スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WAGNER定例会で解けました!CON-20への疑問…

DSC_24891.jpg 万年筆愛好家でパイロットの万年筆をお使いの方は、「CON-20」で分かりますよね?
 パイロット社ののコンバータで品番20、50,70とあるうちの一番小さいサイズですが、ここ半年ほど私は「CON-20ってなんなのよ~!キャップレスにもμ90にも使えないよ~」と一人疑問を抱えていました。


DSC_24881.jpg 愛用しているキャップレス万年筆と、パイロットμ90。
 「これに適合するコンバータはCON-20」
 そう聞いていたのに、どうしても入らないんです!刺さらないんです!
 どちらにも…。
 入れても、すかすかしてしまって、これでインクが入るわけがない、という状態。逆さにすればすとんと外れてしまいます。

 思えばμ90は頂き物でした。コンバータもセットで頂いたのに、「入らないな~!しょうがない、インクカートリッジが空いたらスポイトで入れよう…」と、不便な使い方をしていました。
 
 キャップレス万年筆にも、CON-20が入ると聞いていたのに、入らない。
 コンバータがおかしいのだと思い込み、腹立ち紛れにパイロットに詳しい大家Nさんに会った時に「私の手持ちコンバータが変で、キャップレスに使えないんですけど~~」と話し、「じゃぁ、これ使ってみて」と頂いてしまったことも…。

DSC_2491.jpg さて、頂いたもので試すも入らない。もう、頭にきた!もうカートリッジ詰め替えでいくからいいも~ん!とちょっとぐれました。

 左の写真は、カートリッジとCON-20。
 長さも径も若干違いますよね。

 そして、 6月21日のワグナー定例会@恵比寿へ。
 その日は、これを聞こう!と、キャップレスとμ90を携え、意気揚々と出かけました!

 何人かに「ほら、これ入らないんです!」「ほら~、これ変なんです。そもそも口径が違うようですよね~」と言っているうちに、パイロットに詳しいN様登場!
 待ってました~!!とばかり、捕まえました!!

 事情を話して、万年筆とコンバータを渡すと…
 「ん~!?なに、入らない?どれ、貸してみ。はい、ほら。…どこがおかしい~?ちゃんと入るじゃない~?」と一瞬で装着完了☆

 ええ~!?そんな簡単に装着できちゃった??と逆に青くなる私…。
 そんなはずは…と、それを受け取って、一気に引っこ抜こうと、渾身の力を出そうとしたところ…

 「こらころ~力任せに引っ張るんじゃないよ~!!まず、そのままで水を入れてみなさい。みーにゃさんは乱暴なんだから~」とのお声。
 そうかそうか、と今度は顔を赤くしながら、水を取りに行きました☆
 無事吸入もできましたよ。。

 どうやら、コンバータを首軸に差し込む時に、最後にきゅっと力を入れて押し込む、このコツがつかめていなかったようなんです。
 やさしく、キュッと!
 同じようにCON-20でお困りの方も世の中にはいらっしゃるかも知れないので、書いてみました。
 

DSC_2500.jpg キャップレスにさしたところ。
 コンバータの向きと、ペン先の向きを揃えるとすっきりしますね。

DSC_2492.jpg μにさしたところ。
 結構デザインも素敵です♪

 半年に及ぶ疑問解決で、胸がスッとしました。
 意義ある定例会参加でした♪
 

スポンサーサイト

万年筆を楽しむ会へ行こう!WAGNER定例会!

01.jpg 今週末はWAGNER定例会ですね~。皆様のご都合はいかがですか?
 私はちょっと予定が立て込んでいるのですが、是非顔を出させて頂きたいと思っています♪

 写真は日興エボナイトさんの、加熱前のエボナイトと完成品のエボナイト万年筆。 
 あまりに綺麗だったので、見学に伺った際に撮らせていただきました!
 くんくん…とっても、香りがしますが、私は好きですね。天然素材だけにいやではないのかも知れません。


03.jpg うちの卓上刃物セット。
 手前はもちろん、StyloArt軽井沢の数野さんの作品。
 去年の秋に青山で開かれた展示会へ行った際に、母が気に入って購入したものです。

 替刃は小ネジを外して取り替える必要がありますが、手に馴染みとってもいい感じ☆
 母の愛用品です。 


02.jpg これは多分、ケヤキとサティーネの組み合わせのもの
 ケヤキは木目がとっても綺麗で、多種多様。
 このカッターにはさざなみのような綺麗な模様が出ています♪

