スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅い夏休み。

DSC_4977.jpg こんにちは!
 遅い夏休みで出かけてきました。

 今回は西の方へ出かけたのですが、その一つの目的地がこちらの写真。
 念願の上陸を果たしてきました♪

 元は炭鉱の島で、高度経済成長期にはこの狭い場所に東京の9倍の人口密度の人が暮らしたそうですが、私の生まれ年に閉鎖が決まり、それ以来廃墟に…。
 九州・山口の近代化産業遺産群」の一部として世界遺産暫定リストに追加記載を目指したり、保護の動きが進んだりと色々状況が変わり、今年の4月に、上陸できるようになった島です。

 2年前に周遊ツアーで廻りを巡った時に、いつか上陸できたらなぁ、と思っていました。
 どうして、こんなに惹かれるのかしら?
 私の生まれる前から時が止まっている島、廃墟とはいえ、炭鉱で働く人達のが家族で暮らした町。どこか温かみが残っているのでは、という気がして、もう少し近くで見てみたかったのです。

  どこでしょう~?

この記事へのコメント

ここは! - 渓雪 - 2009年09月18日 15:13:06

軍艦島ですね?
行ったことはないので、いつかは!と思っています。

私の父は長崎出身なんですよ~。

軍艦島 - 夢待ち人 - 2009年09月18日 18:17:24

人の居ない島に人の温もりや人らしさを偲ぶ観光って所なのかな?それは過っては当たり前のように有ったはずの人と人との心の交わりを何処かに置いて来てしまったからなのかも?時代が変わっても人は人、便利になり人は楽になった分、何かを忘れてきたのかも知れませんね。

- royalblau - 2009年09月18日 19:48:08

大学での研究が、長崎に関することだったので、長崎には何度も行きました。
端島も長崎半島から見ましたよ。
(もちろん、上陸はしていませんが。)

私が端島に感じるのは、温もりよりも寂しさかな?
祭りの後の寂しさ、という感覚かもしれません。

長崎といえば - ハ音記号 - 2009年09月18日 23:24:02

2年ほど前まで夫が長崎にしょっちゅう出張してましたので
私も何度か出張に便乗して遊びに行きました。

万年筆好き的には長崎といえばマツヤ万年筆病院ですが
覗いてこられたでしょうか?

私も一度うかがったことがありますが、入店早々に
"冷やかしの観光客"と認定されたようで
店主ご夫妻には完全スルーされてしまいました。

再訪する機会があれば、手ごろな国産ペンを私の書き癖にあわせて
店主さんに調整してもらいたいところですが、なかなかチャンスはなさそうです。

- ゑでぃ - 2009年09月19日 10:03:59

みーにゃさん、こんにちわ

軍艦島とは、マニアックですね。
もしかして廃墟マニアですか!?

☆渓雪さん、こんにちは! - みーにゃ - 2009年09月21日 14:18:25

> > 軍艦島ですね?
> > 行ったことはないので、いつかは!と思っています。
そうなんです!渓雪さんは、行きやすくていいですね♪

> > 私の父は長崎出身なんですよ~。
そうでしたか~。長崎はまだ2回目でしたが、いい町ですね~☆
見所がたくさんあってまだまだ回り切れていません。

☆夢待ち人さん、こんにちは! - みーにゃ - 2009年09月21日 14:22:52

よくご存知ですね。

> 人の居ない島に人の温もりや人らしさを偲ぶ観光って所なのかな?
いえいえ、実際には好奇心、知りたい、行ってみたいというのが一番のところなのですが、時間が止まっているというところに何かノスタルジーを感じていていたのかも知れません。

>それは過っては当たり前のように有ったはずの人と人との心の交わりを何処かに置いて来てしまったからなのかも?時代が変わっても人は人、便利になり人は楽になった分、何かを忘れてきたのかも知れませんね。

そうですね、色々なものが薄まってしまったようですね。楽でもあり、寂しくもあり。

☆royalblauさん、こんにちは! - みーにゃ - 2009年09月21日 14:27:02

> 大学での研究が、長崎に関することだったので、長崎には何度も行きました。
> 端島も長崎半島から見ましたよ。
> (もちろん、上陸はしていませんが。)
そうでしたか~。それではすぐ分かりますね☆

> 私が端島に感じるのは、温もりよりも寂しさかな?
> 祭りの後の寂しさ、という感覚かもしれません。
そうですね。周遊ツアーの船には昔の端島の情景のスナップがたくさん貼られているのですが、昔のいきいきとした生活を見ると懐かしいような寂しさを感じました。

☆ハ音記号さん、こんにちは! - みーにゃ - 2009年09月21日 14:31:12

> > 2年ほど前まで夫が長崎にしょっちゅう出張してましたので
> > 私も何度か出張に便乗して遊びに行きました。

そうでしたか~☆

> > 万年筆好き的には長崎といえばマツヤ万年筆病院ですが
> > 覗いてこられたでしょうか?

