スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペントレでペンクリ!生まれ変わった万年筆たち☆

 こんにちは!

 去る3月某日!行って来ました♡ペン・トレーディング!
 ちょこっとずつ明かしていますが、実は【WAGNER】というすごい万年筆同好会に入会させて頂き、その活動の一環たる上記のイベントに顔を出させて頂きました。
 私が気軽に参加するにはあまりにも本格的な面々!ということに後から気付いたのですが、そこは皆様懐が大きく、気後れする事もなく、楽しく参加させていただきました! 
 ※活動については、こちらこちらを参考にいただきたく♪※

 初日の夕方伺ったのですが、白金台のその会場は煌びやかな万年筆たちで満たされていて、うっとり
 そして、人、人、人・・・ものすごい熱気。
 明るい雰囲気で満たされていて、すぐに馴染ませて頂きました!

 それというのも、事前に参加表明を上記掲示板にさせて頂き、このブログに顔写真を敢えて貼っていたため、みなさん気軽に声をかけて頂いたからこそ
 こんなにありがたいことはありませんでした

 そして、この会へ誘っていただいたaurora_88さんのご紹介で、まずは主催者のたこ吉さんにご挨拶をさせて頂き、早速ペンクリニックをお願いしました
 たこ吉さんは、白衣をお召しになっていて、本当にお医者さんみたい☆
 雑誌で拝見したイメージとは全然違い、やわらかい笑顔が素敵な方でした。
 私が取り出したるは、カトウセイサクジョのペン! 
(実は無知だったのですが、貴金属でないペン先は「鉄ペン」と呼ばれ、そうそう、敢えてペンクリニックを施す程のものでもないみたいですね、ごめんなさい!)
 鉄ペンにも拘わらず、快く受けて頂きました!

 で、びっくりしました!
 ペン先を厚手の布のようなもので包みながら、ずぼっ!
 あっという間にペン先が抜けました。
 実はペンクリニックというのも初めてだったので、ビックリしました。
 後は、本当にあっという間!
 ペン先のインクを流れやすくして頂いたようで(肝心のソコはどうやっていたのか早くて!分かりませんでした!)、後はうすーいぺらぺらの用紙片で8の字を書いたり、不思議な文字を書きながら馴らして・・・
 「書いてご覧!」と言われ書いてみると、驚き!!
 あれほど堅いと感じていたペン先がウソのよう。インクが心地よく流れ、滑らか。カリカリした感じも消えてしまいました。
 その職人技に驚くばかりでした。
 
DSC00447.jpg こちらが、その時修正頂いたペンです。
 買った当初、インクが出にくくて振ってしまったのがウソのように、潤沢なインクの出です!
 セルロイドの茶色の縞なのですが、少しグリーンがかった外見なので、兼ねてから使いたかったプライベートリザーブのAvocadoを入れて、使っています。
 この書きやすさ、なんなんでしょう!?
 もう、ペンの価値が10倍以上上がってしまった感じです。
 素敵♪  

 ちょっと写真が見にくいのでもう一枚!⇒DSC00447.jpg

 そしてもう一方、すごい方がいらっしゃいました、同じく白衣を召されたらすとるむさんです。
 私は、雑誌で記事とお顔を拝見していたので、感動!
 ご挨拶させていただくとすぐにあたたかい表情で迎えてくださりました!
 で、私がお渡ししたのは、通販で購入したペリカンM405です。
 使い心地は悪くないのですが、ペン先が細くインクの濃さに物足りなさを感じていました。
 これまた、なんという早業でしょう!
 「もうちょっと、インクが出るといいのかな~」とルーペで覗き、ちょちょっとペン先を触ると・・・・もう終わっていました!
 ええ~!もっとちゃんと見てれば良かった~!
 「これでどうですか?」と渡されて書いてみると・・・思わず満面の笑みが出ました!これはすごい!
 これまた滑らかで、摩擦がほとんど感じられません。
 もう不思議で不思議で。。
DSC00449.jpg こちらが、そのペンで書いたものです。
 フルハルターで作ってもらったものに勝るとも劣らず、素晴らしいペンになりました!
 修正前のか弱いペンとは別物に生まれ変わっちゃったみたい!!
 それもこんな一瞬で・・・!もう、本当に素敵な経験になりました。
 
