スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラミーのライム色のサファリ

 ラミー サファリのライム色の万年筆です。

 毎年恒例のサファリの限定カラー。
 毎回買っても使い切れないので意識しないよう、買わないようにしていましたが・・・
 このライムグリーン!これは大好きな色です♪

 通常セット販売されているボールペンは要らないので、万年筆のみをヤフオクで売られているのを見つけ、購入しました。

 手にしてみて、
 軽快なライム色にシルバーのクリップ。
 文句なしに好きです。

 大きな葉っぱと、アフリカの扉。
 サファリっぽさを出してみました。
 

スポンサーサイト

鎌倉成就院の紫陽花たち。

 この八重咲きのあじさい、大好きです。
 おそらく・・・「墨田の花火」だと思います。
 
 園芸店や花屋さんで見るたびに、これいいなぁと思う品種です。
 いつか自分で育ててみたいです。
 清楚で、夜空にひらく花火にそっくり。
 
kamakura2008_0613_155248.jpg 紫陽花はその根付く土壌によって、同じ品種でも花の色が変わるということを最近知りました。
 酸性・アルカリ性で左右されるそうです。 
 リトマス試験紙みたい!

 また、咲き始めは白っぽい色合いで、だんだん濃く色づいていくそうですね。
 ちょっと神秘的です。
kamakura2008_0613_153504.jpg
 少し南国風!?
 青空に映えて、元気色です。

kamakura2008_0613_160113.jpg 最もオーソドックスな花。
 これこそ紫陽花ですよね。
 
 落ち着いた色合いですが、見る場所や時間帯によっては、淡く発光しているように見え、目を奪われます。


 今日は成就院で撮らせてもらった紫陽花を4種アップしてみました♪

機械式時計のお勉強

 時計について、色々知りたいと思っていたところ、友人から借りることが出来ました。
 こちらの本です。ふむふむ・・・

 機械式時計 解体新書―歴史をひもとき機構を識る

 「機械式時計」って?というところから、説明してくれているので、とても分かりやすい本でした。
  おかげさまで聞きなれないたくさんの言葉が意味をなすようになりました。
 「どういう意味だろう…」と思っていた言葉のほとんどは、有名な時計メーカーやブランド名だったようですね。
 構造も分かりやすく図解されているので、完全に理解したわけではありませんが、だいぶすっきりとしてきました。

 ほとんど勉強のように「教本」として読んでいたのですが、ひとつ、心を打たれ、ぜひ実物の時計の音を聞いてみたい・・・と思わせたくだりがあります。
 

 『機械式のアラームは心地よく
  オルゴールのように鳴り響く』
 という章の中で書かれた、
 アラーム付きの機械式時計のこと。
 (↑そんなのあったんだ~!?)
 
 少し抜粋させて頂きます。

鎌倉詣り。紫陽花を愛でに行って来ました。

kamakura2008_0613_155038.jpg 自宅から1時間ちょっとの鎌倉。近いけど、なかなか行かない場所です。
 訪れるのは数年ぶりです。

 紫陽花が美しいと聞くけれど、やっぱり静かな美しさでしょう?
 文京区のあじさい祭り(確か白山神社)には何度か行ったことはあり、綺麗なのは認めるけれど、わざわざ鎌倉まで行く?
 …そんな風に思っていました。

 いやいや~、実際、行ってみたら鎌倉の紫陽花は素晴らしかったです。
 行ったところは、成就院極楽寺
 紫陽花で最も有名な明月院は、同行者は「何度も行ったことある」という理由で外しましたが、成就院は素晴らしかったです!