 大ぶりで持ちやすく、作り手の愛情が伝わるカッターです。

 トレイの上には、他にシルバーのペーパーナイフ、古いハサミ、鶴型のミニハサミなどが入ってます。良い品物に囲まれていると落ち着きます…☆


最近気になるもの。

DSC_0003_20090618212538.jpg 最近、気になるもの。




dainagon2.jpg 1.木のまな板です。

 これは実家のブレッド用のまな板。
 イギリスのアンティーク市で買ってきたそうで、古くていい風合い。

 周りに簡単な彫刻がついていて素朴です。古いけど、清潔。
 硬くて、パン切りナイフでガシガシ切っても大丈夫。

 私が大学生の頃、母が父との旅行で買ってきたものだから、もう10年以上うちに居ますね。
 私もそのままテーブルに出せる、良いまな板が欲しい~♪



dainagon3.jpg 2.大納言コロン。

 オーガニックマーケット「マザーズ」に入っているベーカリーの特製パン。
 もっちもちしていて、素朴な甘さが最高☆

 しばらく存在を忘れていたけど、再度はまりました♪全部一人で食べたいくらい好きです。
 
 切るときにゴマが飛び散るのが難点…と思ったら、良く研いだ包丁で切ったら、散らなかった☆
 やったぁ♪



桃屋の「やわらぎ」風、出来ました!&洗浄液

DSC_0148_01.jpg マジェステイさんに教えてもらった桃屋のやわらぎの作り方。↓

「豆板醤とニンニク、辣油と醤油で炒めると、あ~らっ不思議、桃屋の『江戸紫』じゃなかった!(すいません、ブログ違いです(・ω・;)(;・ω・))、『やわらぎ』の出来上がりで~す一度お試しあれ辛い物好きなら病み付きになる事請け合いです!」

 やってみました~♪
 大量の竹の子がある時に、竹の子の良い部分を使ってどっさり作りましたが、とっても美味!
 フライパンいっぱいのやわらぎ!幸せな景色です。
 それで、この写真?

 祖母の豆小皿。
 しっとりとした質感で、やわらかい桃色と静かなつやめきが綺麗。
 美味しいものをちょっとだけ乗せてみたいと思っていたもので、やってみました。

 作り方を教えてくださった、マジェスティさん、ありがとうございました~♪


 そして、↓文具ネタ↓も合体させてしまいます。どんな組み合わせなんだか…
 最近、ホント一人でバタバタしていて、書きたい事はいっぱいあるのに時間が足りません。なに走り回ってるんだか…空回り中。
 皆さんのブログもいつも読み逃げしてます。済みません☆

 先日購入したコチラ。
 2年前からいつも買おう、買おうと思っていて、何故かご縁がなかったものです。

DSC_1347.jpg ロットリング洗浄液です。
 
 万年筆の洗浄、特に長期間付着したインクの汚れに効果があると言いますよね。
 その実力を試してみたくて、ようやく購入してみました。
 
 これは、濃縮タイプ。
 そのまま使うタイプもありますね。

 詳しいM氏に聞いたところ、「あ、そっち行っちゃった~?」という一言目。
 あれ、間違った?いや、そういうことではないようですね。
 水で希釈すれば同じはずでも、人によっては好みがいろいろある、ということです。
 表示どおり薄めても、比較すると一方がやや濃いとか。(マニアック!)
 それに水といっても水道水がいいのか、精製水がいいのか迷う点もあるとか。(超マニアック!)

 大掃除してあげたい万年筆がいっぱいあるのですが、ちょっと怖気づいてます。
 効果抜群というだけに、「つけっぱなし」などしないよう、ちょっと落ち着いてから使ってみようと思います☆
 使ったら、レビューしますね~!

丸善へ。気持ちよく書ける便箋と出会いました。

DSC_1141.jpg 初めての丸善オアゾ店。


DSC_1143.jpg ちょっと時間をつぶす用事があったので、立ち寄ってみました。


DSC_1348.jpg 買ったのはこちら。
 丸善の便箋(ライティングパッド)6000番。写真の後ろの方です。
 ちょっとややこしいですね。
 手前が非売品のメモ帳。
 
 どうして、非売品のメモ帳があるか、というと…

 私は丸善ファン。
 Yakumoさんからその魅力を聞き、丸善 アテナ・ザ・ペン クロマ を購入したのがきっかけ。
 
 それ以来、メルマガも愛読するようになって、懸賞で商品券を頂いたこともあります。
 丸善は好きなところである上、ご縁もあるようです☆
 今回は、アンケートに協力したことでお礼としてこの非売品が送られて来ました。

 そのメモ帳があまりにも書き心地がいいので、便箋も欲しい!と買うに至ったわけです。

 レトロな雰囲気の表紙に、さらりとした表面のノート。
 9mm罫は程よく使いやすいですね。
 171mm×222mmの大きさで、100シートあり347円!
 結構お値打ち価格だと思います♪

 開いたところがこちら。

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。