スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手帳を考える

 少し出遅れました、手帳の検討。

 2006年は、佐々木かをり監修のタイムデザイナー(A5)とデルフォニクスのマンスリー手帳を併用しています。
 デルフォニクスは小さなバッグに入るので遊び用。
 このタイムデザイナー(写真の大きい方)は紙質がとても良く、開くのにも安定しているので、遊び以外用。
 タイムデザイナーは上質紙なようで、万年筆のインクでも全く滲まず、裏抜けもせず、大層使いやすく、気に入りました。これが私にとって何よりも大事なポイントでした。

 今年は、同じく佐々木かをり監修の「アクションプランナー」にしようと思っていました。
 「タイムプランナー」と「アクションプランナー」、何が違うのかと言うと、
 ・タイムデザイナー 日本能率協会マネジメントセンター発行(⇒入手しやすい)
 ・アクションプランナー イー・ウーマン発行(⇒入手しにくい)
 という違い。
 もともと、佐々木かをり氏が10年来、フランスのアクションプランナーを愛用していて、それを輸入、日本用に改良したもの。
 それを、日本能率協会が発行したのがタイムプランナー。
 要は、大差はないのです。

 ただ、革カバーの豊富さという点では、アクションプランナーに軍配があがります。リンク先の通り、色がこんなに豊富
 しかし、冒頭の通り、出遅れましたε-(;ーωーA
 欲しい革カバーは既に完売です。
 毎年、みなさん早いですよね~。思えば、今使っているグリーンの合皮もこの色しかなく、やむなく選んだものでした。
 なかなか変わらない私です。
 せっかく革カバーを買うのに、色を妥協するのは残念なので、合皮にするか…それとも、まったく別の候補にするか思案中です。
 
 一応、手元の手帳の紹介を。
DSC033951.jpg こちらは、タイムデザイナーのマンスリープランページ。
 複数のプロジェクトの進行状況を一覧できるように、横罫が日で、縦がプロジェクトが記入できるようになっています。


DSC033961.jpg 1週間見開きページ。
 バーティカルで、8時~24時まで30分刻み。
 これが使いやすいのですよね。
 to do欄がなく、すべきことをその時間帯に書き込んでしまうというコンセプトで、メモ欄はわずかです。

 最近何度か伊東屋本店に行ったにもかかわらず、スケジュール帳のコーナーには立ち寄らなかったのは、2007年はこれの革手帳にしようと決めていたからこそ。
 しかし、お気に入りのものがないとするとどうしようかしら…。

 全く検討外だった、クォデバイスほぼ日手帳も検討しようかと思っています。
 タイムデザイナーはクォデバイスと似ているみたいですしね。
 そうだ!まずロフトにでも行って見よう☆
 一番確認したいポイントは万年筆のインクのにじみ&裏抜けの有無。 確認できるかしら??

 ちなみに、
  タイムデザイナー(A5)合皮:2970円
  アクションプランナー(A5)革:9500円
  アクションプランナー(A5)合皮:3500円
 でした。

 私は、綴じ手帳は毎年変えるし、システム手帳もサイズ色々、何冊買ったか…電子手帳も2台使ったし…と、移り気で、2年と同じものを使うことが出来ません。ああ、不経済。
 いい加減、これ!と決めてしまいたいのですが…。


 本記事までの3つの記事が、タイマー投稿(アップロード時間指定投稿)でした♪
 なかなか便利な機能ですね!

この記事へのコメント

- オブリーク2104 - 2006年10月14日 21:48:25

みーにゃさんこんばんは、
でも手帳を探す時間って楽しいですよね?!
私は大好きです!
早く素敵な手帳が見つかると良いですね!!

オブリーク2104さん、こんにちは! - みーにゃ - 2006年10月15日 10:48:59

ええ♪手帳探し、楽しいです☆
手帳フェアの売り場は老若男女、大混雑ですから、み~んな楽しんでいるのかも知れませんねヾ(〃^∇^)ノ♪
年々出足が早くなっているようで、お気に入りが見つかったら即確保しないといけないのが辛い所です。
いつまでも迷ったりしていたいのですが、すぐなくなっちゃいます!

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。