スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティータイムにおもてなし

 昼下がりのお客様。
 滞在時間はわずか。でも、なるべく寛いでもらいたい。
 かたくるしいわけではなく、でもちょっと改まった雰囲気。

 私には難しいおもてなし。

 でも、母には容易かったようです。
 こんなセッティングをしていました。

 
2007_0911jinya0035.jpg 漆の盆でひとりずつ。
 お抹茶と栗の和菓子をお出しします。

 その日のフルーツは、旬の色とりどりのぶどう。
 ミニおしぼりも添えておきます。


2007_0911jinya0033.jpg そして、アンティークのバカラのリキュールグラスには、なんと金平糖。
 “こんぺいとう”なんてひさしぶり♡
 なんとも可愛い感じです。 
 

 本当は、フルーツやお茶が入った食卓も撮影したかったところですが…、接客に精一杯につき私には無理でした。
 和やかな雰囲気で、話もはずみ、楽しいひと時を過ごしていただけたようです。


2007_0926aki0007.jpg こんぺいとうに興味津々で近づいてきたアシュラ君。
 食べられないし、やっぱりつまんないや。。と、ふて寝してしまいました。


この記事へのコメント

楽しそうですね - royalblau - 2007年09月26日 21:04:02

これは素敵なおもてなしですね。
お茶もお菓子も美味しそうです。
この様子を見て感じたのですけど、お母様は裏千家でしたっけ?
以前、聞いたことがあるような気もしますが、忘れてしまいました。

アシュラ君の表情も良いです。

royalblauさん、ありがとうございます - みーにゃ - 2007年09月27日 00:52:14

おおげさなものは出していませんが、ちょっといい感じかなぁと思って載せてみました。

母は本格的にはお茶は習っていないんです。
祖母が裏千家で、教えられたのでちょっとはたしなんだとは思うのですが…。見よう見まねです♪

アシュラ、いいでしょう?
「こんぺいとうなんて、つまんないや」と言ってそうです(*^-^)

それでわかりました - royalblau - 2007年09月27日 01:38:46

見た感じ、“お裏さん”の印象だけど、いわゆる茶道とは違うかなと思っていました。
“表”では、絶対にありえない光景です。
でも、自己流にアレンジして、これはこれで良い感じだと思います。
本当に楽しんでいるな、ということが伝わってきますので。

今回のアシュラ君、私の中では最高のネコ写真ですよ。

royalblauさん、ありがとうございます - みーにゃ - 2007年09月28日 00:24:45

書き忘れましたが、これは茶道じゃないです!
おもてなしの飲み物として抹茶を、それも抹茶オレをお出ししただけですよ~♪

お客様と自分達が楽しい時を過ごせればいいかな、と思っています。

わーい!アシュの写真、お褒め頂きありがとうございます☆

- どーむ - 2007年10月02日 00:26:03

カッコいい!
さりげなくこういうことが出来るのはお母様のセンスが出てますね。面倒なこと嫌いなウチの家族にはできんなぁコレは。。。( ̄▽ ̄;)

お菓子大好きです - ARRI435 - 2007年10月05日 17:27:30

20数年前、当時勤務していた仕事場
の広尾のアンナミラージュかな
パイを端から端まで毎日一個ずつ
食べていたことを思い出しました。
何回も食べたなーでした。
そーあの店員さんのユニホームが気に
なって行ったかもしれません。
でした

どーむさん、お返事遅くなっちゃってごめんなさい! - みーにゃ - 2007年10月07日 00:21:54

ありがとうございます!
そうそう、面倒といえばそうですね。仕舞うのも出すのも。
でも、それを言ってはいけませぬ~!

ARRI435さん、こんばんは! - みーにゃ - 2007年10月07日 00:25:03

アンナミラーズですか!?
それは、制服目当てでは~\(◎o◎)/!?
(o¬ω¬o)アヤシイですね♪

でも、女の子はミニで可愛いし、パイは美味しいし、お店は近いなら、それは通わない理由はないですよね~!

私も甘いものは大好きです☆

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。