 境内はこじんまりとしていますが、参道には様々な種類の紫陽花が咲き乱れ、目を楽しませてくれます。
 海を臨みながら、一面の紫陽花を見渡す気分の良さは他ではちょっと味わえません。

 上の写真は、人波が見えないようにカメラを上げて、頭越しに撮りましたが、実際には↓こんな感じ。
 非常に混み合っております。
 

岩合光昭さんの写真展「ニッポンの猫」

 行って来ました!「ニッポンの猫」展。
 私が岩合光昭さんのお名前を知ったのは、割と最近です。

 万年筆談義をしにWAGNER定例会に出かけた本年1月。
 万年筆愛好家にはなぜか「猫派(猫好き)」が多く、時々猫談義に花が咲きます。
 そんな中、たまたま岩合さんの文庫本を見せてくださった方がいらしたのです。
 自然の中、町の中に佇む猫たちに魅かれ、「イワゴーさん」というお名前をしっかり覚えたのでした。
 
 そして、つい最近、私の家の近くで「写真展「ニッポンの猫」」が開催されていることを知りました。
 写真展に行くのは初めて。
 なんとなく、写真は印刷物で見る、という先入観が強くて、ほとんど感心を持っていませんでした。
 ネコ写真じゃなかったら、多分、「行こう!」とは思わなかったでしょう。

 しかし、行って見て思いました。
 やっぱり先入観は悪!ですね。
 大きくプリントされた写真は迫力があって、その時その場の空気まで表現しています。
 ところどころには巨大タペストリーとして布にデザインされたものも掛けられていて、それにも目を奪われました。
 印刷物では目に留めない細部まで楽しむことができて、良い経験でした。

 南から北までのニッポンの猫。
 かわいかったり、凛々しかったり、男前だったり。
 やっぱりネコの姿は美しい!
 笑えたり、美しさに感動したり、楽しいひと時を過ごせました。

 帰りにはちょっとお土産コーナーがあったので、
 ハガキ、クリアファイル、写真集「今日も良いネコに出会えた」、文庫本「海ちゃん ある猫の物語」を購入して帰って来ました。
 上記の写真はそれらをバーッとばら撒いたところです。
 
 下の写真は・・・
 

 



インクカートリッジ、詰め替え用スポイト。自作しました。

 100円ショップって大好きです。
 100円だから…とついつい買いすぎしまうので、足を踏み入れたら最後、毎回1,500円は使ってしまいます。
 ただ、これでストレス解消ができとすれば安いもの。
 安上がりな私です。

2008_0610_130008.jpg さて、ずっと買おうと思って忘れていた「スポイト」買ってきました。
 (100円ショップでは、どうでもいいものを買ってしまい、本当に必要なものは買い忘れる、というのも私のお決まりです)
 5本セットになったもので、これを使用済みカートリッジにボトルインクを充填する道具として使います。 

 つい先日、「ぴったりの組み合わせ、見つけました!パープル系自信ありのコンビ」でJPレピーヌの万年筆にカランダッシュのボトルインクを使っていると書きましたが、コンバーターがないのでこのスポイトを使いました。
 コンバーターを持っていない(orない)カートリッジ式万年筆にボトルインクを使いたい時は非常に便利なんですよね。
 みなさんも自作スポイトをお使いでしょうか?

 このアイテムは、以前、ぱいたんさんから教えていただきました。
 市販されているホビー用注射器を使うのと同じですが、よりお手軽。格安。
 そして、複数作っておいて、各々のインク用にスポイトがあれば、そのスポイトを丁寧に洗浄する手間も省けます。(←ココ、大事ですよね)

 ただ、買ってきたスポイトは、先端が太く、そのままではカートリッジ穴に入りません。
 一つ工夫が必要です。

ペリカンの形をした鋭いはさみ

2008_0530_185249.jpg こちらは、母から譲ってもらったはさみ。
 ペリカンのように見えます。

 手のひらサイズで、小さいのですが、この鋭さ!
 くちばしが尖り過ぎていて、よく見ると時々こわくなります。

 床に誤っておいてしまって、足で踏んで刺さってしまったら…、
 持って走っていて、転んで自分に刺さったら…、
なんて無用な想像をしてしまうことがあります。
 こういうの、杞憂って言うんでしょうね。

 でも、これ、好きなんです。
 羽の彫りこみや、首元から足にかけての細かい細工。
 金と銀の綺麗な彩り。
 上品で良く出来ていて、母に頼んで、もらいました。

2008_0530_185111.jpg 海外旅行の際に買ったのか、国内で買ったのか不明です。
 でも随分前から家にあったような気がします。

 ゾーリンゲンとあります。
 

ぴったりの組み合わせ、見つけました!パープル系自信ありのコンビ。

2008_0610_004006_20080610202518.jpg カランダッシュのボトルインク。
 パイロットのiroshizukuのボトルも大好きですが、甲乙つけがたいほど程好きなのがこのボトルです。
 

