スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにも綺麗な、秋のマーブルエボナイトの万年筆。

日本の秋の情緒を表現した、日興エボナイト製造所の万年筆ショップ「下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=」の新作。
いよいよ、残りが僅かになってきました。

あまりにも美しいので大きめの画像で載せてみました☆(写真クリックで拡大します)
いずれもマーブリングにかなり手をかけて作っているので、素材が出来上がった分のみの超限定販売だそうです。

DSC_0457.jpg□ 墨水(ぼくすい) 萌芽(カートリッジ・コンバーター式)中庸クリップ付き・M

こちらは私が一番心魅かれた商品です。

月の明るい夜の川面を表し、
『夜下墨水(よるぼくすいをくだる)』という美しい日本の漢詩から名前を取りました。

「墨水」とは「隅田川」のこと。
夜の隅田川の水面にゆらめく明るい月影。その上を舟が滑るように下ってゆく様をうたっており、秋にぴったりです。

DSC_0464.jpg□ 石榴(ざくろ) 萌芽(インク止め)文豪・B

熟れた石榴が漂わせる甘く芳しい香りのような、豪華で鮮やかな限定マーブルです。
「石榴笑む」は秋の季語。熟れた石榴の実が割れることを意味します。
明るい茶色で存在感たっぷりです。

→同素材で、カートリッジ・コンバータ共用式の中庸サイズのものもあります。
 □ 石榴(ざくろ) 萌芽(カートリッジ・コンバーター式)中庸クリップ付き・M

DSC_0407.jpg□ 深森(しんしん) 萌芽(カートリッジ・コンバーター式)中庸クリップ付き・M

写真を撮るのが一番難しかったのが深森。
黒ベースに、赤・青・白・橙の4種も色が織り交ざっていて、静かな中にも華やかさがあります。

森閑とした中に、静かな植物の生命力が宿っているような様を表しています。



→秋の限定品コーナーはこちらから


是非一度ご覧下さい☆

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。