 それから、ルーペでどうご覧になっているのだろう・・と不思議に思い、見せていただいたのですが・・・あんまり良く見えませんでした。
 焦点が合わないというか・・そう、私は遠視気味なのかも知れません。早っ!
 いえいえ、ひどい近視でレーシック手術をしたのですが、そうするとやむを得ず遠視気味になるらしいです。
 
 もとい、万年筆の話ですが、ペン先の柔らかさと、インクの出がいいことは別物なんですね。
 意識した事もなく、知りませんでした。
 インクの出がいいと、柔らかいと感じるもののようです。
 らすとるむさんからは、現在の万年筆はペン先の金属の作り方は、鍛造ではなく鋳造なので圧延方法の違いのため※、伸びやかさがなく、どうしても固くなってしまう・・・、30年、40年前のもの万年筆の方が、ペン先が柔らかく書き心地が良く、その柔らかさを現代モノでも出せるように日々研究を重ねている、ということをお聞きしました。
 これが、フルハルターの森山さんもおっしゃっていた、「古いものの方が柔らかくて好き」ということの真意かぁ、と理解しました。
 なるほど~。

 そして、このお話が、私の興味がビンテージものにも湧いてしまう始点となっちゃうのですね~。(この湧いた興味についてはまた後日!)

 ※勘違いがありましたので、一部加筆修正しました!ご指摘頂きありがとうございました!一部、そのまま使わせていただきますね!m(__)m
 詳しくは、
 昔 :手作業により(金槌のようなもので叩いて)縦横2方向の圧延
 現代:ロ-ラー圧延機による縦方向のみの圧延
 ↓
 よってその製法から、金地金自体のバネ性の違いが出てきます。
 昔のペン先はバネ性が有りますから曲げても元に戻りますが最近のペン先は曲げると曲がったままで戻りません。
 それで厚いペン先ばかりになった、ということだそうです。
 お蔭様で、勉強になりました…(*^-^)!※



 嬉しかったのがもう一点!
 たまにひっかかる感なくもない、このブログでも何度か書いている父の万年筆(モンブラン146)も見ていただこうと、お渡ししました。
 らすとるむさんは、さらさらと書かれると、「あれ?どこ引っかかります?これはいい~!」と笑顔でおっしゃいました。
 すると周りの方々は、口々に「146?14C?」と仰いながら、試していただき、皆さん「これはいいじゃな~い」と。
 「これが例の『お父さんの万年筆』?」と覚えていて下さる方もあり、嬉しくなりました(*^-^)!
 確かに、フルハルターでもオーバーホールに出しただけで、「修正の必要ないんじゃない?」と言われていたものでした・・・
 私の感覚の悪さの言い訳をしますと、私は藁半紙のような悪い紙に書く際にちょっと引っかかるかなぁ・・と思っていたんです。
 でも、これでお墨付きを頂き、この146はそのまま使えるんだ!V(○⌒∇⌒○) ルンルンな気持ちでした。
 なんか癒されちゃった感じです♪

 そして、このブログにも訪問くださった298さんには、大変ありがたい事をしていただきました。
 298さんは、私にとっては【WAGNER】の掲示板で自己紹介をする前からこのブログにコメント頂いたりした「なぞの方」だったのですが、会場でふらふらしているところを、お声かけ頂きました。
 「どういう万年筆をお探しですか?」と。
 そう!私は柔らかくてちょっと豪華な雰囲気のあるペンを探していたのです。
 そう答えると、周りの皆様に「私は柔らかくてちょっと豪華な雰囲気のあるペン、お勧めありますか~?」声をかけてくださって、親切な皆様はご自分の愛用の一品をそれぞれペンケースから格好良く取り出すと、私に書かせてくださったのでした~♪
 なんとありがたい!
 その皆さんのペンは、ゴージャスでそう手に入らない特別なインクの入ったすごいペンばかりでした。
 試し書きだってもちろん、特製の用紙で!
 近くに座らせていただきながら、試した数々♪
 なんと楽しいことでしょう。どれも滑らかで最高の状態を保った、皆さんの自慢の品ですもの・・・。
 目移りするほど、素敵でした。ずっと書いていたいほど、手にしっくりくるものばかりでした。

 御礼を述べるには遅すぎる記事ですが、この場で改めて御礼申し上げます!
 温かく接していただいた皆様、ありがとうございました!