 以前、「SOENNECKEN(ゾネケン) 222 ♪」というタイトルで書きましたが、最近は、このインクは出番がありませんでした。
 ゾネケン(スェーネケン)に使うには、新しすぎて実績がなく不安を感じたので、やめてしまったのです。

 でも、とうとうぴったりの組み合わせを見つけました。
 カランダッシュのストームと、JPレピーヌのパープル。  


2008_0610_004516.jpg どうです?
 外観だけでもぴったりでしょう?

 JPレピーヌの万年筆は、小柄でも持ちやすく、バッグにぽんと入れて、よく持ち歩いています。
 以前、ジャン・ピーエル・レピーヌの万年筆 その2 パープルで、その使い勝手の良さと美しさを書きましたが、その後、らすとるむさんにペン先調整をお願いして、よりなめらかに、より上品に仕上げて頂きました。
 
 ただ、黒インクのカートリッジを入れていたので、少し物足りない雰囲気でした。
 数本インクを使い切ったところで、インクを変更することに。

古い切手入れ、戦時中のものでしょうか?

 祖母の持ち物で、使っていない切手が入っていたものです。
 黒い台紙に、エンボス加工で「切手 印紙 葉書入れ」と刻まれています。
 真ん中よりまっぷたつに裂けており、セロテープで留められています。
 これを見た瞬間、思い出しました!

 私が小学生の頃、「これ、千切れちゃったの。みーにゃちゃん、直してくれる?」と祖母に頼まれ、張り合わせたものでした。
 当時、「かくれんぼくん」として売り出していた、やや高価なセロテープ。祖父に借りて、張ったのでした。


2008_0609_215804.jpg あ~あ、こんな適当にくっつけちゃって…と、昔の私自身にため息が出ましたが、まぁ、今の私がやるとしてもそんなに変わらないでしょう。
 どうすればベストな修復だったのでしょうね…☆

 開いたところは、こうです↓。
 工夫されていて、かなり使いやすいように出来ています。

寄木細工のボックス これも古い物です。

 祖母が残した寄木細工の箱。

 中には、見たこともない木製の糸巻きがたくさん入っていました。
 巻いてあるのは色とりどりの刺繍用の糸。
 古くて、手を触れるだけで糸がぽろぽろ途切れます。
 木の糸巻きの側面には、ひとつひとつに祖母の旧姓が書き込まれています。
 女学校時代に使っていたもののようです。

 押入れの奥に、そっと仕舞われていたのですが、ハコラーの私が頂くことになりました。
  ※(箱好きのこと。nagomiさん命名。)
 
 あんまりぼろぼろだったので、実は、もう既に手を加えてしまいました。
 ぴかぴかですよね。
 そう、ニスを塗ってしまったのです。ホームセンターで木製品用のニスと薄め液を聞いて、買って来て、チャレンジです。
 寄木細工に詳しい方が見たら、「ゲ!」と思われるかも知れませんが…
 ここは、わが道を行きます。

 今では、箱が「使って使って♪」と言っているようです。
 もともとは、ツヤは消え、埃っぽくて、薄汚れていたんです。 
 そして、中が問題です。 
 

梅雨入りしてしまいましたね、クレマチスの花です

 関東も梅雨入りしたようですね。
 今、庭ではクレマチスが次々と花を開いていっています。
 写真中央のピンクの花、赤紫の花がクレマチスです。

 少し前に母が作ったフラワーアレンジに、花を挿し込んでみました。
 グリーン中心だったアレンジが、鮮やかに明るくなりました。
 


 草花は好きでも、枯らしてしまいがちな私。
 そんな私の庭でも忍耐強く育ってくれるのがクレマチスです。
 蔓性の植物で、どんどん支柱につるを伸ばし、上へ上へと大きな花をつけてくれます。
 場合によっては、年に2回も花を咲かせます。
 そののびやかさ、つるでフェンスを飾ってくれる愛らしい花の形が魅力で、何種類も育てています。

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。