スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

より使いやすくなりました♪アウロラ85周年記念万年筆!

 こんにちは!
 昨日は【WAGNER】の定例会に参加してきました。
 そこで、少し不満があったこのペンを調整頂きました!

 私がこれをシャキーンと取り出すと、「ああ!清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したペンだ~!」と声があがり、少し恥ずかしい(*v.v)。。。
 そうです、私にとってはとても高価ですもの。もう、当分買わない、買えない~!

aurorablue2.jpg なぜ、調整して欲しかったかというと・・・
 急いで書くとインクが途切れることに(=「スキップ」と呼ぶそうですね!ぱいたんさんに教えていただきました。)、ややストレスを感じたもので・・・。


 早速、師匠にご覧頂くと、特別悪い点はなさそう、ということでしたが、「インクの出が悪いんです~」とお願いして、ペン先を外して調整頂くことに。
 外すにはちょっと固そうでしたが、ずばっと外してスリットを広げて頂き、試し書き。
 わぁ♡これだけで随分するするとインクが降りてくるようになりました。
 さらに「少し表面をなめらかにするならやるけど…」と言って頂けたので、すかさず♪お願いしました。
 字幅が太くなってしまわないように、留意いただいたみたいですね!

 これで、ノンストレスなペンになりましたヾ(〃^∇^)ノ♪
 本当に、ありがとうございました~。
 華美で、書きやすい、大事な一本として完成です!
 手にするたびに、嬉しくなります♪
 
 そうそう、分かった事ですが、
 私はこのペンのキャップがしっかりはまる所が好き、と思ってキャップを後ろにはめて使っていたのですが、それが手が疲れやすい一因だったようです。
 外したままでも、このペンの場合、首軸部分が金属でしっかり重量があるので、それだけでバランスが取りやすいとのことを、とある方からご指摘頂きました。
 試してみるとキャップなしで書けば、Good!ですね♪

 どうも、私の持ち物、特にシェーファーはキャップがしっかり後ろにささらず、落としそうになったり、なんだよ~しっかりしろ!と言いたくなるものばかり。
 その点、アウロラはうまく出来ているので、ついキャップを後ろにさしていたんです!
 今日からはキャップ無しでこのペンの使いこなし訓練です♪ 

この記事へのコメント

綺麗ですね - royalblau - 2006年10月15日 17:20:46

綺麗です。自分で持っているのに、そう思えてしまうほど魅力的ですね。
でも、家で留守番ですけど・・・。
実は私もキャップを外して書くことが多いです。この前の手紙もそうだったかな?

royalblauさん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年10月15日 18:20:27

ええ、つくづく美しい…と眺めてしまいます。
購入に迷う私の背中を押してもらってよかったです。

そうですか、royalblauさんもキャップ、外していますか。
私もそうすることにします!

今回もWAGNER行けなかった。。。 - どーむ - 2006年10月15日 23:06:57

良かったですねぇ~
ルックスが気に入っているペンの書き味が良くなるとウキウキしますよね。私もペリカンのM400ホワイトに長原さんに調整していただいたあとはウッキウキ♪でした。

どーむさん、こんばんは! - みーにゃ - 2006年10月16日 20:01:23

ええ、とっても嬉しいです♪

私の持っているほとんどのペンは、調整頂いているので、なにも手を加えていない新品を手にすると、あれ、もうちょっと良くなってもいいんじゃないかしら?と、違和感を覚えてしまうのです。
本当に贅沢な私です。

定例会の後は、嬉しさと感謝でつい記事を書いちゃいますね(*^^)v

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。