スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた父の万年筆

 はい!
 先日、フルハルターに預けた父の万年筆。

 なにせ、20年くらい使っているもので、途中インクを中に入れたまま放置していたもの。
 もともとブルーブラックを入れていましたが、違う色にしたいと相談すると、それはオーバーホールをした方がいいと勧められました。

DSC00406.jpg

 ただでさえ、インクを入れ替えるのって結構大変らしいですね。
 
 水につけて、吸い上げ吐き出しを数十回。
 それでも翌日試してみるとインクが残っている事が多いそうで、それを何回も繰り返す!
 
 ましてや、私のこの万年筆は20年もブルーブラックが染み付いてる。
 ペン先や、細かい部分にすっかり染み付いて、自分で完璧にきれいにするのは難しいそうです。

 そもそもそんな面倒な事をするのはいやなので、オーバーホールを頼んでしまいました。
 店主の森山さんはいやな顔ひとつせずに、受けてくれ、約一週間!(はやいっ)
 
DSC00408.jpg

 この写真で、ペンの中ほどから向こうが透けて見えるのがわかるでしょうか?
 すっかりきれいになりかえってきました

 さて、何色を入れるか?
 
 これはこの数週間ですっかり理想の色が頭に浮かんでたんですね~♪
 それはまた別の機会に☆

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。