スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアのガラスペン

 これは、妹からもらったイタリア土産です。
 涼しげなガラスペンです。

 話すと長いのですが…、
私は大学の卒業旅行でイタリアに行きました。
 ローマ、ミラノ、アッシジ、ベネツィア…どこも素敵でした~♪
 ベネツィアでガラス細工に魅せられて、自分用として素敵なガラスペンを2本購入して帰ったのですが…
  
 数年後、気付くと妹の机に2本とも移動していましたが、それを黙認していました。
 私はもう独立して家を出てしまっていたので…たまに実家に帰って、それが机の上にあるのに気付けば満足だったのです。

 さらに数年後、いざ返してもらおうと思ったら…
 …ないわけです~
 「なくしたな~」、というか、「捨てたな~
 でも、妹は否定する(「使ったことはあるけど、知らないよ!」)…けんかになりました。
 どっちも引かずだったのですが、思い出す度に私が言っていたので、もうめんどくさくなったのでしょう。
 イタリア旅行で買ってきてくれました。もう言わないでね、と。

2007_0717card0008.jpg それが、こちらです。
 かなりの長身です。全長23.2cm。
 そして、不思議な事に先端が「つけぺん」のようになっているのです。

2007_0717card0012.jpg こういうの、今のヨーロッパでは主流なのでしょうか。
 書き味は…ペン先がかなり開きやすくて、インクが伝わりにくいのです。残念なことに。

 いいペン先があればいいのですが、日本で出回っているペン先より軸に入れる部分が細くて、日本のものは入らないんです。

 デザインは申し分ないので、いいペン先が手に入るといいんですけどね…。
 とても美しいので今は飾っています。
 

この記事へのコメント

これ - どーむ - 2007年07月18日 12:43:02

普通のカブラペンなんかは刺さらないと思いますが、丸ペンのタイプなんじゃないかと。

http://www.zebra.co.jp/pro/pensaki.html#05

どーむさん、こんばんは! - みーにゃ - 2007年07月19日 01:46:33

情報ありがとうございます!
ゼブラの「つけペン書き味比べ5本セット」というのを持っているのですが、丸ペンも刺さりませんでした。
うーん、むずかしいんですね~・・・・

トラックバック

URL :

プロフィール

Author:みーにゃ
文房具が大好き。最近のお気に入りの万年筆はモンブラン252。
WebショップやWeb製作の仕事をしています。
万年筆好きが高じて、文具撮影にハマり、笑暮屋さんの万年筆の写真を撮ったり、商品コンセプトを考えながらアップしたり、HPを作ったりしています。
ライターとしても活動中。

好きなこと
・写真を撮ること
・綺麗なものに触れ、美味しいものを好きな人と食べること
・書くこと
・大自然の中でリフレッシュすること

万年筆にはまったきっかけ
・2005年、父の形見の万年筆を譲り受けたこと
・2006年3月、フルハルターで「自分の一本」を作って頂きました。以後、万年筆は増殖の一途。万年筆愛好家の会WAGNERに参加したり、萬年筆くらぶ「フェンテ」に入れて頂いたり、人との交流を楽しむようになりました。

ひとこと
「文房具ラバー」は文房具好きの方々にとっての、駅や交差点。通り過ぎたり、何かと出会える場所でありたいと思います。

仕事場
下町のエボ屋さん=笑暮屋(エボヤ)=
イーハトーヴのりんご園*かどしげ農園*
↑上記Webショップの運営しています!

Google

ブログ内検索
ブログ外検索
Lc.ツリーカテゴリー
カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

+ アーカイブ
 
最近のコメント
Lc.ツリートラックバック
RSSフィード等
Thanks!

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ

私の愛読blog
ショップリンク
フリーエリア
愛読ブログ更新情報
愛読ブログ更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。