スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっ!?

DSC_0455_20090202182705.jpg やってしまいました…いやな手ごたえだなぁ、と思っていたのですが・・・。

 といっても、勇ましく引きちぎったわけではありません。

 私は写真講座に通っているわけですが、新たに購入したデジタル一眼レフを使うだけでなく、せっかく祖父のカメラ ニコンのFがあるので、それを活用したいなぁ、と時々練習しているのです。

 (発掘した時の過去記事はこちら↓)
 http://stationaly.blog48.fc2.com/blog-entry-221.html
 http://stationaly.blog48.fc2.com/blog-entry-154.html

 でも…、まだまだ使い慣れず、こんなことになってしまいました。

 何枚撮りのフィルムを装てんしたか失念してしまい…まだ撮れるかな?と、思いながら巻き上げているうちに、嫌な手ごたえが…!!

 ガチ…ビィリリ!

 やってしまったかなぁ…とため息をつきつつ、フィルムを巻き取り方向に回したものの、すかすかして、巻き取れない雰囲気。
 開けてみたら、やっぱり、千切れておりました。。

 デジイチはどんどん撮りますが、フィルムカメラの場合は大切に少しずつ撮るので、1本撮るのに結構時間がかかるんですよね。
 で、フィルムの枚数も忘れて、こんなことになってしまったわけですが、時間をかけて撮りためだだけに、心が痛い。。
 ピント合わせすら慣れていないので、いい写真なんて1枚位しかないと思うのですが、それにしても悲しい出来事でした☆
 こんなこと、起こりうるんですね~・・・

この記事へのコメント

ああ、残念・・・。 - royalblau - 2009年02月02日 20:25:12

暗室として使えるような真暗な部屋があれば、そこで蓋を開け、フイルムをパトローネに入れなおしたら救済できたのですが・・・。
それよりも、そのまま現像に出しに行けば、店で対処してくれたと思います。
でも、初めてのことで、何が起きたかわからない状況でしょうから、開けてしまうのは仕方ないかもしれませんね。

悔やまれますね! - たがみ たけし - 2009年02月02日 22:10:59

自分はカメラの事は殆ど分かりません!デジカメも持ってますがほとんどオート撮影で済ませています!銀塩のカメラは最近では見なくなってしまいましたね!



失敗をしてしまった事は仕方ないのですが、それまでに費やした時間や想い出の方が一瞬にして無くなってしまった喪失感の方が大きいような気がします……


たとえるなら、あと少しで完成するドミノ倒しが洋服の袖とかが当たって倒れて行くのを呆然と見ている……って感じでしょうか?


これに懲りずにチャレンジ!頑張って下さい!

やってしまったですか・・ - 夢待ち人 - 2009年02月02日 23:35:23

残念なことをしましたね、でもすべて完璧とはいかないものです。私などペン先調整に挑戦しても失敗の連続で反省ばかりです。でもその度に知識と情熱は高くなる気がします。加油~!

あらら・・・ - とめ - 2009年02月03日 12:54:18

こんにちは!
使ってますね~
私も地道に使っております。
最近は違うカメラ(同じくフィルム系)も手に入れてしまいました。

せっかく撮りためたものがダメになってしまうのは辛いですね。
巻こうとした時にちょっとでも「固いかな?」と思ったら無理は禁物ですね。
私もついつい勢いよく&反射的に巻き上げてしまうので気を付けてます。

フィルムもスキャンしたいのに、スキャナーの接続どころか開封すらしてないのです(汗)

☆royalblauさん、こんばんは! - みーにゃ - 2009年02月03日 21:09:12

やっぱり、そういう手段がありましたか~。
暗室、という言葉と、royalblauさんに聞いてから行動するということは頭に浮かんだのですが、せっかちなところがあるので、やってしまいました。

F1のマニュアルを読んでいて、パネトーネという言葉が出てくるので、パンみたいな名前の変なものだなぁ・・・なんだ?と思ったまま調べていなかったのですが、
>パトローネに
パトローネでしたね!

今、調べてみましたけど、もしかしてフィルムの黒いケースのことですか?!
なんかすっきりしました。

> でも、初めてのことで、何が起きたかわからない状況でしょうから、開けてしまうのは仕方ないかもしれませんね。

もしかして、よくあることなんでしょうか?
自分の乱暴ぶりにがっかりしていたのですが。。

☆たがみ たけしさん、こんばんは! - みーにゃ - 2009年02月03日 21:13:22

コメント、ありがとうございます。

>デジカメも持ってますがほとんどオート撮影で済ませています!銀塩のカメラは最近では見なくなってしまいましたね!

私も去年の秋にこだわり始めたばかりの初心者です。
銀塩のカメラはどうしても現像までのタイムラグがあって、ちょっぴり面倒ですね。

> 失敗をしてしまった事は仕方ないのですが、それまでに費やした時間や想い出の方が一瞬にして無くなってしまった喪失感の方が大きいような気がします……

ええ、そうなんです。
あくまでも練習で撮っているので、失敗しても困らないものしか撮っていないのですが、どんな映りか見てみたかった・・・☆

> たとえるなら、あと少しで完成するドミノ倒しが洋服の袖とかが当たって倒れて行くのを呆然と見ている……って感じでしょうか?

