スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考察: 書き味って何?

 こんばんは!
 私はよく「書き味」という言葉を使いますが、なんて主観的な言葉!
 一体何をあらわすのか、何によってそう感じるのかを考える機会がありましたので、書いてみたいと思います。

 きっかけは、先日書いた名もなき国産ヴィンテージ万年筆についての記事です。
 「カリカリ」する、なんて言い切ってしまいましたが、よくよく考えるとそう感じるかどうかは使っているその人次第。
 そもそも、一体何なんだ?

DSCF3845.jpg 本屋さんで立ち読みしただけのトニー・ブザン著書の「ザ マインドマップ」。
 本当に使えるのかしら?と、「書き味」をちょうどよい題材として、早速実践してみました。
 
 正しい使い方か自信がありませんが、意外にも使いやすい!
 手描きでのびのびとイメージが広がりました。


 ↓ ソフトで打ち直し。
   ざとちゃんさんに頂いたアイデアも加筆しました。


書き味を左右するもの こんな感じでいかがでしょうか。
 大したものではないのですが、作っていて楽しかったのでアップしてみました。
 こういうものを作って一人悦に入っているあたり、我ながらマニアックです…やばい感じ。
 
 おかしい点や、加筆すべき事柄あったら是非お声かけ下さいね。

 ソフトウェアは
 
 マインドマップ用のフリーソフトを使いました。
 「FreeMind」というものです。

 FreeMind活用クラブというサイトにて、ダウンロードから使い方まで懇切丁寧に書かれています。
 興味があったら是非見てみてください。

 私は手描きの自由さも好きなんですが、PCソフトで手軽に作ってゆくというのも好きなんですよね。
 アナログ好きのデジタルファン、という感じですが、万年筆を好きな方ってそういう方が多いのかも知れませんね。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。