。これが私にとって何よりも大事なポイントでした。

 今年は、同じく佐々木かをり監修の「アクションプランナー」にしようと思っていました。
 「タイムプランナー」と「アクションプランナー」、何が違うのかと言うと、
 ・タイムデザイナー 日本能率協会マネジメントセンター発行(⇒入手しやすい)
 ・アクションプランナー イー・ウーマン発行(⇒入手しにくい)
 という違い。
 もともと、佐々木かをり氏が10年来、フランスのアクションプランナーを愛用していて、それを輸入、日本用に改良したもの。
 それを、日本能率協会が発行したのがタイムプランナー。
 要は、大差はないのです。

 ただ、革カバーの豊富さという点では、アクションプランナーに軍配があがります。リンク先の通り、色がこんなに豊富
 しかし、冒頭の通り、出遅れましたε-(;ーωーA
 欲しい革カバーは既に完売です。
 毎年、みなさん早いですよね~。思えば、今使っているグリーンの合皮もこの色しかなく、やむなく選んだものでした。
 なかなか変わらない私です。
 せっかく革カバーを買うのに、色を妥協するのは残念なので、合皮にするか…それとも、まったく別の候補にするか思案中です。
 

私の書斎…ねむりしゅう…

 ついに、本ブログのカテゴリーに「にゃんこ」を作ってしまいました。
 文房具ブログなの…にゃんこ、関係ないじゃん!と思いつつ…やっぱり載せたくなっちゃいました。
 あ~あ…。すみません。(誰に謝ってるのか…?なんとなくです)

 私の書斎はとても劣悪な環境。
 なにがって、うちのにゃんこ達はいつも私の後をついてくるのですが、私が机に向かうと、すぐ隣のベッドでこんな風に寝るんです…。
 そして、「ねむりしゅう」(眠り臭)を解き放ってるんです。(←私の造語です!)ほぼ無臭なのですが人がそれをかぐと、とてつもない眠気に襲われる香り。。恐ろしい威力です。
 
 私がベッドの上にぽん!と置いた、モンブランのポートフォリオ(過去記事にリンク)
 革製品好きのこの子がすかさず陣取ります。 
DSC03339.jpg
 あ~、待って使うから!と私が言うと、

 ん~?

初めて尽くし!アウロラ85周年記念万年筆!

DSC03386.jpg とうとう!入手しました~♪
 アウロラ85周年 レッドです。私にとって、
 初!アウロラ。初!限定品。初!高額商品!
 ということで、初めて尽くし。
 本当は、もっと早く、入手するはずでしたが、紆余曲折あって・・・
 6月頃、一度は、発注したものの、太字の在庫がないということで、2ヶ月待ちと言われ、入金までしたのに、一度断念。
 その後、中字にしようと好みが変わったものの、なぜか、お金が…。
 使い込んでしまって(^▽^;)
 私には身に余るということで、購入を止めようと忘れてしまったこともありました。

 でも、やっぱり欲しくて、やっと購入です。 
DSC03387.jpg 思ったとおり、美しい軸です。
 真紅の薔薇の花びらをまいたよう。光にあてると輝きます。
 ん~、綺麗。見とれてしまいます。
 随所に使われたソリッドシルバーは柔らかい光をたたえ、ゴージャス。
 欲しかったイメージそのものです。
 そうそう、ゴージャスな宝石のような万年筆が欲しかったのです。
 さて、使ってみました。
 
 なめらかで書きやすく、ひっかりもないです。
 ニブはMながら、やや細め。というのは、噂どおりですね。
 柔らかく重ねた紙の上でも、机に一枚載せた紙の上でもOK。
 なかなか万能です。

 でも、ゆったり書く方が向いているかも知れません。
 大きな文字で、悠然と書くにはとても気持ちよく書けます。

 走り書き、殴り書きのように急いで書くと、ややペンがついてこないような気がします。
 それに、少し書きにくい角度があるような気もします。インクが掠れる時があります。
 こんなこと、万年筆を使い始めた頃には絶対気付かなかったと思うのですが、少し舌が肥えて(?)しまったようで。

 それに、この重量感に慣れないからでしょうか。
 大量の文章を書く際には、どんどん手に力が入ってしまうのですが、おかしなことに、手がちょっと筋肉痛に。。
 親指と人差し指の付け根のあたりが痛くなります。
 取り回しに苦労するような感じです。

SOENNECKEN(ゾネケン) 222 ♪

 こんばんは!ちょっとばたばたしており、更新の間が空いてしまいました。その間、ご覧下さった方、申し訳ありません。
 お元気ですか?私は元気にしております♪

DSC03378.jpg 今日は、新しく仲間入りした特別な万年筆を☆
 Soennecken222 赤のリザードと呼ばれるモデルです。("superior"とも書いてあります。)
 以前ご紹介した青竹のようなPonyに続き、2本目のゾネケンです。
 これがまたとても美しいんです☆
 ヴィンテージとは思えないほど、軸の表面は輝き、ぴかぴか。
 リザードの柄は濃い大人のピンクで落ち着いています。
 セルロイドならではの、しっとりした感触に、程よい重み。
 とても使いやすく感じます。

 書き心地は未調整ですが…
 これが、いいんです~♪
 細字ながら、インクフローは良好。なめらかで、引っかかりはありません。
 柔らかすぎないかが気になっていたのですが(Ponyが柔らかすぎたので)、心配無用でした。
 力を加えれば適度にたわみ、気持ちよくかけます。
 力をまったく加えなくても、静かなしなやかさで、頼もしく書けます。

 最近、細字の魅力にはまっている私ですが、このSoennecken222もまた魅力的な細字です! 

