スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、ビンテージ店へ!

 こんばんは!
 先日の記事にはたくさんのコメントをありがとうございました!

 今日は、これまた少し前の話ではありますが、ビンテージの入り口まで連れて行って頂いたお話を。
 (マイペースなもので、時間感覚がずれておりますがご容赦を)

初めてのユーロボックス訪問記

 正確に申しますと、連れて行って頂いたというより、行く日時を伺ったので、とことこついていきました!このブログで頻出するお名前、aurora_88さんの後をです。
 「銀座のビンテージ屋さんに行きます」ということだったので、進んでいない勉強をどうするか一瞬迷いつつ、翌日にはお返事を。
 そして、平日の夕方連れていって頂いた先は、「ユーロボックス」さんでした~!
 おおぉ~!雑誌や、「万年筆の達人」にも載っている~!!

 関東大震災でも倒壊しなかったというそのビルの中は、優雅な階段、レトロな雰囲気。トコトコ階段を上って、一室に入ると・・
 おお~、濃密な空気・・・!
 そして、たくさんのお客さん。
 平日夕方にもかかわらず、カウンターに並べられた万年筆のトレーを食い入る様にお客様方が♪
 そう広くない部屋を囲むガラスケースには、ぎっしりと万年筆が。
 胸がときめいちゃいました!

 そして、aurora_88さんは私の想像通り、お客様みんなとお知り合いで、店主の(というより、私のイメージではマスターっていう感じ)藤井さんにもご紹介いただいたのでした。
雑誌掲載の写真で見るより、気さくな感じで更に知的な印象のある素敵な方ですね~。スマート!
 その日、お客様が多かったのは店主の仕入れ帰りの初日だったからそうです。(それを把握しているaurora_88さんが凄いと思いました!)
 初めての場所ではありましたが、皆様の和やかムードで居心地がとってもいいお店でした。
 
 勧められるまま、カウンターの前に座らせていただき、色々試し書きをさせて頂き、無意識のうちに1本買わせていただきました!
 へ~んな言葉ですが、なぜか買うことになった、という感じです。
 そもそも、何も分からず何も欲しくなくの訪問だったはずなのですが(まずは興味しんしん、見てみたかった!という気持ちが大きかったのです。)、色々見ているうちに、欲しくなり、ペリカンの茶縞400を購入。
 きらきら綺麗なんですもの~!
 
 同じ、茶縞でも年代の違うものもたくさんあり、ちょっと迷いましたね~。。
 だって雑誌では見ましたが、実際には初めて見るものばかり!何度も「これはいつの時代でしたっけ?どっちが先のシリーズでしたっけ」って同じ質問をしちゃいました・・・
 aurora_88さんはもちろん、隣の方もいろいろ教えて下さり助かっちゃいました!
 結局、藤井さんに頼り、一番状態の良さそうな、中でもペン先の柔らかそうなものをチョイス!
 調整前で、書き味はざらっとしていたのですが、このお店に限っては、今の書き味で選ぶのではなくモノ自体で選択したほうがいいそうです。調整後は絶対安心だそうですから♪
 調整して頂き、受け取れるのは1ヵ月後!
 その日を楽しみに、ちゃっかり「万年筆の達人」にサインを入れて頂き帰ったのでした♪
  
 ビンテージってなかなか素敵そう♡と思えた、貴重な体験でした!

初めてのシェーファー スノーケル  
 
 そしてこちらは、Sheaffer Snorkel!

DSC03125.jpg つい先日ネットオークションで購入したものです!
 (参考価格:約8,000円)
 こちらは、「シュノーケル」というのを聞いた事があり、どんなものか興味がありましたし、お師匠様の得意分野というのを目にしましたので、多少難アリ品でも「私は一人じゃないんだ!」と勝手に大船に乗ったつもりで、入手しました。(まぁ、図々しい!) 

 イメージどおり、とっても優美なペンで、すっかり気に入っちゃいました!
 細身の黒で、薄い上品な金色のキャップがよく映えます。
 Made in USA とありますが、フランスっぽい雰囲気です。
 ペン先は金と銀のコンビで、ラインがとっても綺麗!

 さて、使ってみよう!
 インクは、シュノーケルですので、ペン先の裏からせり出てくる「とんがった部分」を瓶に刺して吸う、ということは知っていましたが、それ以上は??
 これには、かなり苦労しました。
 出てきた「とんがった部分」が何故か引っ込まなくなったり、指で無理矢理押し込もうとして指が痛かったり、今度は出てこなくなったり。
 荒っぽいもので、ペン尻を思い切り引っ張った時には内部でガガッと音がしたり、一瞬、「これ壊れてるの?」と思いましたが・・・何とかインク吸入できた時には30分も経ってた・・・。
 最初からマニュアル探そうよ・・って感じですが・・・

DSC03122.jpg で、書いてみると・・・
 なんとも滑らかではありませんかぁ♪
 しなやかで、見た目にも美しく、使っていて楽し~い!
 とっても柔らかい書き心地です。
 それに、習字のように、線の太さ細さの表現力があるような気がします。
 うん、好きな一本です。 


 良いお買い物だったみたいです!
 但し、前主は「インクの吸い込み量が少ないよう」、と言っていて、このまま使って平気なのか、修理した方がいいのかは判断つきません。
 「2本の筒の間から、空気が漏れているのではないか」とのこと。そのイメージすら出来ないので、少しずつ勉強してみます。急ぐこともないですから♪

