スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和の古布で、きんちゃく

 縫い物は嫌いです。
 だから、私の家にはミシンはありません。 
 ですが、気分転換に実家で数ヶ月過ごしていた時に、可愛い端布を見つけてしまい、ついつい制作活動に励んでしまいました。
DSCF0096_20070629.jpg

 この下の部分の布、可愛い♡と思いませんか?
 今は亡き伯母が娘時代着ていた着物をほどいた布を洋服にして、その余った布のようです。

 上の部分は、つむぎの一部。ちょっとしゃりしゃりした手触りです。
 つむぎはとっても高価らしいですね。
 だからとってある、というわけではなく、我が実家には捨てるに捨てられない端布がいっぱいあるのです。
 着物は捨てるところがないそうです。どんなに小さなきれはしになっても、こうしていつかまた再利用できるから…。

 その二つを組み合わせて作った巾着です。
スポンサーサイト

着物の布で、ハガキホルダー

 今日は、最近手作りしたものを。
 私は「紙のもの」も結構好きで、旅先ではよくハガキを買います。
 でも、どこにしまったか忘れて、なくしてしまうことも。
 
 そこで、着物の布の端切れでハガキホルダーを作ってみることにしました。
 これでハガキ達も、机の裏などに落とされたまま、気付かれる事無く数年などという可哀想な運命をたどることもなくなるはずです。
DSCF0079_20070628.jpg

 大小の厚紙を布でくるむようにして縫いあわせ、それを二辺で接するようにします。
 一辺はこの写真では、下側。
 もう一辺は左側で、少し余裕があるように××という形で太目の糸でかがります。
 これで完成。

 やや張りのある紬の布地なので、ぱりっとした感じを保てています。
 万年筆は、薄いグリーンの布に合わせて、深緑のタッカウェイです♪
 ちょっぴり初夏らしいでしょ♪

手触りが優しいモルジブのノート

 ものすごーく間があいてしまったのに、あたたかく接してくださって、皆様ありがとうございます!

 久々の投稿はノートから♪

 こちらは、私の趣味用のノート。
 フラワーアレンジメントや、紅茶、お菓子作りなど、ちょっと気分のいい趣味の分野のメモ帳として使っています。

 知り合いの新婚旅行のお土産として、モルジブから買ってきてもらったもの。
 このノートには、いつまでもそんな幸せな雰囲気がただよっているから不思議です。

DSCF00612_20070627.jpg

 そして、万年筆はSoennecken222。
 可愛くって、セルロイドのあたたかさがあって、例えインクを入れていなくっても手に取ると嬉しくなる逸品です。
 明るい彩りが、今の私の気持ちにしっくりきます。
 ということで、添えて写真を撮ってみました。
 
DSCF0065_20070627.jpg ノートの中はこんな感じ。
 いかにも手作りらしい素朴さを残していて、紙質もざらざらしています。
 インクはやや滲みますが、このノートは大らかな雰囲気なので私もおかまいなしです。
 

 そうそう、私には新しい趣味が!
 こういうあたたかい布の手触りを感じていると、「布」そのものが好きなことに気付き、最近「布遊び」をしています。
 カルトナージュ、とか、小物作りです。

 また機会があれば、ご紹介しますね! 

ただいま~!

DVC00056.jpg


 おひさしぶりです。みーにゃです!
 すっかり音沙汰なしにしていて申し訳ありません。
 更新なし、レスなし、どこへも訪問なし、会合参加もなし、で皆様にフラストレーションを差し上げてしまったことでしょう。
 申し訳ありませんでした。

 この半年、私には悲しいことがいくつかありました。
 大事な大事な小さな命を亡くしてしまったり。私を育んでくれた人を失ってしまったり。
 たくさんの悲しみに見舞われて、パソコンからも旧知の知人からも遠ざかっていました。
 ご心配おかけしました。

 でも、もう大丈夫。
 大切な万年筆をかさつかせてしまったりもしましたが、先日、全部の万年筆たちを大掃除。
 やっと潤いを取り戻しました。
 
 パソコンも開き、元通りの時を刻み始めています。
 おいおい、皆様のもとへも伺います。
 今後とも宜しくお願いいたします。
プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。