スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの時、万年筆ユーザーだったらなぁ。。

 今でこそ、万年筆に毎日触れ、手紙を書く事も好きになりましたが…あの時に使っていれば・・と思います。

 今は浪人中の私ですが、前職ではシステムの営業をしていました。
 数千万円以上の高額商品を扱っていましたが、新規市場開拓を担当していたこともあり、入社したての頃は結構苦労しました。
 女子校育ちの私、お嬢さん育ちの私が飛び込み営業なんて!?と、我ながら信じられないような思いを感じつつ日々過ごしていました。
 その時有効なツールとして使っていたのが、手紙。

 トップから攻めよ、ということで、システム部の課長さん以上の方々にまずお会いしたいわけですが、電話でアポイントOKの場合もあれば、NGの場合も。
 そんな時は飛び込みをしたり、まわりから辿ったりと色々考えるわけですが、意外と効果的だったのが、手紙。
(※私が考えたわけではなく、営業の鉄則として教えられました。)

 どうしても会ってもらえず、名前だけ何とか聞いて、書いて⇒投函。
 飛び込みをして追い払われた直後に書いて⇒投函。
 無理矢理押しかけ、とりあえず名刺交換が出来た直後に書いて⇒投函。

 と、手紙を活用する色んなタイミングがありますが、こういうなかなかお会いできない時こそ、届いた頃にお電話すると対応が変わり、感じよく「しょうがないな~、時間少しだけですよ」とアポイント頂ける事が多かったです。
 会いたいという気持ち(=会わなきゃ仕事にならないんです~という叫び)、何とか役に立ちたいという気持ち(=おこがましくも、私の提案を聞いて損はしないはずです~、それが私の仕事なんです~という必死の叫び)が伝わったからでしょうか。

 机の中にいつも便箋と「手紙の書き方」という本を忍ばせ、丁寧に☆
 でも、書いてる道具は100円ボールペン…。普段筆圧の弱い私ですが、その時だけは力が入ってしまい、手が痛くなりました。
 もし、あの時万年筆を使っていれば、もう少しさらさらと。
 もう少し気持ちのこもったいい手紙が書けたかしら…と思うのです。
 それに話のきっかけにもなったかもしれない…、と。

 中堅社員になるに従い、仕事に慣れ、強気になり、ツールなくして難なく仕事ができるようになって、すっかり手紙をしたためることも忘れてしまいました。

 今になって手紙を良く書くようになり、なんだか勿体無いことをしたような…気持ちになっています。

 さて、本題。
 便箋封筒を探す際にはつい「万年筆対応」を探してしまいます。
DSC03273.jpg こちらは、「万年筆用」とは書いていないものの、表紙には素敵な万年筆の影絵が。
 クリーム色の土佐和紙に黄緑の罫線が映えます。
 薄い紙質も気に入って、今のところのお気に入りです。
 もちろん、ペン書箋だけあってインクが良く伸び、にじみません。
 シンプルで地味ですが、そっと心を伝えるにはこういうのも良いような気がします。

 話は戻りますが、書いていてしみじみと思い出しました、8年間の営業時代を。
 新しい世界に飛び込む充実感があって、かつ目が回るほど忙しく、仕事が終われば勢い良く飲んだ日々。。
 目の前で名刺を捨てられたり、とお嬢さん育ちの私(←しつこい!?)には涙をのむような場面も多々ありましたが、総じて、お客様には育てて頂いた感があります。
 よくぞ未熟者の私に付き合ってくださった!、と。本当に良い方ばかりでした。
 お世話になったお客様方々は元気にしているかしら?とそれこそお便りを差し上げたい気分になりました。

この記事へのコメント

営業の鏡 - pelikan_1931 - 2006年09月06日 23:43:01

営業の鏡といわれた人は皆、筆まめじゃな。

以前の会社の社長【現在は超大企業の社長に転進】は月曜日の朝には先週から週末にかけて会ったExecutiveの方々に自筆(万年筆)で葉書を書いておった。そこに相談事を満ちこむと機嫌が悪くて大変じゃった。真剣に文面を考えていたのじゃろうな。

pelikan_1931さん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年09月07日 01:38:28

それは素晴らしいですね。
きっと超多忙でしょうに、そういう気持ちを忘れない方だからこそ出世されているんですね~!
しかも万年筆でというのもカッコイイ!
(どの方かしら…。)

それに、月曜早朝から…なんて、凡人だったら大切な手紙を書くなど出来ないですよね~。

私は仕事をなんとかうまく回すために必死に書いていただけですから、本当に営業の鏡とはかけ離れたもんです。情けない・・・

- ののんのん - 2006年09月07日 21:28:44

こんばんは。私も新卒でデパガをしておりましたとき、よくお得意様にハガキを書いておりました。その時はパイロットのDrクリップを使っていました。その後転職して現在はデスクワークで、主にパソコンばかり。でも手紙や手帳、日記には万年筆を使うようにしております。それから私事で申し訳ないのですが、この度簿記検定に受かりまして、記念の1本を買うつもりです。なににしようかな。

ののんのんさん、こんばんは☆ - みーにゃ - 2006年09月08日 01:53:18

まず、合格おめでとうございます!
そういう節目に購入する一本って良いですね♪
大事な一本になりそうですし、奮発できそう☆

お得意様にお手紙。やっぱり人と接する職種は心がけるものなんですね!

私も手書きよりPCの方がよっぽど手が速いのですが、今はもっぱら万年筆。

ののんのんさんがどんなものを使われているか興味しんしん!
今度教えてくださいね♪購入するものについても!

トラックバック

As Is/This my way - 2006年09月06日 16:43

じーーーーん

私は技術職で、営業さんには応対する側でしたが、入社したての青二才の頃を思い出してしまいました。

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。