スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほっと一息、アロマテラピー。

0801130048.jpg こちら、相当のお気に入りです!
 私はアロマテラピー大好き。
 エッセンシャルオイルの優しい香りはもちろん、アロマポットのふんわりした明かりが目を癒してくれます。
 アロマポットにもいろいろな種類があります(キャンドル直火タイプ、コンセント直差しタイプなど…。)が、今一番のお気に入りがこのポットです。
 
 アロマランプ シルクロードという商品で、白い陶器で作られていて、明かりを灯すと透かしが綺麗に映えます。
 そう高価なものではないのですが、とてもよく出来ています♪
 (岐阜の方の工場で作られているもののようです。)
 
 使い方は簡単。
 トップの小さいお皿に少量の水とオイルを数滴たらすだけ。
 すぐにふんわりと良い香りが。うーん、癒されます。

 私のお気に入りの香りは、
   癒し系:ラベンダー。
   頭すっきり系:ローズマリー。
   爽やか華やか系:ローズウッド。
 大量に使うものは、アメリカの通販(ばっちり日本語!)で買っています。
 サプリメントをメインで扱っているお店ですが、どうしてこんなに、という程、量と値段が日本で買うのと違うんです。
 エッセンシャルオイルもオーガニックだと高価だったりというランクはありますが、安いものでも何の問題もなく良い香りです。




08011300481.jpg 写真は、いつでもアロマテラピーを楽しみたいということで実家用に買ったものですが、自宅では机の上に置いて、ほぼ常に!楽しんでいます。
 オイルもブレンドしたり、楽しい!

 夜は常夜灯にしてるし、大活躍なのです♪
 
 ただ、猫が嫌いそうな香りは使いません。例えば、ユーカリ、ティーツリーなど。目を細めて渋い顔をするのですぐ分かるんです!

 あ、サクラだけは例外です!
 アロマグッズ全般、お香までも大好きで、見つけるとまるで「またたび」かのようにすりすりごろんごろん。どこまでも変わった猫なのです。

line_d1.gif

 参考まで、私の使っているショップは、

・店頭で買うなら生活の木で。

・アロマオイルならアメリカの破格のドラッグストアから
  「サプマートU.S.A」で。

・お気に入りのアロマポット「シルクロード」は
  アロマテラピーショップ夢香房で。
 
です。


この記事へのコメント

- nancan - 2008年01月27日 21:45:13

アロマテラピーは昔ハマッて色々と試そうと力みすぎて結局面倒になって……(^^;
しばらくご無沙汰だったのですが、ポットの可愛さに思わず夢香房さんでポチッとしちゃいました。
(青と白のローズのです。)

今度は気楽に長く!を目標に楽しみます♪
(目標設定してる時点で力んでるかも(笑))

nancanさん、こんばんは! - みーにゃ - 2008年01月29日 23:14:55

nancanさんもアロマにはまっている時期があったんですか~!でも、「力み過ぎ」って、きっと相当凝り性なんですね~!
私も人のことは言えません…勢いで色んなオイルを買ってしまい、好きでなくて使えないものも結構あります。

ブルーのローズ柄も素敵ですね!
うーん、癒されそう♪

- KEN - 2010年07月15日 15:26:33

僕は寝る時はラベンダーを良く使います! 直接体につけるんだったら、やっぱりオーガニックを使いたいですが、(イタリアの修道院で買ったもののストックがなくなったので)寝室の匂いだったら良いかなぁと思って、無印の安いの買ったけど、大丈夫でした。

☆KENさん、こんばんは! - みーにゃ - 2010年07月16日 20:00:15

古い記事からありがとうございますv-254

ラベンダーいいですよね~♪すごく落ち着きます。
毎年義母が観光で摘んだラベンダーの生花を頂くので、ドライにしてサシェに入れて枕元で楽しんだりもしています。

>イタリアの修道院で買ったもの
ステキですね~♪ラベルとかもお洒落そう☆

同じラベンダーのエッセンシャルオイルでも、メーカーが違うと結構香りも異なりますよね。
すぐ慣れますけど。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。