 実は、これ位の量の文章は容易く書けるほどの充実した経験ですが、会場にいたのはものの2時間程度。
 また、改めて会には5月以降参加させていただこうと思いますので、今後とも宜しくお願いしますね!

この記事へのコメント

- 298 - 2006年04月11日 22:44:24

ふふふ びっくりされたでしょう? 皆さんの熱気・情熱。 朝から見ていた私もあきれるくらい皆さん楽しんでましたね。 ペンクリもしていただいたようで良かったですね。 (笑)

管理人のみ閲覧できます - - 2006年04月12日 14:58:32

このコメントは管理人のみ閲覧できます

298さん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年04月12日 22:09:14

 コメントありがとうございます!
 ええ、心から楽しんでる方々ばかりで、熱気がすごくても爽快感すら感じました!
 おかげさまで、初ペンクリも経験でき、楽しい思いをたくさんできました!
 ありがとうございました~!

- ぱいたん - 2006年04月12日 23:48:56

みーにゃさん、こんばんは!
コメントありがとうございます(^^)/

ペントレ堪能できたようで、よろこびがあふれる記事に、こちらまでうれしくなっちゃいますぅ♪

それにしても、いきなりヴィンテーヂ!
さすがです。
それもこれも先達たちのおしえあればこそ???

- 和太郎 - 2006年04月13日 01:25:18

先日は、マイブログにお訪ねくださりありがとうございました。
ペントレでは、お目にかかれませんでしたがとても楽しまれたようす、なによりのことでした。
これを機会に、万年筆の「高みに堕ちる」こと、請け合います。(笑)

- まとりっくす - 2006年04月13日 18:00:30

ペントレの熱気はすごかったですね
僕も参加しましたよ

146お持ちなんですね
ビンテージの146はいいですよー
特に1950年代が・・・と宣伝しておきますw

ぱいたんさん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年04月13日 18:44:30

お越しくださり、ありがとうございます!喜び伝わってます~?良かった~♪
そうなんです、思い出しただけで、楽しい気分になりました!

もちろん、先達のお導きによってです~!入り口まで連れて行ってもらった、というところでしょうか。

和太郎さん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年04月13日 18:47:37

いえいえ、どういたしまして!

ええ、もうすっかり楽しみまして♪
堕ちた・・・かも知れません(^▽^;)
凝り性ではありますが、ハマったり、収集癖は今まで全然なかったんですけどね・・・自分でも不思議です。。

まとりっくすさん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年04月13日 18:51:18

やっぱりメンバーの方なんですね、お名前はどこかで拝見したなぁと思いつつ、昨日気付きました!
では、いつかどこかで・・(*^-^)♪

50年代のビンテージ146ですかぁ。
同じ146を所有して書き比べるのも楽しそうですね~!
これから、徐々に啓蒙を宜しくお願いしますね!

TBありがとうございます - どーむ - 2006年10月14日 01:03:41

TBありがとうございます。
WAGNERも参加させてもらいたいと思いつつ、東京となるとなかなか足を運ぶ事も出来ず未だに参加できずにいます。

今回も静岡から東京へ行こうかとも考えたのですが、名古屋で用事が出来てしまい現在名古屋の実家です。

どーむさん、本拠地は・・・ - みーにゃ - 2006年10月15日 10:46:08

関東ではないのですね。
なんだかブログを拝見していると、毎日違う所にいて、わけわからなくなってきました。
どちらなのかしら・・・。

いつかお会いできる日を楽しみにしています!参加する時には是非教えてくださいね♪

この記事は、私のWAGNER初参加!かたくてインクの出が良くないストレスフルなペンが、激変してい~い感じのものになった感動☆の体験を綴ったものでした♪

承認待ちコメント - - 2013年10月07日 16:22:04

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年10月19日 12:46:23

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年10月25日 19:08:53

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年10月26日 02:51:58

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント - - 2013年10月26日 15:30:11

このコメントは管理者の承認待ちです

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。