 ちなみに、どんな年代のものか興味があり、少し調べてみました。
 ここに載っているものでそっくりなもの「Sheaffer Snorkel Crest Black Pen 」には「1952~1959」とありましたので、大体その頃なんでしょうか。
 ペンキャップの、4本組の階段状のラインがめぐらされているあたりも同じです。
 少々くたびれた感じがするものの、そんなに古いものにはとても見えません。
 きっと色々な方の手に渡りつつ、大切にされていたんでしょうね。
 何だかぬくもりを感じ、すっかり愛着がわいています♪

 もし、ご存知の方がいらしたら、教えて下さい。
 インク吸入の際、軸を引いたときにインクが入るのか、軸を押し込んだときにインクが入るのか。
 ゆっくりやった方がいいのか、勢いをつけて素早くやった方がいいのか。
 一応、マニュアルのあるサイトも分かったのですが、正確に解読できません( p_q)・・・

この記事へのコメント

- 298 - 2006年04月14日 21:28:35

お゛お゛~♪ ユーロボックスにネット購入・・ですかぁ?? アセアセ!! ところで、手が肥えていくものらしいので、今までの差よりも僅かな違いを認識・堪能できるようになるともっと楽しいんでしょうね!! 今、ペントレでみなさんに見せていただいた逸品を再度試したらもっと味わいがよくわかるでしょうね。

298さん、おはようございます - みーにゃ - 2006年04月16日 09:39:12

コメントありがとうございます!
いえいえ、ものの1ヶ月じゃ鍛錬が足りないと思いますよ~!
でも「手が肥える」っておもしろい表現ですね♪なるほどと思いました!
ええ、是非また試させていただきたいです、みなさんのペン!
v-274

シュノーケルの吸入について。 - らすとるむ - 2006年04月18日 18:39:12

こんばんは。み-にゃさん。

シュノーケルやタッチダウン式などのプランジャー系の物は尻ノブを押し込んだときにインクが吸入されます。勢いあまってペン先にダメージを与えたり、インク瓶を倒したりしないように、ゆっくり押したほうが良いと思います。機密性が充分なものはゆっくりでも入りますが・・・シールドが甘いものはどうしても早く押してしまうものです。注意が肝心です。
これは、あくまでも私の想像なんですが・・・内部でどんな事が起こっているのかと考えますと。まず尻ノブを押すと内部の空気が圧縮されてその結果ゴムチューブを収縮させます、最後に圧力が最大ななったときに内部の空気が排出されて内外の気圧差が無くなり、結果的にゴムチューブがインクを吸いながら元の容積に戻るのでは無いでしょうか。ご存知の方は教えてください。

- ぱいたん - 2006年04月18日 21:54:19

みーにゃさん、こんばんは!

Pen World の最新号に、シュノーケルの特集記事 Snorkel--The James Bond of Pens が掲載されていますよ。しかも、4ページも!

ご参考まで(^^)/~

らすとるむさん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年04月19日 02:28:33

わ!教えてくださり、ありがとうございます。
「押し込んだ時」ですかぁ!
実は前主(オークションの出品者)に確認したところ、「引くときに注入」と教えてくれましたが、どうも変だな・・・と思ってたんですよね。

やり方によっては、たくさん入ったり、ちょっとしか入らなかったり、やっぱり調子が悪いからかなぁ…と思っていましたが、、ナットクです。
インクからペンを放すタイミングが早い時にちゃんと注入できなかったようです。

機構のご説明、何となく分かったような、分かっていないような?!
スノーケルはよく聞く「プランジャー式」と同じ原理なんですか!
勉強します♪
ご指導ありがとうございます。

なんと言っても、ティッシュ不要のお手軽さが気に入ったので、何とか使いこなしたいのですが・・・。

ぱいたんさん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年04月19日 02:32:50

ぺ、ぺんわーるど?
初めて聞きました。

海外の雑誌も目を通されているんですか?
ぱいたんさんは情報が早いし、文化的と前々から思っていましたが、国境関係なしに勉強されてる?
うーん、すごいです。

でも、その雑誌、見て見たいです。
情報ありがとうございます♪


- ぱいたん - 2006年04月20日 00:46:46

みーにゃさん、こんばんは!

Pen World は日本でも購入可能です。
万年筆屋さんや、銀座の伊東屋さんでも買えますよ!
要チェックです♪

ぱいたんさん、ありがとうございます! - みーにゃ - 2006年04月22日 00:31:49

わぁ、万年筆屋さんなどに置いてあるものなんですね!?
気をつけて見て、あったら購入してみます♪
教えてくださりありがとうございます!!

- pelikan_1931 - 2006年04月28日 23:52:27

インク吸入量が少ないのは、筒の尻軸側についているOリング(おーりんぐ)が劣化している可能性もあります。5月以降のWAGNERにお持ちくだされ。ネジが錆びて動かない状態でなければ一瞬で修理終了です。

pelikan_1931さん、ありがとうございます - みーにゃ - 2006年04月29日 21:24:28

こんばんは!ありがとうございます。
そう言って頂けると助かります♪
Oリングというですか!!

使っているうちに、さらに調子が悪くなりつつあります。
(スノーケルがうまく引っ込まなくなったりします…そうするとペン先を遮るので、使えない…んです。)
是非、一度見てくださいね!

トラックバック

どーむの出張日記 &○欲日記 - 2007年06月27日 23:21

シェーファー クレスト シュノーケル(Sheaffer Crest Snokel)

[[attached(1)]]= みーにゃさん復活記念(笑) =シェーファーの代名詞とも言える吸入機構を備えたペンですね。ぱっと見には特に変わったペンには見えないと思います。でもキャップを外して尻軸を反時計回りに回すと、なんとペン芯から管が出てくるんです。実はこの管はイン

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。