はい、見てきました。

> > 私も一度うかがったことがありますが、入店早々に
> > "冷やかしの観光客"と認定されたようで
> > 店主ご夫妻には完全スルーされてしまいました。

私も2回目ですが、何か買おうと思うのですが、なかなかコレ!というものを見つけられません。

> > 再訪する機会があれば、手ごろな国産ペンを私の書き癖にあわせて
> > 店主さんに調整してもらいたいところですが、なかなかチャンスはなさそうです。

そうですね、国産品で入手しやすい価格帯で絞ればよかったです。
ぐるりと並んだ万年筆たちに気圧されて、じっくり選べませんでした。
いつかはまた行くと思うので、そうしましょう☆

☆ゑでぃさん、こんにちは! - みーにゃ - 2009年09月21日 14:33:47


> 軍艦島とは、マニアックですね。
> もしかして廃墟マニアですか!?

いえいえ、違いますよ~。そういう方たちがいらっしゃるというのをつい最近知りました。
本屋さんで軍艦島の写真集が並んでいたりすると、ついつい真剣に立ち読みしちゃいますけど、廃墟に、というわけではないです。
廃墟はこわそうですもん。。
軍艦島は全然怖くありませんでした。

- フリッツ - 2009年09月22日 09:02:01

分かった、これはモンサンミンシェルというやつですね。いいなー、当然写真撮られましたよね? 今度見せてください。え、違いますか?

- watarow - 2009年09月24日 10:54:39

軍艦島に興味をお持ちで?
私の友人にもこの島に魅せられた者がいます。
彼は、かって学生の頃この島の実測調査に参加し、
廃墟になった空間を調べつつ、人々がこれだけの密度で生活していた密度とエネルギーに押しつぶされそうになったのではないかと推察しています。
今のみーにゃさんの生活、私の生活とは、比ぶべくもない壮絶な生活があったのではないかとおもいます。
一度、実体験されるのは、よいのではないでしょうか。

- watarow - 2009年09月24日 11:05:16

追伸
先ほどの友人のサイトアップしておきますね。
http://plastake.com/
ここに軍艦島のレポートがあります。
覗いてみてください。

行ったのですか~。 - レッツのまあちゃん - 2009年09月25日 09:55:44

軍艦島ですね。
廃墟の本で見て、
行ってみたいと思っていました。
私、廃墟好き。廃墟の写真集見るとワクワクします。
場所は小笠原諸島あたりだと思っていたら、長崎なんですね。
こりゃー、当分無理だわ。
でも、胸にとどめておいて、
九州方面に行けたとき、訪ねてみたいと思っています。

☆フリッツさん、おはようございます! - みーにゃ - 2009年09月27日 10:42:00

あはは~v-254フリッツさんがボケですね~☆
ええ、違いますよ~♪

☆watarowさん、おはようございます! - みーにゃ - 2009年09月27日 10:46:37

> 私の友人にもこの島に魅せられた者がいます。
> 彼は、かって学生の頃この島の実測調査に参加し、
> 廃墟になった空間を調べつつ、人々がこれだけの密度で生活していた密度とエネルギーに押しつぶされそうになったのではないかと推察しています。

まぁ、そうでしたか~!行動的で好奇心に留まらない素晴らしいご友人がいらっしゃるのですね☆
密度の濃い、パワーのある場所だったのでしょうね。
私は昭和の面影のある場所にはいつも心を惹かれるのですが、ここはちょっと別の魅力を感じます。

> 今のみーにゃさんの生活、私の生活とは、比ぶべくもない壮絶な生活があったのではないかとおもいます。
> 一度、実体験されるのは、よいのではないでしょうか。

本当にそうでしょうね。老朽化もかなり進んでいるようですので、観光客は今は建物からかなり退いた範囲でしか見学できないのですが、もう少し踏み込んで知りたい気もします。

☆watarowさん、ありがとうございます!! - みーにゃ - 2009年09月27日 10:49:34

> 追伸
> 先ほどの友人のサイトアップしておきますね。
> http://plastake.com/
> ここに軍艦島のレポートがあります。
> 覗いてみてください。

今リンク先に行ったばかりですが、とても興味深い!です。
教えてくださり、ありがとうございます☆
じっくり拝見させていただきます!

☆まぁちゃん、おはようございます! - みーにゃ - 2009年09月27日 10:53:02

> 軍艦島ですね。
> 廃墟の本で見て、
> 行ってみたいと思っていました。

ええ、行ってきました。上陸したものの、遠巻きに見る感じなのですが、それでもずっと行ってみたかったので価値ある体験でした☆

> 私、廃墟好き。廃墟の写真集見るとワクワクします。
> 場所は小笠原諸島あたりだと思っていたら、長崎なんですね。
> こりゃー、当分無理だわ。
> でも、胸にとどめておいて、
> 九州方面に行けたとき、訪ねてみたいと思っています。

そうそう、長崎なんです。
でも、船はウェブで予約できちゃうし、機会があれば簡単に実現可能です☆
http://gunkan-jima.com/
ぜひ♪

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。