スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レシーフにワインインク・・・

DSC03257.jpg 298さんから、「レシーフにはワインインクが合うのでは?」というグッドアイデアを頂いてからは、それが頭を離れず、ついにゲットしたのです♪
 ヤンセン・ハンドメイド・ワイン・インクです。


 どうです?
 深いレッドマーブルのキャップに、ワインインク!ばっちり合いますよね♪
 こちらはピノ・ノワール。
 インク瓶を開けると、酔ってしまいそうな濃厚な香り。
 見た目の色合いにも大満足で、スポイトで注入。
 そして、書いてみると…

 か、書けないです。
 インク、濃厚すぎて、出ません。。。

 もともとレシーフは書き心地が良くないのですが、インクによってここまで悪くなるとは、笑ってしまいました。
 書けないってのはひど過ぎです(*ノ-;*)
 詰まってるようで、紙にペン先を押し付けても1滴もインクが降りてきません。むなしくペン先が開くだけ。

 というわけでもっぱら観賞用の万年筆となりました。
 見る分には、いいんですよ。
 
 斜めにしたりしながら、ワインインクの流れを眺めたりして楽しんでます。(負け惜しみ?)
    賢明な万年筆愛好家のみなさまは、液体の粘度や、瓶の底の澱を見て「危ない」ことを察知されたそうですね。
 素人の私はさっぱり!というより、気にも留めずに、迷わず使用し始めてしまいました…。

 もう1色の「バローロ」をシェーファーのスノーケル式のクレストに吸わせてしまいましたが、皆様のアドバイスにより救出いたしました。
 (こちらは、もともとインクフローがかなり良い太字だったのですが、ワインを入れた途端、激かすれでした!)
 危ない、危ない・・・。。

 ていうか、このワインインク使いたいのに~~。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。


20060817223020.jpgおまけ画像。スキャナーテストです。写真よりは精細かしら?

この記事へのコメント

- pelikan_1931 - 2006年08月18日 05:04:44

これ薄型のスキャナーでは?
CCD搭載の厚さ10センチくらいの大型スキャナーでないと、焦点深度が浅くてボケますよ。

やっぱり機器の性能が違いましたか・・・ - みーにゃ - 2006年08月18日 20:12:29

師匠、やっぱりあんまり綺麗じゃないですよね、これ。
コピー機能付きプリンターなので、薄型ではないのですが、安価(3万位)だからかなぁ…。

そもそも、スキャナーって立体のものを撮るものじゃないですものね…それなのに師匠のはあんなに綺麗にスキャンできて、結構高い品物なんでしょうね・・・きっと。

これでまた、撮りやすいカメラが欲しくなっちゃいました☆

- pelikan_1931 - 2006年08月18日 21:24:42

実は安いんです。
エプソンとかキヤノンのフィルムスキャンできるタイプで、広角レンズ搭載なら十分。せいぜい1200dpiまでしか使わない(通常は300dpi程度でペン先アップ時1200dpi)ので安いものでOK.新品でも実売2万円程度ですな。
CCD モデルです。

師匠、初めて知りました! - みーにゃ - 2006年08月19日 10:38:21

ネガとかもスキャンできるタイプですかぁ、それでペン先も綺麗に…。
そういう商品が一般消費者価格で流通しているとは知りませんでした。
こういうものですよね?↓
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0407/09/news033.html?pc10

これがあれば、焼き増し等が面倒で眠ってる一眼レフも活躍の場が増えるかしら。。。

今度はスキャナーが欲しくなっちゃいました☆
(物欲、押さえなきゃ!もともと家電好きなんです…)

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。