うまいっ!
自分のせいですからね~。

> これに懲りずにチャレンジ!頑張って下さい!
はい、がんばります~♪

☆夢待ち人さん、こんばんは! - みーにゃ - 2009年02月03日 21:14:53

ありがとうございます!

>私などペン先調整に挑戦しても失敗の連続で反省ばかりです。

そう言われてみると、ペン先調整の方がはるかにチャンレジャブルで、失敗が痛いですね・・・

何事も練習ですね!
気を取り直して、また撮ります。

☆とめさん、こんばんは! - みーにゃ - 2009年02月03日 21:19:57

とめさんが、フィルムカメラを始められたのは聞いているのですが、
なんとなくすごい勢いではまってそうな気がします。
そんなことないですか?

> 私も地道に使っております。
> 最近は違うカメラ(同じくフィルム系)も手に入れてしまいました。

デジカメが撮りやすいのに比較して、フィルムカメラは超苦戦しています。
難しいですね~。

> 巻こうとした時にちょっとでも「固いかな?」と思ったら無理は禁物ですね。
> 私もついつい勢いよく&反射的に巻き上げてしまうので気を付けてます。

アドバイス、ありがとうございます。
もしかして、やっぱり、これって、よくあることなのでしょうか。
私はどうやら乱暴なところがあるようなので、気をつけます…

> フィルムもスキャンしたいのに、スキャナーの接続どころか開封すらしてないのです(汗)

フィルムスキャナーというものですか?
スゴイ!よく知らないのですが、見てみたいです。

- royalblau - 2009年02月03日 22:10:48

高校時代、長巻のフイルムを買って、それを短く切り、パトローネに装填して使っていました。
そうすると、フイルムの端がしっかりと固定されていないこともあったりしたので(つまり失敗作ですね)、似たような経験は何度かあるのです。
白黒写真は自分で現像・プリントしていましたから、そのまま暗室に持ち込んで対処していました。
今では現像方法など、ほとんど忘れてしまったかもしれませんが・・・。

royalblauさん、こんにちは! - みーにゃ - 2009年02月05日 10:02:38

わ~、そのように自分で巻きつけて…という使い方だったのですね、何にも知りませんでした。
暗室で自分で現像ってかっこいいですね~、万年筆を使う方の中にはそういう方が意外とたくさんいらっしゃるということに驚きです!

- siragaaneko - 2009年02月08日 20:49:37

おぢさんなので、ふぃるむかめらが原点です。むかしは、カメラのトラブル時には、ダークバッグといって、暗幕で作ったようなバッグに、両手を入れる袖のついた、(うーむ、真っ黒な2重の長袖Tシャツといった具合かなあ)光の漏れないバッグを持っていて、それの中でカメラを開いたものでした。いまでもカメラ屋さんに行けばあると思いますよ。年長の店主なら、それを使ってパトローネに巻き戻すか、押し込んでくれると思います。
ニコンのレバーは軽く動くように気を使って作られているそうなので、(リコーのOEMの巻き上げレバーさえも、ニコンの注文で軽く仕上げられていたといいます)今の電動巻上げしか知らない人たちには、力加減がわからないのかもしれないですね。
わたしもいまだにフィルムカメラで時々撮りますが、やっぱりもったいないので、じっくりと「決定的瞬間」を狙います。それに費やした待ち時間さえ、写真を見るたびによみがえるように思います。みーにゃさんのF1も、きっと素敵な時間を閉じ込める道具になりますように・・・

☆siraganekoさん、こんばんは! - みーにゃ - 2009年02月10日 02:22:23

> おぢさんなので、ふぃるむかめらが原点です。
教えてくださって、ありがとうございます!知らないことばかりで、勉強になります☆

>むかしは、カメラのトラブル時には、ダークバッグといって、暗幕で作ったようなバッグに、両手を入れる袖のついた、(うーむ、真っ黒な2重の長袖Tシャツといった具合かなあ)光の漏れないバッグを持っていて、それの中でカメラを開いたものでした。いまでもカメラ屋さんに行けばあると思いますよ。年長の店主なら、それを使ってパトローネに巻き戻すか、押し込んでくれると思います。

ダークバック、初めて聞きました。
お店に持っていってから、どう処理してくれるのか不思議だったのですが、そういう手法があるんですね。

> ニコンのレバーは軽く動くように気を使って作られているそうなので、(リコーのOEMの巻き上げレバーさえも、ニコンの注文で軽く仕上げられていたといいます)今の電動巻上げしか知らない人たちには、力加減がわからないのかもしれないですね。

ええ、力加減、検討もつかないですね。
普通に巻き上げる際も「固いな…」と思うことが多いので、力が強めになってしまうのですよね。

> わたしもいまだにフィルムカメラで時々撮りますが、やっぱりもったいないので、じっくりと「決定的瞬間」を狙います。

やっぱりじっくり撮るんですね!

>それに費やした待ち時間さえ、写真を見るたびによみがえるように思います。
ステキなお話ですね。

>みーにゃさんのF1も、きっと素敵な時間を閉じ込める道具になりますように・・・

フィルムで撮ったものは現像するとちょっとふんわりした柔らかい雰囲気に仕上がりますね、最近知りました。
時間をかけた分、撮った写真に何か魔法がかかるといいな~、と思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。