 外観に関しては、全体的に、「まるみ」が気に入ってしまいました。
 軸もただの円筒型ではなく、真ん中よりややお尻側が太くなっているよう。
 それに、尻軸の吸入のつまみ部分のまるみ。綺麗に丸められていて、セルロイドをどう処理すればこのように綺麗に…とついつい眺めてしまいます。 
 
 さらに、このペンには逆回転防止機能までついていて、吸入する時は引きながらまわすという高機能さ!
 私はこの機能は初めてでした。

 精巧な印象かつ、つくりがしっかりしているので頑丈にも見え、なかなか頼もしいです。
DSC03380.jpg Ponyと比較してみました。
 やや、222の方が太く、全長は変わりません。

ノート Mnemosyne(ニーモシネ)

 今日はひさびさにノートを。
DSC03364.jpg マルマン ニーモシネ
 自分の記憶力の低下に嘆きつつ文房具店で手に取ったこちら。ついつい購入してしまったのはこの添え書きのせい。

DSC03183.jpgプラスチック製の表紙を開けると印字されているのは、
 『ギリシア神話にはミューズと呼ばれる9人の女神たちがおり、学問や芸術をつかさどっていました。ニーモシネはその女神たちの母で古代ギリシアの「記憶の女神」といわれています。』

20061005120844.jpg マルマンさん、ナイス♪
 記憶用のノートとして、後から見返すものではないのですが、頭の整理のために書き連ねるのに使います。
 中はこのように、10行ごとに太字罫線で仕切られ、7mm罫。
 B5判で80枚、420円。ややコスト高かしら。
 用紙は表面がなめらかな上質紙で、万年筆のインクでもまず裏映りしません。

ブルーのインク遊び

 こんばんは!今日はインクあそびをしてしまいました。
 つい先日、royalblauさんより、一押しののブルーインクをたくさん頂いてしまいました。
 私は奇抜な色も含め、色んなインクを使いますが、ブルーインクの良さを再認識することができ大感謝♪
 ブルーのインクを使うと、オーソドックスだけど静かなブルー色の中に華やかさを見つけられたりして、心が落ち着きます。

DSC03363.jpg写真はroyalblauさんに頂いてしまったインクたち。
 ☆ファーバーカステルのroyalblau
 ☆アウロラのブルー
 ☆パーカーのクインク ブルー
 ☆ウォーターマンのサウスシーフロリダブルー

 早速、以下のチャートを作ってみたり、インクを入れてみたり。
 レビューをしてみたいと思います。
s3.jpgs0.jpg

☆royalblauさん一押しのファーバーカステルのroyalblau。(HNもここからとったそうです)
 淡いブルーで空色に近い。薄いゆえに濃淡が綺麗に出て美しい。ほっとするような色です。ペリカンに似てさらさら。
☆アウロラブルー
 紫がかった力強いブルー。濃くて、主張する色。さらさら感は少ないかな。
☆パーカー クインク ブルー
 やや薄い明るいブルー。少し発光するような不思議な明るさがあります。結構好きです。
☆ウォーターマンのサウスシーフロリダブルー
 紙にふとくインクをのせると明るいブルー。
 文字を書いてみると意外に深みがあり、いい味わい。さらさら。 
 

記念日に…うれしい決まりが出来ました

 こんばんは。今日はちょっと私的な出来事を。
 彼から初めて、筆記具のプレゼントをもらったのです。
 カランダッシュのエクリドール ボールペンとシャープペンシル。
 今週土曜日に買ってもらいました~!

 なんと、結婚記念日の記念品として、これから毎年筆記具をプレゼントしてもらうことになったんです\(^o^)/♪

 もともと、
 どうせ私の趣味なんてわかんないでしょ。
 だから自分の貯金で買う。文句ないでしょ?という可愛くないスタンスの私の万年筆道楽。
 日々クレージーな勢いで増殖し、机上に輝く万年筆を、横目で苦々しく見る彼には、理解など求めていなかったのです。 

 しかし、それは私のふてくされた考えだったようで、
 向こうから、この提案が出てきました。
 「毎年、万年筆を結婚記念日にプレゼントするよ。」と。
 言外には、何十本も増えた頃には、次の世代に譲る、という意味も含まれていたようで、なかなか良いことを言うなぁ、と感動したのです。
 
 条件は一つありました。
 「一生万年筆を好きでいるか」、ということ。
 毎年続けてこそ、増えてゆく万年筆と思い出が折り重なって良い、と思っているようで。
 熱しやすく冷めやすい私ですが、万年筆は多分一生好き!ということで決定♪

DSC03357.jpg まず最初の一本目は、値の張らないものからにして、後から見て、若かったね~と言えるものを、という基準で選択。

 しかし、万年筆で可愛い値段の欲しいものはなかなかない!
 そうだ!スターリングシルバーの筆記具はまだ持っておらず、欲しい。(この時点で万年筆⇒BPに変更。)
 ということで、こちらになりました。 

 本当は予算的には1本分くらいを考えていましたが、私が欲しいのはボールペン。彼が使おうかなと思えるのはペンシル。
 では2本セットにしよう、とあいなりました。
プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。