スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパごめんなさいっ!のダンヒル ジェムライン

DSC03202.jpg それは、今年の3月くらいでしょうか。
 母から「こんなの出てきたから使ったら?」と言われて渡されたもの。
 ダンヒルの万年筆。シルバーの風合いが綺麗なそれは、母がある程度磨いてくれた為、くすみはほぼ消えていました。
 な、なのに・・・私ったらばかなことをしてしまったのです。
 それは・・・、超音波洗浄機にかけてしまったんです。。
 いっそう綺麗にしてあげようと・・・。
 私は無知でした・・・.....(;__)/|

 数分経って引き上げると、表面がぽこぽこ泡がついたような凹凸。
 あれっ???
 そこで、やっと気がついたのです。
 
 これって銀メッキだったの??
 それに、超音波洗浄機って、メッキは駄目なのね・・・。。
 
 ああ、後の祭りです。
 久しぶりに落ち込みましたね、心で「パパ、大事なものをごめんなさい!許して~」と叫びつつ。  気を取り直して、、使ってみました。
DSC03203.jpg とっても使いやすーい!
 小ぶりながら、キャップを外して、おしりにはめるとパチッと音がして、しっかりはまります。それがとても気に入りました。
 ペン先は14金。なかなか滑らかなラインが書けます
 
 実は使い切ったモンブランのカートリッジが刺さったままでしたが、それを綺麗に洗浄して、ヌードラーズの潤滑剤入りインクのブルーを入れました。
 父の万年筆のほとんどはブルーブラックのインクが入っていたようで、洗うの大変なんですよね・・・。
 昔はあんまり色がなかったのもあるんでしょうね。

 このペンは胴にストレートラインが刻まれていて、気持ちがいいほどまっすぐ。
 固いペン先ながら、なめらかで、結構好き。
 でも、使う度に後悔に苛まれます(ーー;)
 使う度にちょっぴり悲しくなります(*ノ-;*)
 ああ、何で私ってこんな適当なのかしら・・・って。
 
 あ~あ。今日も記事を書いててため息連発でした。。

この記事へのコメント

あちゃー - ぱいたん - 2006年06月30日 07:13:29

やってしまいましたか。
そんなときには、超音波洗浄器ではなく、液体の銀磨きがおすすめです。
銀メッキにも、銀地に金メッキでもOK!

このままではかなしいでしょうから、再メッキなんていかがでしょう。
親方がプロメックスを【いくつも】持っていらしたはずですよぉ(^^)/

ぱいたんさん、こんにちは♪ - みーにゃ - 2006年06月30日 09:37:49

液体の銀磨き!ぱいたんさんの言う「銀の風呂」ですね!?
もう一度記事読ませていただきますね。

再メッキ!素敵なアイデアをありがとうございます♪
実は一緒に母のパーカー45のリング部分も駄目にしていまして(ほんと我ながらバカ・・・)、とっても心が軽くなる提案に感謝!です~。

「プロメックス」で検索したら、ぱいたんさんの記事が5番目位に出てきました☆
メッキペンなる液が必要なんですね…師匠に聞いてみます!
アドバイスありがとうございますヾ(〃^∇^)ノ♪

おすすめ(^^) - ぱいたん - 2006年07月01日 08:48:53

「銀の風呂」はおすすめですよ!

ハンズの彫金コーナーにもありますが、私の使っているのは御徒町で購入したものです。
「さすがは御徒町!」価格でした(^^)v

メッキ液は時価の世界だそうですよぉ(^^;

- pelikan_1931 - 2006年07月01日 11:05:26

鍍金を飛ばしてしまうとは、かなり強力な超音波洗浄器ですな。おそらくは母上が磨いて鍍金を薄くしておいたのも原因じゃろう、鍍金なら再鍍金可能じゃが、ダンヒルとなると、銀貼りの可能性もある。さらに銀鍍金の上にプラチナを再鍍金しているケースも。
実物を見てみないと何ともいえないが、銀鍍金は一番簡単じゃ。

ぱいたんさん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年07月02日 21:48:31

銀の風呂は御徒町に~!?
コメント早くみればよかった・・・(^▽^;)
実は昨日御徒町でビューしてきました♪
今度探してみよっと☆

pelikan_1931さん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年07月02日 21:52:07

お伺いをたてようと思っている矢先、済みません、先にコメント頂いてしまってO(≧▽≦)O
メッキと言っても、色々あるんですね~。磨かない方がいいというのも知りませんでした!

今度一度是非見てください!お願いします。

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。